ブログトップ

コンサルの独り言

kongojia.exblog.jp

マ-ケテイング・コンサルタントの独白です。

カテゴリ:フットボ-ル( 195 )


4日前のパナマ戦とスタ-タをがらりと替えてきた

         大迫

   中島    南野    堂安

  (原口)

      遠藤    柴崎

           (青山)

長友    三浦   吉田    酒井

 

        東口

現時点ではこのメンバーが実績あり、1月のアジア大会のレギュラーに近い。しかし2022年のW杯本大会を考えると、バックラインの入れ替えは避けられない。GKもCFも決まっているわけではない。

ウルグアイは12日に韓国と戦い1-2で敗れている

その時に比べればコンディショニングは上がっている

ただし来年の南米選手権をみすえ、世代交代時期なのだ

日本の失点はほとんどがポカによるもの

集中がきれたところをやられている

日本のアタック陣4人のいいところはボ-ルをとられたあと即チェイシングにはいること、これによりウルグアイは速攻ができない

ボランチの柴崎・遠藤はワンタッチでつなぐので、ウルグアイにとっては獲りにくい。しかも最後まで動きは落ちなかった

一点目は中島から南野、右足で決める

1-0

柴崎のゲイムメイクが効いている、ヘタフェの監督の目の節穴ぶりがよくわかる

前半28分セットプレーから折り返しペレイロが決める

1-1

日本は前半36分、中島のシュートはGKに両手でセーブされたが、詰めていた大迫が合わせて勝ち越した。

前半は2-1で終わった

後半早々ウルグアイはアタック陣を2枚替えしてきた

後半12分、三浦の東口へのバックパスをカバニに高い位置でカットされ、そのまま決められる三浦のちょんぼ。

2-2

しかし、その直後、後半14分、堂安が左足で代表初ゴールを決める

3-2

そして後半21分、柴崎からパスを受けた堂安がシュートはGKに防がれたが、こぼれ球に反応した南野の右ボレーで追加点。

4-2

ここで青山in柴崎out

後半30分、カバ-二からロドリゲスとわたり左サイドから1点を返された。

本日のカバ-二番、三浦くんは失敗である

4-3

残り5分

原口くんin中島くんout

アディッショナルタイムは4分で終わった

このメンバーがベ-スになる

11月の2試合をみて固まるとおもう

それにしても

柴崎はよかった

ゲ-ムにでていないのが信じられない


[PR]
by kongojiamarron | 2018-10-16 22:07 | フットボ-ル | Comments(0)
この試合スタ-タは
        大迫
       (川又)
  原口    南野    伊東
       (北川)  (堂安)

     三竿   青山
         (柴崎)
佐々木            室屋
     富安   槇野

       権田

相手はパナマ、ロシアW杯に出場したとはいえ3戦全敗で終えている
しかも丁度切り替え時、戦力的にはかなる落ちる

森保ジャパンにとってはテストマッチ2試合目
スタ-タを見る限りテストの意味合いは大きい
たぶん16日のウルグアイ戦はメンバーをがらりと入れ替えてくるだろう

それは交替選手の交代時間をみればよけいはっきりする
川北・川又はみたかったらしく66分
堂安は伊東が負傷したための81分
柴崎に至っては88分

森保ジャパンの当面の課題は1月のアジア大会で優勝すること
そして2022年のカタ-ルW杯予選メンバー作り
まだなにも固まってはいない

一点目をとった南野
二点目をとった伊東
も確定ではない
三点目をとった川又は10/8浅野に代わって追加招集されたばかり

CFは大迫一枚でいいのか
CBは19歳の富安をつかってみたが
相手が弱くてはテストにはならない
ここは今回招集されなかった昌子も植田もいる

ボランチは三竿が存在感を示したがここも激戦区
まだ
チ-ムはなにも固まってはいない

[PR]
by kongojiamarron | 2018-10-13 07:19 | フットボ-ル | Comments(0)

1966年の事だった
この年W杯がイングランドで開催される
エ-スストライカ-のジミ-グリ-ブスが怪我のため出場できないという
代わりなら、デニスロ-がいるじゃないか
といって、同級生の物知りに笑われた


なんで?
当時マンチェスタ-ユナイテッドのエ-スストライカ-
金髪の悪魔として有名だった
「デニスロ-はスコットランド代表なんだよ、きみの好きなジョ-ジベストは北アイルランド代表、二人ともイングランド代表にはなれない」

はぁ?


