ブログトップ

コンサルの独り言

kongojia.exblog.jp

マ-ケテイング・コンサルタントの独白です。

<   2017年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

アーネスト・ミラー・ヘミングウェイ(Ernest Miller Hemingway、1899年7月21日 - 1961年7月2日)にとって、晩年のキュ-バと同等に大事な場所といったら
パリにほかならない


1921年トロントスタ-社と執筆契約を結び最初の妻ハドリ-とパリについたのは彼が22歳の1922年(大正11年)の事だった


d0202960_04052239.jpg
後トロントスタ-社を辞めて、作家になる決心をし...
5年後最初の妻ハドリ-と離婚し、二番目の妻、ポ-リンと再婚する

彼のエピソ-ドでは、広場の鳩を捕まえて、食べたのもパリだった
ウッディアレンの「ミッドナイト・イン・パリ」にもフィツジェラルドと一緒に登場する
パリではシェィクスピア書店を営んでいたシルピア・ピ-チとの出会いはとても大事なコトだった、ジョイスのユリシ-ズを出版した書店でもある
ここでヘミングウェイは文学者のサロンに浸ることが出来た


「ヘミングウェイのパリガイド」は15年も昔に書かれた本なのに
古くてあたらしいパリという都市を紹介している

ヘミングウェイにとってのパリはまさに作家としての修業時代にほかならなかった
二番目の妻、ポ-リンはヴォ-グの記者だった
再婚してまもなく、パリを離れキ-ウェストへ向かうこととなる


1961年に猟銃自殺してしまうのだが
1964年に遺作が出版される「移動祝祭日」だ
その言葉を貼っておくことにしよう

パリにいってみたくなった


[PR]
by kongojiamarron | 2017-02-28 04:09 | エンタメ | Comments(0)

昔のはなしになるが
当時某レストランチェ-ンに勤めていた僕は
ブランチを考えていた


というのは
そのチェ-ン、朝食メニュ-が強いのに...
祝祭日はモ-ニングをやらない
客単価が高くなるグランドメニュ-で押していた
オペレ-ションは簡単になるのだが
なんか面白くはない


そのとき見つけた記事が
ニュ-ヨ-クタイムス日曜版を抱えて11時頃
食事をする男の話だった
ミモザを飲み
パンケ-キとサラダのワンディッシュ
食後はコ-ヒ-を飲みながら
分厚い新聞を楽しむ


おお
これおしゃれだよ

ということでメニュ-開発部隊に相談した
残念ながら定着しなかったが
食は文化なのだから
あのトライアルは面白かった


d0202960_17012391.jpg
キッシュもスプリッツァも定着しなかったけど


さて写真の本はそののち
コンサルとして某社に話すとき買い求めた物
とっても
無国籍でいい


貴方のお店でもブランチ
やってみませんか


[PR]
by kongojiamarron | 2017-02-27 05:00 | グルメ | Comments(0)

忘れないうちにメモを貼っておきます
異文化・異民族の交流について聞いた講義です

縦軸に「変化する」「変化しない」
横軸に「受け入れる」「受け入れない」...
をとると4つの象限に分けられます


d0202960_07024311.jpg
それぞれに彩り星印を付けて見ます
左下、赤星、「受け入れない」「変化しない」
これを「排斥」と呼びます


左上、黄色星「受け入れない」「変化する」
これを「同化」と呼びます


右下、「受け入れる」「変化しない」
これを「棲み分け」と呼びます


変化もしない、受け入れもしない、というのはかつての攘夷思想でもあります。異民族・異文化とのまじわりを拒否する
この思想は一見一番強固なきがしますが
恐れからきていますから、もろいものです

現実の世界では「同化」か「棲み分け」という
選択が多いのです、そしてこのことを世に言う「共生」にしていますが
本来の意味で言う「共生」とは異なります


「同化」も「棲み分け」も人間を幸福にはしません
排斥にただいきたくない、ブレ-キングにすぎないからです

未来は
「変化し」「受け入れる」事なのです
それをこの先生は、すこしくたびれた「共生」という言葉の代わりに
「共笑」ともってきました

なんとすてきな言葉なのでしょう
ともに笑うこと
共を「楽」「学」「活」「産」とつけるのもいいのですが
「笑」に付ける

とてもすばらしい言葉だとおもいませんか

組織改革のコンサルとして、胸にず~んときました


[PR]
by kongojiamarron | 2017-02-26 04:02 | 国際情勢 | Comments(0)
  1. 昨日封切りの「ラ・ラ・ランド」
    朝10時からの一回目観てきました

