ブログトップ

コンサルの独り言

kongojia.exblog.jp

マ-ケテイング・コンサルタントの独白です。

カテゴリ:エンタメ( 199 )

昨日から「ファンタスティックビ-ストと黒い魔法使いの誕生」が公開された
公開初日に行こうとおもったのだが
ネットでみるかぎり23日はかなり混雑
行きつけの映画館は一番大きいところと次に大きい箱を
字幕と吹き替えにしていた
というわけで
今朝一番なら空いていたので行くことにした

d0202960_13370894.jpg

この映画
以下ウィキペディアから引用
『ファンタスティック・ビースト』(Fantastic Beasts)は、J・K・ローリング原作の映画『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフシリーズで、同作にホグワーツ魔法魔術学校の指定教科書で『魔法生物飼育学』の授業に使われていた『幻の動物とその生息地』(Fantastic Beasts and Where to Find Them)の著者として登場するニュート・スキャマンダーを主役に据えている。
以上引用


5部作の2作目
今回はハリポタとの繋がりを強調するため
ホグワ-ツ魔法学校も、若き日のダンブルドアも出てくる
時代は1927年、ハリポタの70年前の設定だ
今回は黒い魔法使いグリンデルバルトが登場する、そして謎の魔法使いクリ-デンスも次回へつなぐ
もちろん一作目からの続きで
美人のティナとクイ二-姉妹、そしてジェイコブも出てくる


ダンブルドアをジュ-ウド・ロウ
グリンデンバルトをジョニー・デップ
という大物が演じている
3作目に続くので
すこし不満足な部分が残るのはしかたない


CGはかなり作り込まれている
この作品5作目まで2年おきに作られる予定なので
2024年が最後となる
長生きせねば


[PR]
by kongojiamarron | 2018-11-24 13:38 | エンタメ | Comments(0)

雪の戸の堅きを押しぬクリスマス  秋櫻子

10月31日にハロウィンが終わったとたん
11月1日から街はクリスマス
なにもイベントがないから
2ヶ月もクリスマスで引っ張りたいらしい
僕は今日IPODの一台にクリスマスアルバムを入れた
新しいアルバムを買っていないから
同じ物である
しかし今気がついたのだが
クロスビ-アルバムを入れてなかった

我が国のクリスマスが一般化したのは
おおよそ55年ぐらい前
不二屋のクリスマスケ-キに始まる
小学生の頃から
父親がケ-キを買ってくるようになった
特別な日になった
キリスト教の信仰とは全く別物だった
今でも別物なのだが

d0202960_19455154.jpg

カ-ペンタ-ズのアルバムは
レコ-ドの時から
何枚も買っている
なぜか何処かにきぇて
いまはこの一枚だけ
リチャ-ドカ-ペンタ-はクリスマスアルバムのはなしがきたとき、やっと一流の歌手になったとおもったそうだ

クリスマス楽曲で
好きな3曲をあげろといわれたら
・ハブユアセルフメリ-クリスマス
・ブル-クリスマス
・クリスマスソング
かな
一人来てスト-ブ焚くやクリスマス 普羅


[PR]
by kongojiamarron | 2018-11-22 04:44 | エンタメ | Comments(0)
d0202960_22304039.jpg
毎年春と秋に催される、府中市民交響楽団の定期演奏会
秋は府中市芸術文化協会主催なので入場料は無料となる
d0202960_22304900.jpg
開演一時間まえから200人ぐらいが並ぶ
しかし2000人収容の会場が満席になったことはない
d0202960_22303042.jpg
今回の演目はスメタナ「我が祖国」
ロシアにはチャイコフスキー
ポ-ランドはショパン
ドイツはベ-ト-ベン
オ-ストリアはシュトラウス
そして
チェコという国家を代表するのがスメタナだ

