ブログトップ

コンサルの独り言

kongojia.exblog.jp

マ-ケテイング・コンサルタントの独白です。

<   2018年 10月 ( 36 )   > この月の画像一覧

若手経営者の集まりがあり
ゲストとして呼ばれた
別に仕事としていっているわけではないので
気が楽だったはずなのですが

最長老として最後に少し話をさせていただいた


ええと、経営者としての資質の話がありました
皆様にとくにご注意
何が一番大事かというと
それは
「主体と客体」になれるかということです

主体とはその組織をぐいぐい引っ張れるかということにつきます
もう一つは、時々、客観化して、いままでやってきたこと、を冷徹にみられるか
ということです
もちろん二律背反ですから
これが出来る天才経営者はごく一握りです


残念ながら今現在ここにいらっしゃる皆様のなかにはいらっしゃいません
一生懸命暴走して、討ち死にタイプです

(ここですこしどよめき)

日本型起業家は99.9%
自分で重い重力を振り切って、立ち上がるというタイプでなくてはならないので
仕方ないことなのかもしれません


さあこれで起業は千三つ、0.3%である理由がおわかりいただけましたか

いえいえ
効果ある展開はじつは
コロンブスの卵、で難しくはないのです


客体化できるパ-トナ-を探せばいいのです
カ-ク船長とスポック副長みたいな関係です

(納得という顔をしたひとたちが1/3)
まあそんなものだろう


[PR]
by kongojiamarron | 2018-10-31 04:09 | 組織改革 | Comments(0)

d0202960_04523191.jpg

面白い本だけど
きっと売れなかったよな
だいたい
誰が読むんだろう

実際に経営戦略を作って執行する人には向いていません
この先があるからです

ただし
ある程度の大きさの企業なら
スタッフにまず、学ばせるのはいいかもしれません


とある起業したての会社社長に貸してあげたら
とても喜ばれました
恥ずかしいけど、きけない、初心者の疑問が解けた
といってましたから

そんなばかな
とおおもいでしょうが
日本の経営者のレベルなんてそんなものです


出たとこ勝負の運任せ
失敗の確率が高いのも無理はありません

会社を永続発展させる事が大事なのであって
起業していきぎれしてしまった
という経営者の皆様には一読お奨めします
3時間程度で読めますから

読み終わったら
次の日
実践に移す準備をいたしましょう

プロの出番です


[PR]
by kongojiamarron | 2018-10-30 04:52 | 組織改革 | Comments(0)
さてなぜこの最低財務大臣が権力をもっているかというと
祖父吉田茂に起因する

吉田茂は明治維新でジャ-ディンマッセソンの手先として育てられる
竹内綱と女郎の間に生まれた、吉田茂は
吉田健三の養子となる
吉田健三は

1849年、越前福井藩士・渡辺謙七の長男として誕生する。のち、絶家していた渡辺家の一門・吉田家を再興した。1864年脱藩して大坂で医学を、次いで長崎で英学を学んだ。1866年にはイギリス軍艦でイギリスへ密航し、2年間、同国に滞在して西洋の新知識を習得した。

1868年に帰国。一時新潟に居住するが、のち横浜に移って英国商社・ジャーディン・マセソン商会横浜支店(英一番館)の支店長に就任し、日本政府を相手に軍艦や武器、生糸の売買でめざましい業績をあげる。

とウィキペディアにある、そう完全な走狗なのだ。


そして吉田茂、の娘和子は麻生太賀吉(麻生太郎の父)と結婚する

卑しい明治大帝を支える系譜である、麻生太賀吉は労働者を搾取し巨額の富を築いた、当然朝鮮労働者も時の政府と結託し

最大限活用した。

その息子が麻生太郎である

d0202960_21100500.jpg

だからこういう態度にでるのはあたりまえ
なぜなら
この国の支配者の系譜にあるとおもっているからである
当然の主張が
あの傲慢不遜な態度にでている
国民が明治維新、吉田健三を歴史評価しないかぎりこの喜劇は続く


[PR]
by kongojiamarron | 2018-10-29 21:33 | 政治 | Comments(0)
d0202960_06551340.jpg

[PR]
by kongojiamarron | 2018-10-28 06:55 | Comments(0)
荒海の盥船めく柚子湯かな  丸谷才一

12月22日は一年で一番日の短い冬至

日の短さから太陽の蘇りを祈る風習の1つが柚子湯である
穢れをおとし、新しい命の力を身につけるみそぎの意味があったものとおもわれる。
この日に柚子湯にはいると、ひびあかぎれが治り、一年中風邪をひかないといわれている。

d0202960_05041174.jpg

柚をたくさんもらう時期でもある
皮ごと刻んで、砂糖をまぶして食べたり、焼酎に絞って味を付けたりする
鍋にも合う

木枯らしに柚の香かおる水尾かな  自作

[PR]
by kongojiamarron | 2018-10-28 05:07 | 風景 | Comments(0)