  2. d0202960_20225370.jpg
    この映画、オスカーでは14部門にノミネ-トされていて
    ゴ-ルデン・グロ-ブ賞では7部門を独占したという...
    前評判の凄い映画なのです

  3. 映画スタジオのカフェで働く、女優志望のミア(エマ・ストーン)と腕は良いが、売れないジャズピアノ弾き、セブ(ライアン・ゴズリンク)の恋物語です
    米国のミュージカルはMGMが最盛期でした
    男と女が恋をするのが基本で、社会問題ははいっていません
    それがいつのまにか、ウェストサイド物語あたりからでしょうか、社会性を帯びてきます
    最後のミュージカルは「ジジ」あたりで死に絶えたのだとおもいます

  4. この映画はそんな、ものはありませんから
    映画人たちのノスタルジーをかきたてたのだと思います
    主演のふたりは、歌って、踊ります、タップまで見せてくれます

  5. 季節はカリフォルニアの冬から始まり、最後は5年後の冬で終わります
  6. 「若草の頃」みたいです

  7. でも
    MGMミュージカルみたいにハッピエンドでは終わらないのです
    そこが
    監督・脚本のデミァン・チャゼルのすごさなのでしょう
    悲しい終わり方の方がいつまでも、いつまでも、心に残るものなのです

  8. 主演の二人についていえば
    最初はチンピラみたいな感じでしたが
    終わりにすすむにしたがって
    とても魅力的になっていくのです
    素晴らしい演技だとおもいます

  9. 二人の乗っている車がまたいい
    ミアは左ハンドルのプリウス
    セブはでかいアメ車のオ-プンカ-
    なのです(トランプ大統領見てね)

  10. 映画女優とジャズピアニストという、いささか楽屋落ちの設定なのですが
    なかなか良く出来ていて
    ご覧になることをお薦めいたします

  11. 僕はSMTの会員なので、今回は無料チケットでみました

[PR]
by kongojiamarron | 2017-02-25 04:23 | エンタメ | Comments(0)


二年前の東京新聞の社説

d0202960_05205507.jpg
自治体がやっている、シルバ-大學のはなしだ
僕は
この手の記事をみるたび
認可された学校法人はなにをやっているのか...

何時も思うのだ


理由は3つ
・自治体の体系も無いなんちゃつて大學を大學と呼ばせていいのか
・生涯教育センタ-というお荷物プログラムで高齢者教育を避けていいのか
・学問を世に広める大學の役割を考えたことがあるのか

本当に学びたい高齢者を学内導入することを
考えたコトがないのだろう


18歳高卒者を4年間でトコロテン式に排泄することしか考えていない
馬鹿大學人が多いから
というのもある


65歳以上の進学率は20%程度だったろう
学問をしたくても、出来る環境にはなかった
学問は一生なのだから、この人達をとりこまない手はない

まずは導入プログラムを作る
聴講生→ 受講予備プログラム → 入学
別に4年で卒業する必要はない、原則8年にすればいい
卒業しなくてもいい
研究所を作って研究員にも、講師にもなれるようにしたらいい

さて
当然お金の面も考えなくてはならない
ここは文科省と厚労省の出番となる
もちろん篤志家・企業の出番でもある


[PR]
by kongojiamarron | 2017-02-24 05:22 | Comments(0)

サンドウィッチ用のパンは水分が抜けているものがいいのです
僕は軽くト-ストする派なので、焼いたときの食感はとても大事です

人生最初のサンドウィッチは十歳のとき、叔母にご馳走になったものでした
芝プリンスホテル、もちろん辛子バタ-が効いていて辛い事しか覚えていないのですが



戦後の日本人が憧れたサンドウィッチにダグウッドサンドというものがありました
それこそこれでもかというほどの具材と、パンの枚数
あれどうやってたべるのでしょうか


映画「愛情物語」で、

不治の病に堕ちたデュティンにチキ-タが、「食べる」と聞き、

パンを紙袋から取り出し、バタ-を塗ります。

そのなにげないしぐさに、

悲しみが深く感じさせられるのです。


d0202960_04063964.jpg
サンドウィッチを焼かないで作る時は
一斤を十二枚にスライスしてもらいます
もちろん、一日おかなくては、薄くはできません
お気に入りのパン屋さんでなくては難しいのです