そのときはじめて、英国はフットボ-ルの世界では4協会に別れていたのをしった、

イングランド・スコットランド・ウェ-ルズ・北アイルランドの4協会である

それぞれ構成民族と言語が違う
スコットランドはケルト民族

d0202960_04352194.png

サッカ-の世界では英国4協会の権限は絶対のものがある
1904年FIFAが7カ国で設立された
フランス、ベルギ-、デンマ-ク、オランダ、スベイン、スイス、スウェ-デンで、英国4協会は入っていない、英国は既にプロ化が進んでおり他国とは実力も段違いだった


FIFA設立の目的は世界大会を開くこと、それは1930年に実現することになる。

サッカ-のル-ル改訂の権限をもっているのはFTFAではない
国際サッカ-評議会という団体なのだ
構成員は英国4協会とFTFA、FIFAより歴史が古く、フットボ-ルのル-ルを最初につくったのは1868年英国の居酒屋でと言うことをかんがえればむべなるかな、ともおもう
ただ投票権は英国4協会が1票ずつ、FIFAが4票もっている2/3の賛成で改訂されるからFIFAが反対すれば改訂されない


というわけで
サツカ-の世界ではずっとスコットランドとイングランドは別なのだ
最初の国際大会はこの二カ国でされている

北海油田の権益ということで、すこしきなくさいが
わかれるのがいいかもね

日本には沖縄があった


[PR]
by kongojiamarron | 2018-09-19 04:37 | フットボ-ル | Comments(0)


キリンが主催する親善試合二試合目
一試合目のチリ戦は北海道地震で中止になった
9月のこの時期は欧州リ-グが始まったばかりなので

移籍したての選手は呼べない

おまけに親善試合なので
クラブは代表選手を派遣する義務は無い
というわけでこの23人になった


若手中心とはいえ、本当の若手は少ない
世界基準で若手とは23歳以下
あるいは10代の選手になる
先発では20歳の堂安ぐらいをいう

この試合スタ-タは

     南野    小林
          (浅野)
中島            堂安
(天野)         (伊東)
     遠藤   青山
         (三竿)
佐々木           室屋
(車屋) 槇野   三浦  (守田)

        東口

二試合なかったので、テストされる人数が少なかった
4-5人アジアカップに選ばれればいいか

相手のコスタリカは4日前に韓国と試合して2-0で負けている
W杯に出たチ-ムとは違って世代交代中
攻撃力が全くない


バックラインも5バックにしているが、穴が目立つ
セットプレイに長身選手がいるだけ
カウンター狙いで足が速く、ドリブルの上手い選手がいないとこれから難しいだろう

したがって日本の4バックは試練がなかった
室屋から守田への交替は怪我のためだった

この試合めだったのは
南野
中島
遠藤
目立たなかったのは
小林
青山
というベテラン組

一点目は中島のCKから176cmの佐々木がヘディング
相手バックスの頭に当たりOG
前半16分

この後試合が作れていない
右サイドの堂安は少し空回り

後半コスタリカは一気に3枚替え
森保監督は
読み通り交替は遅い

後半21分
中島→遠藤→南野、左足でまいて右隅に決める


ここからやっと交替が始まる
小林out浅野in
  コスタリカが前メなので足の速い浅野を入れる
中島out天野in
  前線のゲイムメイクを天野にさせてみたいという意図、天野はもっとみてみたい
佐々木out車屋in
  車屋は登場時間が短かった
室屋out守田in
  室屋の怪我のため交替
堂安out伊東in
  この交替が伊東にとってラッキーだったのはロスタイムで点をいれたこと
青山out三竿in
  青山は期待以下だった

