ブログトップ

コンサルの独り言

kongojia.exblog.jp

マ-ケテイング・コンサルタントの独白です。

歴史家の本来の責務は「歴史において」問われる問題に答えること
哲学者の領分は「歴史について」問われる問題に答えること
とこの本には書かれている

d0202960_01510883.jpg
筆者はロシア現代史(1920-1930年代半ば)の専門家

...

つまり現代史というのは1914-1917年の第一次世界大戦を起点とするというのが歴史家達の常識だった
従ってロシア現代史は1917年のロシア革命で始まる、それは当然他の現代史にも共有事項だったはずなのだか、1889年のソビエト崩壊で、起点が変わってしまう


起点がかわった現代史をどう考えるかという根本を今我々は問いかけられている
この混乱は社会主義の崩壊と共に、対立軸としていた資本主義にも影響を多大に与えている。


いま、日本の現代史家が問われているのは
「歴史において」問われる問題について答える事
この新書はそのアプロ-チの仕方について書かれている
刮目すべき書なのだ


[PR]
# by kongojiamarron | 2017-09-08 04:48 | Comments(0)

この分野、専門家がほとんどいない
企業サイドは無知
ペテン師たちが暗躍している世界なのだ

d0202960_01455403.jpg

まともな経営者なら...
アクセス数のアップと売り上げの相関
検索の上位シフトと顧客数の増加
というのを
ペテン師営業に聞いてごらんなさいな
こたえられるかどうか


十年ぐらい前は大企業も明らかにだまされてました
三年ぐらい前は静岡地方で
ペテン師企業が暗躍してました
そこに発注した経営者がいうには
なんと行政ぐるみだったのです


行政担当者は馬鹿だし
痴呆創生の補助金がついているためかと推察しました

というわけで鎮静化したのかとおもってましたら
このペテン師業界
拡大して定着したみたいなのです


経営者の皆さま
ぜひご一読をお薦めいたします

ウェブマ-ケティングを任せられる人材は
世の中に転がってません
貴重品なのです


[PR]
# by kongojiamarron | 2017-09-07 04:43 | マ-ケティング | Comments(0)


W杯予選最終戦

舞台はサウジアラビアのジッダ

現地時間20時30分温度は33度、湿度が70%もある

6万2000入る観客のうち5万7000をムハンマド王子が買い占め、国民に配った

スタ-タは

       岡崎

  原口  (杉本)   本田

            (浅野)

    井手口    柴崎

          (久保)

       山口

長友             酒井宏樹

    昌子    吉田

       川嶋

キャブテンは本田がつとめる、前半の前半は日本が前線のプレスから

ショ-トカウンタ-でチャンスを作る

しかし給水タイムを採らなくてはならないぐらい過酷な環境

日本は省エネサッカーに切り替える


今日の日本チ-ムには、柴崎がいるので、ゲイムメイクができている

ただ攻める意志が少なく見え始め前半は終わり

前半0-0

後半開始早々、日本は浅野、サウジアラビアはファハドという早い選手を入れてきた

最初に結果をだしたのはファハド、

後半18分右サイドでボ-ルをもち、

吉田をかわし、右足で右上に決める。

0-1


後半21分杉本を入れ岡崎が下がる

杉本の良さがなかなか出ない

チ-ムにマッチングしていない

このあたりは今後の課題となる


33分、久保が入り、柴崎が交代

このあたり、ハリルホッジのベンチワ-クのまずさが課題となる

井手口と山口のダブルボランチになり

久保がトップ下にはいり

4231の布陣になる

ここから攻勢にでるのだが

無得点の試合はない日本なのだが

全体で戦える体制にはなっていない

日本は最終予選の最初と最後の試合で負けた

「勝った試合より、負けた試合からは学ぶ事が多い」


[PR]
# by kongojiamarron | 2017-09-06 04:30 | フットボ-ル | Comments(0)
低糖質ダイエットはいまの流行
回転寿司では、ネタだけ食べて
シャリを残す食べ方が流行っている

ということで
くら寿司は低糖質ダイエットメニュ-を作り
TVCMにも登場させた
9/1デビューである
しかしこれが噴飯物
d0202960_19081283.jpg
シャリの代わりに大根の酢漬けを使ったもの
そしてシャリを極少なくした、プチもの
なんともはや工夫がない

そして麺抜きの担々麺
d0202960_19083448.jpg
これ本当に麺だけを抜いた物
その代わりに
野菜等を増量しているわけでもない

おいおい
商品開発にもっとお金かけなくちゃ

そういえば
アルコールは糖質を考慮したメニュ-はなかった
なに考えているのやら


[PR]
# by kongojiamarron | 2017-09-06 04:02 | グルメ | Comments(0)

d0202960_16281467.jpg
ヨハンシュトラウス二世の物語、物語りだから
本当は3回結婚しているシュトラウスは
なぜか死ぬまで最初の奥さんと添い遂げる

...