原子炉は、現在の所、なにも解らない
なにもわからないまま終末を迎えるのかもしれない
普通なら未だ起きる時間では無いのだが
眠れないまま
ナサニュエル・ベンチュリ-の「ボギ-」をパラパラする

d0202960_23074327.jpg

ハンフリ-・ディフォレスト・ボガ-ド
1899.12.25-1957.1.14享年57歳
あこがれていた彼よりも歳をとってしまった


かれを最初に見たのは「カサブランカ」(1942)
そしてオスカ-をとった「アフリカの女王」(1951)
ハ-ドボイルドな探偵モノを僕が観るのはずっとあとのことになる
カサブランカではバ-グマン
アフリカの女王ではヘップバ-ン(キャサリンの方である)
と美女との共演である


この本には若い頃の彼の写真が沢山のっている
探偵モノを撮るまでは、甘い美男だった
結婚は4回している
最初はヘレン・メンケンと1926.5
  10歳年上のスタ-だった
二回目はメアリ-・フィリップス1928.4
  この人は間違いなく正統派美人
三回目はメイヨ-・メソット1938.8
  前二回と違い一番たいへんな結婚生活だったようだ、彼女と離婚して10日後に
  25歳年下の20歳の女と結婚する
四回目ロ-レン・バコ-ル1945.5
  死が二人を分かつまで、この結婚生活は続いた


彼の死因は食道癌
見つかったときには既に末期で
9時間に及ぶ手術も解決はしてくれなかった

手術のあと9ヶ月生きるのだが
自宅療養中のかれの唯一のたのしみは
午后6時に尋ねてきた友人達と飲む二杯の酒だったという


かれはなにがおころうと
酒を二杯飲めば世界は平和にもどると信じていた

世界の終わりを前にして
朝から酒を飲みたいきぶんだ
Play It Again Sam 
と言うか


[PR]
by kongojiamarron | 2018-10-27 02:06 | Comments(0)

この国には70歳以上のシニアが
20%いる、従来統計の生産人口(15歳以上65歳未満)は
シュリンクすることはあっても増えはしない
なにせ100歳以上が5万人存在する国なのだから


安くて能力があって若い労働力は
従来、外食・流通がつかいまわしたが
そのクラスはより高賃金の方にシフトしている
ただし、未だに非正規の需要なのだが


竹中小泉政権以来この国は
人件費をコストと考える経営者が充満した
しかし、それも団塊世代のリタイヤメントまでだった
現時点で言えば
65歳以上の世代は何らかの収入を得なくてはならない
サイトには「シニア活用」と称して、

スペシャリスト、顧問募集のもの、

そして対極に単純派遣のものが並んで乱立するようになった。
前者はハ-ドルがかなり高い


スペシャリストの僕でさえ、尻込みする要件なのだ
そんな人はいない
例によって補助金をつける行政のやったふりというやつだ


日雇い派遣は2015年に原則禁止されている
ただし、シニアは例外になっている
だからここはこれから増え
そして貼り付けた新聞記事の悲劇が続出する
という構造になってしまった
かなしいことである

d0202960_22190424.jpg


[PR]
by kongojiamarron | 2018-10-26 04:44 | Comments(0)
2015年以降上場企業は2名以上の社外取締役を置くことを義務づけられています
d0202960_22190982.jpg
このグラフをみて、びっくりするのは未だに10%近い会社が
社外取締役を任命できていないという事実だ
しかも義務らしいのに罰則はないらしい
しかし3年たったので上場廃止の罰則ぐらいあってしかるべきなのだが

基本的にその会社の関係者はなれない
高名な大学教授あたりが引っ張りだこになる
一人で何社も掛け持ちしている社外取締役が存在し
ネットで募集するサイトも現に存在している

しかし
日本のサラリ-マンは社畜として育てられているから
この制度にはなじまないのだろう



[PR]
by kongojiamarron | 2018-10-25 04:18 | 組織改革 | Comments(0)
このブログには
丸亀製麺の求人情報が消しても
消しても
消してもでてくる
具-ぐる、の広告扱いだ

丸亀製麺は65歳以上の人間を雇用しない
しかも
その理由を明らかにしない
明らかに憲法違反外食産業である
利用してはいけない


[PR]
by kongojiamarron | 2018-10-24 23:11 | Comments(0)

d0202960_07003636.jpg

今朝の味噌汁は蜆の味噌汁
冷凍の大和しじみを熱湯で沸き立たせ
味噌を入れ
仕上げに刻みネギを入れる
だれがやっても失敗はない

d0202960_07002986.jpg

季語は冬なので
少しフライングなのだが
今朝は寒い
夏の暑さの絶頂が土用なら
冬は「寒」
小寒から節分まで
太陽暦では1月5日から2月3日になるが
旧暦ではほぼ一ヶ月の前倒し
だからお正月を立春という


しじみ汁は江戸時代よりの伝統
朝ぼてうりが
蜆を売りに来る
もちろん豆腐屋もくる
だからどちらかの味噌汁になる


新宿の定食屋は寒くなると
お新香がキュウリから白菜にかわり
味噌汁にしじみ汁が加わるのだった


息子が口内炎でチョコラBBを飲み始めたとき
薬は止めさせ
毎朝しじみ汁を飲ませた
なんと一週間で直った

酔い醒めて後悔後のしじみ汁  自作


[PR]
by kongojiamarron | 2018-10-24 07:03 | 風景 | Comments(0)