ということで、相手が弱すぎた試合



[PR]
by kongojiamarron | 2018-09-12 00:04 | フットボ-ル | Comments(0)
7日に、日本代表は
チリと国際親善試合を戦う
この時期は
6月にW杯があり
欧州リ-グが始まった時期

キリンビールの広告宣伝し合いだ
親善戦なので
各クラブは選手をだす義務はない

4年前はブラジルW杯
ザッケローニはグル-プリ-グ3戦1分け2敗
メキシコ人アギ-レが監督だった
この試合スタメンは
d0202960_08464518.jpg
4年後2018年W杯スタ-タに残ったのは
このうち5人だった
そういう時期のし合いでアル
とうしろうは
現時点での選抜メンバーをみて一喜一憂してはならない
あくまでもテストなのだから

[PR]
by kongojiamarron | 2018-09-05 08:59 | フットボ-ル | Comments(0)
熱闘の一ヶ月は終わった
d0202960_20452425.jpg
日本がコロンビアに勝って、にわかファンが増え、列島は過熱した
ハリルホジッチなら選ばなかった
昌子・柴崎・乾・香川がスタ-タとして活躍し
本田・岡崎も見せ場をつくった
1対1のデュエルで負けても、グループディフェンスは巧だった

さて世界をみれば、昔の強豪は敗退し
新興勢力が伸びた
これは欧州のビッククラブの影響が大きい

そしてジュニアから代表を育てた、フランス、ベルギー、アイスランドは成果をみせた
代わりに南米・アフリカは落ち込んだ

決勝トーナメントに出てきたチ-ムはどこも守備から入り
カウンターが強い
ここまでは日本もおなじ
一つ違うのは
低くて早い20m30mのパスが少なかったことだ
小学生にリフティングをさせているつけ、というやつだ
ここを変えなくては
ベスト8ベスト4には行けない

決勝戦は近年にはめずらしく大差がついた
d0202960_20452969.jpg
クロアチアは決勝トーナメント全て延長戦を戦った
モドリッチが大会MVPになったのは賞賛に値する

[PR]
by kongojiamarron | 2018-07-17 21:05 | フットボ-ル | Comments(0)

d0202960_04583448.png

64試合目長かった1ヶ月もこれで終わった

戦前の予想では、年齢が高く

かつ3回の延長戦2回のPK戦を戦い

準決勝からわずか中3日(フランスは中4日)のクロアチアは

当然後半の後半、落ちるとかんがえられる

前半スタ-ト、クロアチアは攻勢から始める

モドリッチとポグバとカンテの中盤のせめぎ合いはなかなか見応えがある

試合が動いたのは前半17分

右サイトからクリンスマンFK

マンジェキッチの頭にあたりOG

1-0

ここで、激しい雨風(ピッチが滑りやすくなる)

カンテがイエローカードをもらう

ここまでモドリッチに仕事をさせていない

28分FKから右展開ベッドで真ん中にもどし

フェリシッチ左足で決める

1-1

35分コ-ナ-キックからハンド

VAR判定PK

主将フリ-ズマンおちついて決める

2-1

クロアチアに持たせながら、右サイドからエムバぺが速攻を仕掛ける

前半が終わった

後半クロアチアは攻めなくてはならない

ここで、フランス監督デシャンは賭に出た

後半10分カンテをさげ、長身のズゾンジを入れる

クロアチアのモドリッチが動けるようになるが

フランスは速攻がしやすくなり、守備ではセンタ-が高くなった

14分ボクバが左足で決めた

モドリッチが上がり、ディフェンスラインとの間に隙間があいたのだ

3-1

これで決まり

20分エムバベが正面から右足から決める

4-1

クロアチアのマンジェキッチはあきらめない

バックパスを50mおいかけGKのミスをひっかけ

4-2

しかしクロアチアはここまで

1998年以来2回目の優勝はフランスがとった

監督のデシャンは選手と監督の2回優勝した

3人目となった

(2人はドイツのベッケンバウワ-、ブラジルのザガロ)