連作交響詩として6曲を一気に演奏する
アマオケとしてはなかなか大胆なチャレンジと言える
d0202960_22303693.jpg
一曲目ヴィシェフラド
最初のハ-プ2台の導入部はなかなか聞かせてくれる、良い賛助演奏者が僕たちを古城へ誘う
管楽器が少し下手だったが、腕達者のストリングス群が良くまとめる
二曲目モルダウ
この交響詩の中では最も有名な曲だ、チェコを流れるヴルダヴァ(チェコ語)川
源流のながれは管楽器で表され、それが弦楽器から壮大な川の流れになっていきやがてエルベ川に合流して消えていく
素晴らしい演奏は指揮者大井剛史によって作られた
そう川が現出したのだ
三曲目シャ-ルカ
女戦士シャ-ルカの「乙女戦争」物語、戦いの有様は、パ-カッションの出来にかかっている
今日の出来映えはすばらしかった、それは演奏後の観客の拍手の量でわかる

ここで20分の休息
前半は見所もあったし出来はいい

四曲目ボヘミアの森と草原から
この曲は物語はないチェコの風景を現出させること、それだけなのだが
簡単なようでかなり難しい、そうやっぱり出来は良くなかった
次の五曲目と六曲目は「フス戦争」ボヘミアの宗教改革戦争の話しである
ボヘミアの精神的柱は「ヤン・フス」であることを理解しなくてはならない
五曲目タ-ボル
フス戦争の勇猛な戦士達をあらわす金管楽器が勝負なのだが
できはやっと及第点というレベルだった
六曲目ブラニ-ク
伝説のフス派の戦士達が復活するのはチェコが国難の時
すこしだれてしまった、四曲目と五曲目を盛り返し
府中市民交響楽団の「我が祖国」は終わった

市民オケとしてはなかなか勇敢なチャレンジだったと言えよう
勘違いのブラボーおじさんが若干いたが
及第点ではあるが、このオケなら、もっとできるのではないかと
強く思った
d0202960_22304475.jpg
次を期待しよう




[PR]
by kongojiamarron | 2018-11-19 01:28 | エンタメ | Comments(0)

「コ-ヒ-が冷めないうちに」
を一昨日観にいってきました
その席に座りコ-ヒ-を飲むと
行きたい時間に行ける
喫茶店「フニクリフニクラ」

d0202960_08470657.jpg

小説・戯曲というオリジナルとの違いは
監督を女性にしたことから生じています

むしろ良くなっています


4つのエピソードが有機的に絡まり合い
そして

母と娘の
エンディングにみちびかれます

d0202960_08465965.jpg

4つの愛の最初は恋人
おお波瑠がでている
この美人、サバイバルウェディングで観たばかり
なんか三枚目が合っているきがします


二話目は夫婦愛の物語
松重vs薬師丸という二人が
魅せてくれますが

原作とはことなり妻がアルツハイマーになっています
薬師丸がとても上手い


しかしクライマックスはここではありません
主人公の物語に続かなくてはならないのです

三話目は吉田羊
姉と妹の物語が間に入ります
亡くなった妹に姉は伝えたいことがあり
過去に戻るのです


そして四話目だ
有村架純は本物の演技を見せてくれる
 相手は「健太郎」
 「わたし結婚できないんじゃなくてしないんです」で
 松井珠理奈(AKB48のセンター)
 の相手桜井洋介 役(高校時代)を演じた21歳


おわってみれば

幽霊の母役
石田えりがおいしいところを全部もっていってしまいました


この日の予約の時ネットでは空席が目立ちました

しかし気がつくと
結構人は入っていました


観にいくべし


[PR]
by kongojiamarron | 2018-09-26 04:46 | エンタメ | Comments(0)

『アントマン&ワスプ』(Ant-Man and the Wasp)は、マーベル・スタジオが製作し、ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズが配給するアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画である。
そしてマ-ベルコミックもので20作目になるので

