ブログトップ

コンサルの独り言

kongojia.exblog.jp

マ-ケテイング・コンサルタントの独白です。

明治維新の真実

明治天皇南朝説にもとづき
「幕末維新の暗号」加治将一著
という本は書かれている

話の中心は表紙になっている「フルベッキの集合写真」
この写真に明治維新を解く鍵が隠されている
という話からはじまる

この集合写真については偽物説が
すでに何冊かの本で書かれている
それらの本の多くは
この写真が撮られた時期についてあいまいだし
それぞれの人物を特定されない様にしている

しかしこの写真
とても重要な事が隠されている
集合写真というのは
人物の配置が大事なのだ
真ん中はフルベッキと息子、そして大室虎之佑
西郷隆盛なのだ
左端には勝海舟もいる、あれ幕臣じゃなかったっけ

d0202960_04465098.jpg

この写真、スタジオではない
寺社のオ-プンセットで撮られたものである
石畳と、その上に敷かれた、粗末な敷物
端には木の枝、草履も映り込んでいる
なにより当時の写真技術で、こんなに多くの人をくっきりと室内で撮る、照明は存在していない


しかもこの写真、オリジナルは我が国には存在しない
オリジナルは米国のペンタゴンの奥深くに秘蔵されている

撮られたのは江戸時代、明治ではない
勝海舟と西郷隆盛はもともと知り合いだった


孝明天皇が伊藤博文に厠で、槍で殺されたあと、息子の睦仁親王も殺され
大室虎之佑と入れ替わった
鬼塚英昭氏「日本の黒幕」によると大室は田布施の貧民部落の出
南朝系統とは関係ないとされている


戦国大名以来、皇室系統の隠し玉をもつのは、地方守護大名にとって当たり前のことだったようだ。

孝明天皇を殺し、息子の睦仁親王を入れ替えるという、シナリオの提案者は横井小楠だった。かれは維新後十津川郷士に殺される

江藤新平も秘密封じのため、大久保利通に佐賀の乱で首謀者に祭り上げられ殺される
その大久保利通も暗殺される
西郷も秘密保持のため消される
伊藤博文でさえ消されるのだ


明治天皇南朝説
事象から追ってみると
皇居に突然楠正成の銅像が建てられる
女官を全員入れ替え、東京に遷都する、華族に南朝の臣下だった三家を取り立てる
南朝の十五社神社を建立する
奥にお湯を運び込む仕事は八瀬童子がする、彼らは後醍醐天皇に吉野でつかえた末裔
明倫館の楠公祭で吉田松陰は祭祀される
だから、かれの神話が歩き始めたのだ


つまり楠木正成→横井小楠→吉田松陰となる、南朝再興の忠臣の系譜である

明治以来、菊のご紋がつかわれるが、あれはもともと楠家の家紋からとられている
明治神宮に祭られているのは、明治天皇と正憲皇太后、そう皇后でなく、皇太后というおくり名のままなのだ、これには明治天皇の意思が強くはたらいている。睦仁の女であって、自分の女ではないという意思なのだ


さてこの一枚の集合写真
天皇取り換え結社の集合写真なのだ
筋書を書いたのが、横井小楠、後押ししたのがフルベッキ、ア-ネスト・サトウ、グラバー
主演は大室虎之佑

この話が深刻なのは
現代にいたるまで
その権力構造が糸を引いているという点なのだ


明治政府というのはジャ-ディンマッセソン(東インド会社)に植民地化された政府をいう


[PR]
by kongojiamarron | 2018-01-16 04:52 | 政治 | Comments(0)