[PR]
by kongojiamarron | 2018-07-16 02:19 | フットボ-ル | Comments(0)

d0202960_02034375.png

どちらが勝っても3位は初めて

W杯の3位決定戦は打ち合いになる場合が多い

前半4分

ベルギー・シャドリが左サイドを破り

センタリング、右サイドのムニエが中に駆け上がり決める

1-0

38分ベルギ-・シャドリ肉離れで交替

両チ-ムとも7試合目

過酷なのだ

前半イングランドはボ-ルを持たされている

ベルギーはボ-ルを奪ってからのカウンター狙い

前半ゲ-ムを支配したのはベルギー

後半イングランドは2人のアタッカーを入れる

そのうちの一人ラッシュフォ-ドは未だ20歳

ルカクは後半交代、この大会怪物は覚醒しなかった

後半38年ベルギー・カウンター

デブライネが上手いドリブルでイングランドの3人を引きつけアザ-ルへパス

アザ-ルこれを決めて

2-0

試合は終わった

両チ-ムとも素晴らしかった

残りは明後日の決勝戦のみ


[PR]
by kongojiamarron | 2018-07-15 02:05 | フットボ-ル | Comments(0)


戦前は
ヤングイングランド有利の予想だった
なにせ
クロアチアは
一回戦デンマークと1-1PKで3-2
二回戦ロシアと2-2PKで4-3
延長戦を二回も戦い
この日も延長戦に持ち込んだ

d0202960_06123243.png

イングランドの敗因は
前半5分あまりにもはやい先制点
そこからは
引いてカウンター狙い
ただ今日は自慢の2トップ
スタ-リングとケ-ンに切れがない
うまく押さえられてしまった


クロアチアはボ-ル支配率をたかめ
ゴ-ルを狙う
ここ二試合おいついて勝利しているから
あわてていない
中盤の年寄り30代組のうごきもいい
そして後半23分ペリシッチがきめ延長戦
この時点でクロアチアが優位となる


延長戦4分
マンジェキッチが決める
勝負はここでついた


決勝戦はフランスとクロアチア
三位決定戦はベルギーとイングランド
サッカーの世界地図は変わった


[PR]
by kongojiamarron | 2018-07-12 06:14 | フットボ-ル | Comments(0)

前半はあっというまに終わった

ベルギーアザ-ルの右サイドからのドリブル突破が目立つ

とはいえ試合の大部分を作っているのは

早くて低く鋭いパス、しかもワンタッチで作ってくる

日本サッカーに足りない部分である

d0202960_04583448.png

両国ともカウンターの打ち合い

で息もつけない

攻めているようで獲られるとあっというまに

相手ゴ-ル前まで詰められる

両GKはス-パプレイを繰り返す

ルカクとジル-

というCFは前半押さえられて終わった

仏蘭西デシャンとベルギー・マルチネスという両監督

フランス人のアンリはベルギーのコ-チでもある

後半6分ウムティティCKからヘディングを決める

1-0

ベルギー得点力のあるメルケンスを入れてくる

フランスはひいた守備になる

しかしベルギーは攻めなくてはならないので

前かがりになる

フランスのカウンターを止めるためベルギーデイフェンスにファウルが目立つ

ベルギー二人目の交替は長身フェラ-ニoutカラスコin

343に変える、左サイドからも崩せる様にするためだ

ここでフランスCFジル-をさげノゾンジをいれ

中盤を厚くする

フランスCBマティリoutトリッソin

インジュリ-タイムは6分

フランスは時間を稼ぐ

そして終わった

新しいサッカーの試合をみた


[PR]
by kongojiamarron | 2018-07-11 05:00 | フットボ-ル | Comments(0)