昨日公開初日に観にいった
ポスターを配っていた

d0202960_16560274.jpg

今日は封切り日、狭い会場は満員

一作目は2015年に作られ、これが続編になる
アントマンは
アベンジャーズ、インフィニティウォ-には参戦していない
サノスに全宇宙の半分の生命体が消され
アベンジャーズ達も多くが塵になった
それから4ヶ月観客の期待が高まったのだろう

d0202960_16561517.jpg

今回の話しは初代のアントマン、ピケ博士が
初代のワスプで妻のジャネットを量子の世界に探しに行く話しが軸
ピケ博士はマイケル・ダグラスが演じている
二代目のアントマンは量子の世界に行き、かえってきている
アントマンは特殊ス-ツをきると大きさは自由自在
二代目のワスプはピム博士の娘が引き継いでいる
アントマンより強い

d0202960_16560722.jpg

来年公開されるアベンジャーズ4
では、量子の世界でサノスに消されず生き延びたアントマンは重要な役割を果たすものと考えられる、
来年公開されるキャプテン・マ-ベルが
アベンジャーズ4の主軸となるというのと合わせて、
楽しみが増えた
マ-ベルコミックものではアベンジャーズ4で引退する俳優さんがおおいので、次のシ-ズンは違う顔ぶれになることは容易に予想される

面白いから観にいってね


[PR]
by kongojiamarron | 2018-09-01 04:10 | エンタメ | Comments(0)

「マンマ・ミ-ア」
は1999年、舞台ミュージカルとしてこの世にでた。


2008年にメリルストリープ主演で映画化され大ヒットした
それから10年、続編が今日から公開された
アバのヒット曲をちりばめた秀作である


前回は(以下ウィキペディアから引用)
舞台はギリシャ・エーゲ海の架空の島にあるホテル。ホテルのオーナーであるドナ・シェリダンと娘のソフィは、親子二人で仲良く暮らしていた。
そのソフィの結婚式が明日に迫り、招待客が船で島に到着しはじめる。ドナは古い友人のロージーとターニャを迎えに行き、久し振りの再会に大喜び。
一方ソフィは自分の友人達にある計画を打ち明ける。ドナの日記を盗み読みした彼女は、自分の父親候補が3人いることに気付き、その3人の男性にドナの名前で招待状を送っていたのだった。ヴァージン・ロードを父親と歩きたいと願うソフィ。もちろんドナはこの計画を知らない。父親候補のサム、ハリー、ビルはそんな事情も知らずに、20年ぶりにドナに会いに戻ってくる。

以上引用

d0202960_19113470.png

1979年ドナは大学を首席で卒業し、旅に出る
この昔と
ホテルをリニュアルした娘のソフィの現在が平行して描かれる
前作の知識が無いと
多少混乱するかもしれない


前回のヒロイン「ドナ」は一年前に亡くなっている
最後にしか出てこない
そのかわり若いドナをリリ-ジェィムズが演じている
それぞれの若い時と比べると
日本映画と違いキャスティングに力を入れていることがわかる
どことなく似ているのだ
特にタ-ニャなんかはそっくり
写真にはったので
これを見て映画を見て欲しい


今回も群舞は見応えがあるし
それぞれの役者が歌うアバの楽曲も素晴らしい出来だ
本物のアバの歌は透明感があり切れが良い
映画の役者さん達は
もちろんオクターブでまけているが
なかなか味のある歌い方で聞かせてくれる
しかも全員がアバをうたうのだから
これはもうたまらない

アバが好きな人も嫌いな人も観にいかなくては


[PR]
by kongojiamarron | 2018-08-25 04:10 | エンタメ | Comments(0)

「夜霧よこんやもありがとう」をカラオケで歌う
採点は87.975とかなりの高得点
タイミングの項目が低い

この曲1967年2月浜口庫之助氏が発表、同年3月11日
石原裕次郎と浅丘ルリ子主演で、映画が公開された
僕は曲は40年ぐらい前から歌っていたのだが
映画を観たのは8年ぐらい前
観てはじめて
「カサブランカ」のパクリだとわかった

d0202960_03235032.jpg

「カサブランカ」は1942年
ハンフリ-ボガ-ドとイングリットバ-グマン主演で作られた
この映画を最初に名画座で観たのは1970年代
とても気に入って、DVDをもっている
ピアノ弾きのサムか弾く曲はas time gose by 名曲である