毎年NHKが生中継する「ウィ-ンフィルのニュ-イャコンサ-ト」
は二世の曲を中心に
父親の一世、弟のヨ-ゼフの曲が演奏される


この映画では
「芸術家の生涯」
「ウィ-ンの森の物語」
「美しき青きドナウ」
のエピソ-ドが語られながら演奏される


作った順番は史実とはちがうが

かれが生きた時代は1825-1899というオ-ストラリア帝国にとっては末期
世紀末ウィ-ンという爛熟文化・文明のまっただなかだった
オ-ストリアは大ドイツ帝国の中心
愛国者だったシュトラウスは
第二の国歌をつくったのだ


我が国にも欲しかったシュトラウス
陳腐な国歌を聞く度
そうおもう


[PR]
# by kongojiamarron | 2017-09-05 04:26 | エンタメ | Comments(0)

マ-ケティングの基本は市場分析
現在の市場がこれからどうなっていくのか解らなくてははなしにならない
これからどうなるかは、過去のトレンドを丁寧にたどれば
予測はつく


市場は人口動態と人々の意識で成り立っているのだから...
これは社会科学、すべては予測可能なのだ

さてそんななかで、一つの事象をあげておこう
この話は、全体では無く、変化する部分を捉えた物で
僕自身は、お金になるところでは、この話はしない

d0202960_02063412.jpg
なぜならマ-ケット形成プロセスに少し難があるからだ
しかし、この話は一頃社会学を席巻した

「パラサイトシングル」とは親の消費に寄生(パラサイト)して
生活する独身男女のこと、1990年代の終わりに社会学者山田昌弘氏がいい、この本は1999年に刊行された
ストックを持つ親にパラサイトしている娘息子たちは生活維持のための基本的消費をしない、住居費・光熱費・基本食費、その余剰分はエルメスやビトン、ガンダムに向かうというものだった。


丁度このころ僕は中高年独身市場のレポ-トを作っていた
ぼくからいわせるとパラサイトは一部の事象である
しかもそのまえの長男長女の時代の影響を強くうけているし
かならずしもヤマダ氏のいうパラサイト消費が成り立っているとは言いがたい、という結論をだしていた

つまりマ-ケットとしてのトピックではあるが、未婚化非婚化の要因ではない、消費の本質でもない。
じつはパラサイトの根本原因は、家族の崩壊なのだから
未分化のまま、家族形成をしない世代が醸成されていくというのが僕の主たる主張だった。家族形成しなければ世帯財消費はしなくなる、ストックも作らなくなる。

僕の主張が正しかったのはその後ヤマダ氏の混迷著書でわかる


ひとつは「パラサイト社会のゆくえ」パラサイトの本質がわからないためかれは貧困パラサイトという概念をつくりだし、そのさきにやっと家族の崩壊という事に言及し始めた。先の見通せない学者先生というのはこんなものである。


かれの間違いの根本は消費という指標を分析する面がとても甘かった点にある。社会学者としての限界なのだか

ここまでは一昔の話
そして僕たちは2017年に生きている

d0202960_02064416.jpg
「サザエさん」や「ちびまるこちゃん」がノスタルジックに憧れられ
「ビックダディ」が話題になる現代に生きている
三世代同居の家族とか大家族というのが特異現象であることをあらわしている。

社会の構成単位は家族では無くなっている


ノスタルジック政党の自民党が経済政策が全く出来ない理由でもある
我が国の約4400万世帯の1/3は単身世帯、しかも世帯主の年齢は若者と高齢者だけではなく、各年代にばらけている

厚生労働省が考えている介護の家族押しつけは現実的では無い
65歳以上の高齢者世帯の75%は子供と同居していない、という現実がわかっていない。


30年近く前の僕の新しい社会システムの提案は家族ではなく、「リファレンスグル-プ」の形成ということだった。ただ為政者達の政策課題には未だになってはいない。
最近の「墓ともブ-ム」「NPO設立ブ-ム」をみると意識が実態に追いつきつつあるとの感を強くするのだ

という事をかんがえると
マ-ケティングの新しい潮流が見えてくる


[PR]
# by kongojiamarron | 2017-09-04 04:05 | マ-ケティング | Comments(0)

最近、機会があると
蕎麦屋さんに入る

この日入ったのは、八王子にある
昔からの蕎麦屋さん...