え、サブウェイですか、あれは、無視

某ホテルのバ-ではステ-キサンド
大阪の某ホテルではフル-ツサンド
を食べに行くのが楽しみでした

さあお昼はサンドウィッチ


[PR]
by kongojiamarron | 2017-02-23 04:10 | グルメ | Comments(0)

最近のマイブ-ム、白菜煮、
シンプルに、しんぷるに、出汁醤油で煮る、
一味をかけて食べる、
素材が良くなくては..........
しかし白菜の季節はまもなく終わる。
春がくるからだ

d0202960_05071975.jpg


[PR]
by kongojiamarron | 2017-02-22 05:10 | グルメ | Comments(0)

書棚の奥をごそごそやっていたら
これが落ちてきた
前川つかさの名作
「大東京貧乏生活マニュアル」全5巻である

d0202960_07030192.jpg

隔週だったモ-ニングに掲載されていたのが
1986年-1989年
そうまさにバブル絶頂期

最初の2話は「大東京貧乏生活カタログ」として
モ-ニング増刊号に掲載されている
最初の2話は主人公のところに訪ねてくる彼女とのやりとり.....
だからペ-ジ数も6と5と長い

レギュラ-になって名前がかわると4Pに統一される
そしてそれが165話まで続くことになる


時代は昭和から平成に変わる節目でもある
この漫画登場人物がすばらしい
なんでいまはこんな人がいないのか


それと
貧乏人の食生活
かつてチャップリンはその映画のなかで
食べ物を大切に描くことで
愛情と貧困をあらわした
前川つかさ描く主人公こうすけもそうである
いってみれば大學をでてアルバイしてる
フリ-タなのだが
なぜかそこに悲惨さはない


それはそこに人と人のつながりがあるから
もう一ついえば未来があり
文学も生活の中で生きていたからだといえよう

すべてがなくなるのは
このあと

地域再生の鍵は定住化とともに
崩壊してしまったコミュニティの再生で在ることは
論をまたない


[PR]
by kongojiamarron | 2017-02-21 07:07 | エンタメ | Comments(0)
へんなところでばったりと知人に会った
お茶でも
といってみたが
駅からは少し距離があり
改まって...
話すほどの話題がある訳でも無い
d0202960_19160393.jpg
d0202960_19160393.jpg
出会った場所から
門を曲がればコンビニがあった
コンビニのカウンタ-で旧交を温めた
このひと僕より年上の65歳
3月で定年退官なのだそうだ

普通なら国立大学を定年退官して定年70歳の私学に行くはずなのに
もう学校はたくさんなのだそうだ
好きな山歩きと絵に没頭したいという

学校に未練はないのか聞いてみた
学生を教えるのは楽しかったのだが
いつの間にか大學はキディランドになっていたという
たしかに頭のいい学生は入ってくるが
そういうやつらに限って勉強しない、という
残り少ない人生、無駄な時間を使いたくないという

それに私学に行けばポストを一つ奪うことになるし
僕の人件費で若手を3人は雇える
でしょ
という

研究者としてはこれからなのに
そこは
つっこんで聞かなかった

コンビニの100円コ-ヒ-がやけに美味く感じた
貴重な30分だった

[PR]
by kongojiamarron | 2017-02-20 19:17 | 教育 | Comments(0)
就任して3年もたつのになんの結果も出せない
経済無策
NHKで御用学者が、学生の就職率の改善をいっていたが
馬鹿学者の典型は
団塊世代の労働力欠員だということをしらない
だから離職率が大きくなり非正規が増えてしまう

さて去年の消費支出はまたもや前年をわった
d0202960_14334009.jpg
三年続けて前年を割っている
あほのミックスは
富裕層は作り出したが
国民は貧困に落ち込んだ
そして企業は内部留保をためこんだ
そこで賃上げのお願いとは大笑いである
d0202960_14330573.jpg
頭に虫はいってるんじゃない

その一方では労働条件を厳しくし
無能な経営者を保護している

d0202960_14342253.jpg
経済無策で混迷というのが本当のところだろう

[PR]
by kongojiamarron | 2017-02-19 03:31 | 政治 | Comments(0)