これに比べると映画「夜霧よ今夜もありがとう」は数段おちる
パクリはパクリでしかない
寂しい限りである


[PR]
by kongojiamarron | 2018-08-23 03:23 | エンタメ | Comments(0)

フイッツジェラルドの短編集は1981年
荒地出版社から3分冊で発売された
1920年代の作品である

d0202960_05373482.jpg

僕が彼を(太宰も)偉大な習作家と呼ぶのは
設定が個人的経験からの膨らみしか認められないからだ
もちろん
人は自分の物語はかける
しかし
作家はその先を求められる
素材をさがし
その訴えるところに従って創作するのだ


本物になるためには
自分から対象をはなした人物の創造と
自分の思想を表さなくてはならない

こういうと現代文学が死滅した理由はとてもシンプルである
思想が無くては
生きられなかったのである


フィッツジェラルドはこののち
アメリカ文学の金字塔「偉大なるギャッツビ-」を表す
そこには
第一次大戦を通り過ぎて
漂流したアメリカ人の過去と現在が書かれる

1981年のこの作品訳者は東大系、英米文学者の方々だった
それが
村上春樹氏がフィッツジェラルドに興味をもち
翻訳本と、フイッツジェラルドの深訪記を表すと
かれは日本でも一躍著名人となった


いまや米国文学を語る上で
フィッツジェラルドをスル-できると考えている人はいないだろう


[PR]
by kongojiamarron | 2018-08-12 04:37 | エンタメ | Comments(0)

映画『スーパーマン』のヒロイン、ロイス・レイン役で知られ、今年5月に69歳で死去した女優マーゴット・キダーさんの死因が、薬物の過剰摂取による自殺だったと明らかになった。

d0202960_09104083.jpg

マーゴット・キダー(Margot Kidder、1948年10月17日 - 2018年5月13日)は、カナダ、ノースウエスト準州生まれの女優・声優である。「マーゴット」は誤読が定着したもので、本来はマーゴーである。

クリストファーリ-ブスが演じた「ス-パ-マン」のロイスレイン役で一躍有名になった。

d0202960_09104512.jpg

美人である
3度結婚し、そして3度離婚した
僕にとってのロイスレイン役は彼女しかいない
ご冥福を祈る

d0202960_09103433.jpg


[PR]
by kongojiamarron | 2018-08-12 04:10 | エンタメ | Comments(0)
すっかり夏の風物詩となった
小暮美知子先生主催のシャンソンクラブの発表会
今年は9回目になった
d0202960_03482906.jpg
d0202960_03482380.jpg
40数人の生徒さんから31人がその喉を披露してくれた
(1名の方は欠席)

そのなかでも素晴らしかったのが次の9名の方々
中島のりこさん 「小さな空」
森山多希子さん 「恋のロシアンカフェ」
山下キヨさん  「限りなき世界」
加藤啓子さん  「我が心のアランフェス」
千野聡子さん  「夢を破らないで」
飯塚泰江さん  「春なのに」
杉本アンナさん 「鶴」
遠藤幸子さん  「水に流して」
岡本由美子さん 「アルゼンチンよ泣かないで」

今年のピアノは新進気鋭の「雄太」さん、なかなか聞かせてくれました

講師の小暮先生は3曲歌われた
1968年サンレモ音楽祭からカンツオ-ネを一曲
1896年のシャンソン「フルフル」
最後はノ-マイクで「荒城の月」
やっぱり素晴らしい

エンディングは全員で「名残を惜しんで」
毎年恒例の「パリ祭」でなかったのはちと残念


追伸
小暮先生のコンサ-トが9月にある
d0202960_03481614.jpg


[PR]
by kongojiamarron | 2018-08-08 04:13 | エンタメ | Comments(0)