席数三十
調理場三人、表はおばちゃん一人で裁いている

十二時五分前に入ったとき
僕の前には
三組五人
二組は既に食べ始めていた


お酒といたわさを頼む
おつまみに
おもしろいものを発見
とりあえず
お昼なので
まずはできるかどうかを尋ねてみる

できるかどうかをたずねたのは
これを作ることで
全体の調理時間に影響が、でませんかな
と思った次第

まあでも
注文は受けたし

d0202960_05040288.jpg
時間がかかるという返事がなかったので
いたわさで一杯が終わる前にでてくるだろうと
思っていた

それが十二時五分ごろ

そのあと
ぞろぞろとお客が入り
十分後には満席になった

さてここからだ
僕の注文したものが出てこない

それどころか
順番をとばして
でてきたメニュ-が三組


そして
たぶん
僕の注文で
その後のアップが十分ほど止まる

なぜぴたっと
止まったのか
となりに座ったおじさんの注文は
いたわさなのに
十五分も出てこない

僕のたのんだものが
でてきたのは十二時四十分ごろ
そこから
全体が動き始めた


なんか悪いことしたなとおもいつつ
読み通りの動きだった

へんににゃにゃ
してしまった

d0202960_05035495.jpg

空いた店内で蕎麦をたぐって
会計したのが
一時過ぎだった
そのころには店内は半分は空いていた

おそらくあの一品で回転が止まり
入店客を三組六人は断っているから
馬鹿にならない損害なのだとおもうのだが


[PR]
# by kongojiamarron | 2017-09-03 04:01 | グルメ | Comments(0)

この辺りの露地物トマトはもう終わり
木はもう所々枯れている
終わりのトマトを選んでもいでいく

木の上で色づいたトマトは完熟...
小ぶりで、この時期は皮が固い、所々亀裂が入っている


すぐ近くの公園で

お母さん達のシュプレヒコールが聞こえる

72年前の9月2日は敗戦の日だった

d0202960_04000762.jpg
採ってきたトマトを洗う
夏物と違って
水っぽく無く、芳醇という言葉がぴったりと合う

自然がくれた色


秋雨に過ぎたる赤の香り立つ  自作


[PR]
# by kongojiamarron | 2017-09-02 05:40 | 風景 | Comments(0)

「奈津の蔵」は「夏子の酒」が終わって7年後
1998年に連載が開始された
2000年までの二年間
掲載されたものが4冊の単行本に残っている

d0202960_06330514.jpg

...

主人公は佐伯奈津、夏子の祖母だ
物語は明治末期から太平洋戦争が終わるまで
18歳で佐伯酒蔵に嫁いできた奈津
そこには未だ電気もひかれてはいなかった

女が蔵にはいると酒が腐るとされていた時代なのだ
「月の露」も品評会では16社中16位

太平洋戦争で蔵は作り手がいなくなり
女だけで酒を造る
そういう時代があったのだ


夏子は最初と最後にでてくる
結婚していて子供もさずかる
相手はでてこない

歴史をしることで
前に進める


[PR]
# by kongojiamarron | 2017-09-02 04:32 | エンタメ | Comments(0)
夕刊紙「日刊ゲンダイ」はサッカー担当者に専門記者
がいないため
いつもとんちんかんな記事を計上している
それにしても
今日の記事は酷かった

W杯予選修了後
ハリルホッジを解任し
アギ-レを本大会の監督にする
というよた記事
d0202960_18125617.jpg
きのう負けるか、引き分けを見越して書いた
よた記事であることはまちがいない

情報源が
元ワ-ルドサッカ-グラフィック編集長中山淳氏
某サッカー関係者
という

しかしそれだけで、裏面に更迭と大書するのはいかがなものか
記事をかいた、馬鹿記者は記名にしろ
サッカー知らずのサッカー担当者、情けない

[PR]
# by kongojiamarron | 2017-09-01 18:22 | フットボ-ル | Comments(0)