ブログトップ

コンサルの独り言

kongojia.exblog.jp

マ-ケテイング・コンサルタントの独白です。

カテゴリ:グルメ( 285 )

橋本駅ビルには
ジョナサンがある
ここで食べるランチ
d0202960_07304468.jpg
d0202960_07303654.jpg
美味しさは中程度背なのだが
カウンターに座って
外を見る
これが一番のこちそう
d0202960_07302943.jpg


[PR]
by kongojiamarron | 2018-02-24 04:28 | グルメ | Comments(0)

お店をでて百mばかりあるいたところで
紙袋を持っていないことにきづいた
忘れている
大事な戦利品
ワイルドタ-キ

なにがいいですかと聞かれ
謝礼はいいといったのだが
どうしてもといわれ
一番安いスタンダードでいいと言ったのだが
レアブリ-ドという度数が一番高い56度ものを用意してくれた。

d0202960_08275970.jpg

このウィスキー米国を代表するケンタッキーバ-ボン
蒸留温度が低いため、熟成時加水が少なくすませられる
当然マッシュの香りが残る
創設は1869年
そう西部劇であらくれが町のバ-で飲んでいるのは
劣悪なラムの瓶詰めだった
そののち禁酒法の時期を経て
二つの大戦後
アメリカに文化が導入されたとき
ウィスキーは復活した

しかし1980年にオースティン・ニコルズ社はフランスの酒類メーカーペルノ・リカール社に買収される。
2009年にイタリアの酒類メーカーカンパリ・グループはペルノ・リカール社からワイルドターキーブランド及びその蒸留所を買収し、現在に至る。
つまり現在は米国資本の会社では無いのだ

昨晩は飲み過ぎていたので
この酒で乾杯できなかった
今晩はのめそうだ
最初の一杯はストレ-ト
二杯目はオンザロックス
というのは決まっている


[PR]
by kongojiamarron | 2018-02-20 08:29 | グルメ | Comments(0)

ビ-フシチュウ丼
ビ-フシチュウの残りをご飯にかけたが
ジャガイモばかり目立っているが
一応肉は残っていた

d0202960_05443900.jpg


時間をかけてつくったものだから
捨てるのはもったいない

何回も火入れしているから
最初に食べたときよりかなり美味しくなっている
肉片は口に入れるととろける

さて今日はこれからやることが沢山あるのに
起床するのが
だいぶ遅かった
日差しはもう春なのに
大気は真冬のそれ


吐く息のなかに花のかおりして  自作


[PR]
by kongojiamarron | 2018-02-20 03:44 | グルメ | Comments(0)

この間
ランチョンでビァを頼まず
何の気なしに飲んだ
ス-パ-ニッカ
オンザロックで飲んだのだが
とても美味しかった

d0202960_05352240.jpg

何軒か探したのだが、
なかなかみつからなかった
見つからないと気になって
やっと四軒目で見つかった

マッサンが、前年亡くなった愛妻リタのために、
ブレンドしたウィスキー
NHKの同番組の最後では
墓前にこのウィスキーを捧げる
マッサンで終わるのだが

もうひとつ東直巳の小説「すすきの探偵シリ-ズ」
で、主人公の探偵が、朝ご飯にいく、喫茶店で頼むのが
ナポリタンと、ス-パニッカのダブルオンザロック
映画になったら、デブのやくざスタイルが
大泉洋になってしまったが

さて
この1962年に発売された国産ウィスキーは
その到達点の高さに驚く
飲み方は
オンザロックがいいだろう
お試しあれ


[PR]
by kongojiamarron | 2018-02-17 05:33 | グルメ | Comments(0)
春らしいものを
たべたくなったので
翁屋に行く

つきだしは、新タマネギの丸煮
d0202960_08145864.jpg
お刺身は春らしい、寒ブリ、太刀魚のあぶり、が並んだ
絶品は鰯のしめたもの
d0202960_08145390.jpg
そして子の時期でなくてはならない
メバルの塩焼き
d0202960_08144529.jpg
肉豆腐を間にはさみ
d0202960_08144071.jpg
最後は春の天ぷら
山菜、旬のホタルイカ、そしてタケノコ
d0202960_08143410.jpg
ああ春だ

[PR]
by kongojiamarron | 2018-02-16 08:24 | グルメ | Comments(0)

