ブログトップ

コンサルの独り言

kongojia.exblog.jp

マ-ケテイング・コンサルタントの独白です。

マ-ケッタ-としては市場環境の見きわめ
というのがとても大事になります


市場環境というのは、突き詰めれば
「人口動態×人々の意識」...
ですが

当然政府の様々な政策も多大な影響を与えます


ロングレンジでみれば
資本主義の終焉が始まったことは間違い在りません
1997年日本で始まったゼロ金利は
2007年のリ-マンショツクで
その全貌を明らかにしたのです


資本主義は中心と格差在る周辺が存在しないと
投資の回収はできないのです、空間的周辺が無くなったのは
20世紀末のこと、その延命のため、金融市場は電子市場を作り
膨張し、崩れたのが、リ-マンショックだったわけです
したがって
資本を集めて投下して、利益を上げる仕組みは
すでに成立しなくなりつつあります


という背景をもとにして
我が国の成長戦略なのですが
これが噴飯物であることはいうまでもありません

みんなが向いている方向には
新規事業も
マ-ケットも
存在しません

むしろ逆の方向に可能性が存在しています


ここで検討しなくてはならないのは
「農業の六次化」
「地方創成」
「アベノミックス成長戦略」
です
いずれも経済政策にはなっていないものです


農業の...はニッチとしての市場はあるでしょうがそれだけです
地方創成にいたっては、人口動態が激変したのに、施策自体が生産人口を多く必要とする施策に終始しています
アベノミックス成長戦略はいうまでもなく、企画能力無き役人が作った作文ですから、経済政策とは全く関係ありません

いま必要なのは
組み替えです
既存の概念を捨てて
位相を変えることができれば
マ-ケットは貴女の物なのですが

わかるかな....


[PR]
# by kongojiamarron | 2017-06-27 04:55 | マ-ケティング | Comments(0)

日曜の午後、駅前で考えさせられるものを見てしまった

おそろいのピンクのティシャツをきて

募金箱を持ち

「〇〇ちゃんを救いましょう」

と、訴える若い女性の一団


低年齢の臓器移植の話だ

はからずも、先日の「共謀罪」中間報告が注目されたが

そのまえに中間報告という、手法が使われたのが「臓器移植法」だった

以下ウィキペディアから引用

衆議院は、200969日の衆議院本会議で、委員会採決を省略して、厚生労働委員会の田村憲久委員長による臓器移植法改正4案の審議経過に関する「中間報告」の聴取と、各案提出者による意見表明が行われた。2009618日に、衆議院本会議で採決。法案提出順(ABCDの順)に記名式投票をし、過半数の賛成を得られた案が出た時点で終了するという方式で採決が行われた。共産党が審議不十分として全員棄権したほかは、他の政党は議員個人の倫理観にかかわるものとして党議拘束をはずして、採決に望んだところ、自民党議員を中心にA案賛成者が多く、賛成263人・反対167人でA案が可決され、衆議院を通過した

以上引用


ひらたくいえば、若年ドナ-の提供枠を広げた、ということなのだ

しかし、現実的には、心臓疾患の場合、米国に渡り、1-2億のお金を積まないと

移植手術はできない


それは米国医療界が、臓器ビジネスという、闇の部分とかかわっているからだ


臓器の提供者がいなければ

臓器移植はできない

臓器移植しても

免疫不全で、長生きはできない


フィリピンの

メキシコの

貧しい子供達が

生きたままドナ-とされている


この現実を直視して

それでも「〇〇ちゃんを救いましょう」

とはとても言えない

よりよく生きることは

よりよく死ぬこと

とまでは言えないが

あまり気持ちのいい、駅頭ではなかったのは事実だ


[PR]
# by kongojiamarron | 2017-06-26 07:40 | 風景 | Comments(0)
知人からサクランボが届いた、
見事な色つやである
d0202960_05340969.jpg

何日か前は「桜桃忌」
太宰治の小品「桜桃」を取り出し読む
「世界」の昭和23年5月号に発表された
亡くなった年の作品である...
d0202960_05340182.jpg
口に含むと北陸の太陽の味がした

[PR]
# by kongojiamarron | 2017-06-26 04:28 | グルメ | Comments(0)

公明党が百年年金といったのは
まさにアキレスと亀

あるところにアキレスと亀がいて、2人は徒競走をすることとなった。しかしアキレスの方が足が速いのは明らか[2]なので亀がハンディキャップをもらって、いくらか進んだ地点(地点Aとする)からスタートすることとなった。



スタート後、アキレスが地点Aに達した時には、亀はアキレスがそこに達するまでの時間分だけ先に進んでいる(地点B)。アキレスが今度は地点Bに達したときには、亀はまたその時間分だけ先へ進む(地点C)。同様にアキレスが地点Cの時には、亀はさらにその先にいることになる。この考えはいくらでも続けることができ、結果、いつまでたってもアキレスは亀に追いつけない。
               ウィキペディアより引用

d0202960_20212596.jpg

年金基金は、あほのミックス、ですっちゃうし
収奪額をふやして、支給開始と金額を減らす
七十歳支給が八十歳になる、


[PR]
# by kongojiamarron | 2017-06-25 04:20 | 政治 | Comments(0)

最初にはなすのはこんな話がいいよな
難しい話なんかしても面白くないし

d0202960_04105159.jpg
人は見た目が100%

中味はその後でついてくる...
というか
他人の中味を理解するなんてとても難しい

理解はいらない
共感できればいい
それだけ


もちろん男編の方が事例はたっぷりあるのだが
男同士は
惻隠の情というやつで、許容範囲がかなり大きい
それに比べれば
ビジネスマナ-が欠如している女性に世の中は厳しすぎる
理想を求めすぎる


ならば新しい女性経営者を作ろうではないか
期待に違わないように


[PR]
# by kongojiamarron | 2017-06-24 04:01 | 教育 | Comments(0)

雨の日は「暗黙知の次元」を読む
この小冊子に書かれていることは、別に新しいはなしでもなんでもない、ウィツトゲンシュタインが何度も後期の繰り返し彼の著書で述べている
ただこの書は1980年に出た、そこが大事な点である
哲学が瀕死の床についた時期である

d0202960_06043982.jpg

マイケル・ポランニー(英: Michael Polanyi ハンガリー語: Polányi,Mihály(ポラーニ・ミハーイ), 1891年3月11日 - 1976年2月22日)は、ハンガリー出身の物理化学者・社会科学者・科学哲学者。


さて我が国の最新の著書「日本の反知性主義」がでた
これを見る限り、知性は植物人間状態にみえる
なぜ
そんなことになってしまったのか

原因はシンプルである、知性無きものでも
発信能力を持つことが可能になったためである

d0202960_06043002.jpg
しかも前提は短文
短文の後ろには最初から知性は無い
かんがえなくてもいいことの垂れ流しである

少しは冷静に考え事をすべきであろうが
不思議な事に考え事をしないひとの方が
もてはやされる
大衆は知性を嫌っている
というより、理解の外なのだろう

知性が権威と乖離し始めて
闇の中をさまよっている状態は
はなはだしくよい状態とはおもえない


考える事は
直ぐに出来ることでもない
なんども繰り返しの修練が要るのだが
この国では
晩成は好まれないらしい

今日も雨


[PR]
# by kongojiamarron | 2017-06-23 04:02 | 組織改革 | Comments(0)

昨日の昼食は遅い時間
一応のれん分けされた名店
で、おかめ
をたのんだ
具材は問題ないのだが

d0202960_08171289.jpg

これをみて
ううん、とうなった

そう
おかめのかおに
具材を並べていないのだ


幕末に太田庵庵創作された「おかめ」

おかめがお
になっていなくては
なんの意味もない


[PR]
# by kongojiamarron | 2017-06-22 08:14 | グルメ | Comments(0)
  1. 昨日は雨
    当初の予想では
    午後から曇りのはずだった
    だから長靴なんてはかないで
    資料探しにでかけた

  2. 駅で電車の遅れをきいて
    なぜか反対側の折り返し電車に座り
    本を開いたのがいけない
    きがつけば
    ちょっと遠いところまで来ていた

  3. 急いで降りたのだが
    雨脚はとても強い
    お昼近かったので
    とりあえず
    あまやどりと小休止
    年寄りはいつでもお休みをいれる
    たぶん「大休止」の予行演習
  4. なんの考えも無く
    とあるチェ-ンレストランに入る
    入り口に「スタッフ募集」の横幕が大きく書かれていた
    そうか人手がいないのか
    と、なれてないお客はおもう

  5. おひるちよつと前土砂降りの雨
    7割ぐらいの入り
    スタッフは高齢おばちゃん達
    まあ接客はあんなものだろう
    ただ、制服はNG
    雨の日メニュ-もク-ポンもわたされたが
    このチェ-ン、本部の劣化はそうとうなところまできている
    現場が土嚢を積んでいる状態
  6. d0202960_07075383.jpg
  7. メニュ-は考えが足りない
    おまけに、クレソンとレモンがしなびていた
    昼間から、あまりでない物を意地悪して
    注文したのだが

  8. こういう店に居ると
    居心地はよくない
    気になるのだ
    そうとうてこ入れがいる
    百店を越える店を閉店して
    立ち直れなかった
    というケ-スにならないよう
    祈るばかりだ

[PR]
# by kongojiamarron | 2017-06-22 07:00 | マ-ケティング | Comments(0)

インド料理店のコンサルをする訳では無い
のだか、ナンを作って見る
いまはナン専用の粉を売っているので
こねて
タンド-ル釜で焼けばいい



一家に一台タンド-ル釜があれば
タンド-ルチキンを焼けるし
カバブ-たって、出来ちゃう
でも
無いからフライパンで焼く

d0202960_08424048.jpg
26cmのサイズ一杯で終わり

本来はギ-を塗るのだが
まあ普通のオイルで間に合わせる
しかし
それらしく出来た
成功である

味も間違いない


[PR]
# by kongojiamarron | 2017-06-21 04:39 | グルメ | Comments(0)

子供に「経済」を教えるとしたら
ルイズ・ア-ムストロング著「レモンをお金にかえる法」が優れている
この絵本は1982年刊行、30年以上も前にかかれているが
経済原則は普遍でアル

d0202960_05393232.jpg
d0202960_05392479.jpg

続編もでている
これは我が国、国民が読むべきだろう
某首相の景気対策がいかに的外れか、わからずに支持しているのだから


経産省官僚は頭が悪いから解読不可だろう


三冊目は少し体系的に平易に書かれたものだ

d0202960_05391699.jpg

この三冊
絵本二冊は某大学でサブテキストとして使った
「ジョニ-君のレモネ-ド屋台」は某社でマ-ケティング・プランナ-育成講座のテキスト
として使った
なかなか
すぐれたものである


経済学は概論を難しく言えばいいというものではない
やさしく
わかりやすく
が大原則なのだ





[PR]
# by kongojiamarron | 2017-06-20 05:38 | マ-ケティング | Comments(0)