近くの畑で、菜の花をカットしていた
なにげなく
ほんとうに何気なくみていたら
一束くれた
うちにかえって、大鍋で湯がく
所々に黄色い花がのこっている

d0202960_07540479.jpg

茹ですぎないように気をつける
なにも付けないで
そのまま
口に運ぶ
おお
春の味だ
すこしえぐみが残り、青臭さもある
美味しい

半分は鰹節をかけてシンプルに
もう半分は
今朝辛子和えにする
なんという贅沢


菜の花や風は東に日は西に  自作


[PR]
by kongojiamarron | 2018-02-15 04:53 | グルメ | Comments(0)

好きな蕎麦屋をあげろといわれたら
吉祥寺の「上杉」をあげる

d0202960_19543936.jpg


この店狭いので
お昼時を外し
2時頃にいくのがいい
お酒は菊正宗

d0202960_19545888.jpg
d0202960_19545162.jpg


軽く一杯やってから
この季節なら
鴨汁

d0202960_19544532.jpg

時々閉まっているので
今日は運がよかった


[PR]
by kongojiamarron | 2018-02-05 19:56 | グルメ | Comments(0)
季節を感じたくなったら
「翁屋」にいく、橋本の名店である
この日のお料理、新春にふさわしいものだった

お通しは季節の海藻、ぎばさの酢の物
d0202960_04382170.jpg
この日はまだ寒かったので、古酒をお湯割りで飲む
d0202960_04382944.jpg
お刺身は、いつものように一切れずつ
あいなめ、しまあじ、あかむつ、天然のぶり、マグロ赤身、しめさば
という豪華ライン
d0202960_04383704.jpg
焼き物は、車エビ、小ぶりだったが、シンプルに海の深さを感じさせてくれる
d0202960_04384793.jpg
そしてとっておきの、タケノコの土佐煮がだされる
口中が一気に春になる
d0202960_04390305.jpg
〆は天ぷら
アスパラ、まいたけ、いかげそ、牡蠣、白子
d0202960_04391196.jpg
すっかり満足して
春がもうそこまで
やってきているのを感じさせてもらった

[PR]
by kongojiamarron | 2018-01-31 04:55 | グルメ | Comments(0)

ピザト-ストを食べたのは今朝
この時期食べるのは珍しい
なぜならピ-マンを使うからだ

d0202960_05461159.jpg

ピザト-ストを考えたのは日本人

いっけん簡単な様にみえて
僕が作るモノは
面倒くさい


まずはパン
厚くても薄くてもいけない、8枚切り程度
柔らかいのはいけないから、焼いて2日程度がいい
トマトソ-スはイタリアもの
具材はハムとトマトとオニオンそしてピ-マン
だから本当は夏しか作らないのだが

とても食べたいというやつがいて
しかたなく作った


チ-ズがとても大事
パルメザン
チェダ-
ゴ-ダ
モッツァレラ
をミックスしたもの
焼き上がりのとろっとして
そっけなさが出ていなくてはならない

ということでそんじょそこいらでは食べられない
ピザト-ストなのだが

やはり夏まで封印しておくべきだった

反省


[PR]
by kongojiamarron | 2018-01-25 04:27 | グルメ | Comments(0)

寒いときはグラタンを作る
一番手っ取り早いのは
マカロニグラタン
(ボテトも美味しいのだが)

d0202960_07505354.jpg

ポイントはホワイトソ-ス
小麦粉とバタ-そして牛乳でつくればいいのだが
簡単にするのは出来合
キュ-ピ-のレトルトパウチがとてもよかったのだが
最近目にしない
そこで代替え探し
これかなというものを発見
味はいまいちなので、評判はよくない


この日の中味は
ペンネマカロニ、ブロッコリ-、ベ-コン、とシンプル
ホワイトソ-スで和えて
モッツァレラチ-ズをかけ
オ-ブント-スタで焼くだけ

いちおう大きなオ-ブンはあるのだが
ト-スタで焼いた方がうまくしあがる
西友でかった、この耐熱硝子器、大きくも小さくも無く
二つ並べて、ト-スタ-にぴったり収まる


気分によって
パン粉をかけ、焦げ目をつけるのだが
何時も焦がしすぎになりやすいので
かけない方が正解かも

寒い日はこれが一番

グラタンの熱き思いが口に溶け  自作


[PR]
by kongojiamarron | 2018-01-20 04:50 | グルメ | Comments(0)