ブログトップ

コンサルの独り言

kongojia.exblog.jp

マ-ケテイング・コンサルタントの独白です。

<   2016年 09月 ( 32 )   > この月の画像一覧

かれすすき ゆらりゆるりと ゆうひあび 自作

僕の好きな風景
霧ヶ峰の裏山で、
やまとやまが重なるところに...
大きなすすきの原があった
d0202960_07181784.jpg
秋の日、太陽はつるべおとし
その光にてりはえて
銀色の波が、さ~っと、押し寄せては、ひいていく
何時間見ても飽きない

アキアカネが風に乗って里に下っていく
秋は山から始まる

ヒュッテにもどって
明日の山道を確認する
至福のひとときだった

はれたのに ゆくえみさだめ かれすすき  自作

野に、でも「のに」でも、どちらでも

[PR]
by kongojiamarron | 2016-09-30 07:23 | 風景 | Comments(0)
橋本駅前名店「翁屋」
口明けにいったはずなのに
既に先客が二組
さいしょは、マグロ、ほうぼう、鯖
この日の鯖は生と、炙り

d0202960_07293706.jpg
二品目はむつの煮つけ
この照りはすばらしい
d0202960_07302816.jpg
天ぷらはマイタケを揚げてもらった
お供の魚の名前は忘れた

d0202960_07314859.jpg
この日も満足して
家路についた

[PR]
by kongojiamarron | 2016-09-29 07:41 | グルメ | Comments(0)

フクイチは全くコントロール下にはない

そして経済政策は失態

d0202960_05141018.jpg

雇用が増えたといっても
非正規雇用が増え
労働分配率が労働者の方に極端に低くなっている
企業は内部留保でしこたまお金をためている...

投資する訳でも無い
そうなると金融機関の役割は無くなる
国債買いぐらいしか仕事が無い
バンカ-がいなくなったのだ


政治家に経済政策を求めてもむなしい
いきおい官僚主導の政策になる
つまり
角をためて牛を殺すという
やりかただ


政治家の劣化はもうみんな知っている
企業家も劣化が進んでいる
既得権益で固まったせかいでもある


さすがに小泉竹中政権でやった
スタ-企業家の宣伝には
もうだまされなくなったのだろう


野田と安倍の掛け合い漫才など聞きたくない


[PR]
by kongojiamarron | 2016-09-28 05:18 | 政治 | Comments(0)
なし食めば 思い出すのは 吾妻山 自作

毎年この季節になると、西洋梨を贈ってくれる友人が福島にいた
快活で、アウトドア大好きな人だった
上等な西洋梨は、ねっとりとして、秋の訪れを思いおこさせてくれた...

2011年の秋から、その上等な西洋梨は食べていない
昨日、ス-パ-で積み上げられた、西洋梨を買い求めた
味は贈ってくれたものには及ばなかったけど
ひさしぶりに
快活だった人を思い出した

なきひとの くやしなみだに なしのあじ 自作
d0202960_04032789.jpg
もっと見る

[PR]
by kongojiamarron | 2016-09-27 03:58 | 風景 | Comments(0)
知り合いからの呼び出しで
平貝をごちそうになった
刺身でたべても
焼いて醤油を付けて海苔を巻いても美味しい
秋の味なのだ...

d0202960_07145535.jpg

飲んでいる最中に最近相談件数が増えたというはなしになった
「先生はどうしていますか」と聞かれたので
知り合いの紹介でなくとも
一回はお目にかかる
二回目はお金にならなければ断る
と言っておく


といっても僕のばあいは売れっ子じゃないから月に1-2件しかないから負担にはならない

Aくんの場合
売れっ子だから
問い合わせは毎月10-20件あるというのだ
しかも半分は紹介
なのに
会ってみると
仕事にならないはなしばかり


忙しいのに前後の時間をいれると
ばかにならないという

僕たちの商売は芸者商売だから
お呼びがかからなくなるのは怖いので
よっぽど変な案件でないかぎり
一回お目にかかるのが大原則なのだ
二回目は断っても良いことになっている


有料にしたらいい
弁護士みたいに初回相談料30分5000円
事務所の女の子に徹底すればいい
この国の経営者のいけない点は
情報とかソフト・ノウハウがタダだと思っている事
最初からそこでスクリ-ニングするのはとても重要だよ
と言っておく

平貝はバカ貝、開いてみなくてはこんな美味しい物がかくれているのはわからない


[PR]
by kongojiamarron | 2016-09-26 07:13 | マ-ケティング | Comments(0)
生前退位の有識者六人が決まった
なんともはや
という人選になった
d0202960_22224233.jpg

「生前退位」についていえば...
明治維新以降の天皇制の異常事態を清算しないと
ならない

したがって
過去の歴史清算がひつようとなる
そのような人材は選ばなかったみたいだ

筋論から言えば
「皇室典範を改正」
するのが一番いい
万世一系というのはもともと大嘘なのだから
天皇を神格化する必要はない

男子直系というこの百五十年間の継承もできなかったのだから

さてこの六人にとても
その見識と力があるとはおもえない
せいぜい特措法でお茶を濁すだけになりそうだ

時間稼ぎするなよ
安倍晋三

[PR]
by kongojiamarron | 2016-09-25 04:00 | 政治 | Comments(0)
日本あほんだら協会
略称NHKはまもなく維持運営できなくなる

受信設備を持つ世帯から
受信料を徴収する
そして
それをもとに維持運営しているわけだが
d0202960_18150298.jpg
契約しているのは3/4
これを徴収するため
NHKは大量のバイトを雇い
無駄を繰り返している

そして訴訟だ
つい最近おきたのがワンセグ騒動
これが受信設備にあたらないという判決がでたのだ
もはや固定テレビで観ないのだから

もともと公共放送は大本営発表の反省から生まれたはずなのに
現状は、アベ政権以降、籾井氏以降
戦前回帰となってしまっている
現政権の右向け右、報道となってしまっている

こうなると
国民が受信料を負担して
高給取りのNHK職員を養う必要はなくなる
そのことに
経営委員会は気づかなくてはならないのだが

つまりいまのままでは
要らない放送局なのだ
大本営なんてね



[PR]
by kongojiamarron | 2016-09-24 04:31 | マ-ケティング | Comments(0)
組織の人間は名刺の肩書きが大事
であるが為に
現在起こっている
悲劇(喜劇)を書いた本...

d0202960_04313365.jpg
名刺の肩書きは組織内の序列を表すのだが
大きい会社ほど
人材の無駄遣いをし
かつ活性化ができないため
わけのわからない肩書きの名刺をもらうことが多々ある


新興会社ではやたらと横書きの肩書きがある
そのなかに
職能と職階という大事な図を発見
まともな会社なら作らなければならない図なのだが
この図は組織を発展させるにはとてもだいじなのだ


d0202960_04324839.jpg
これに
賃金テ-ブル
職務権限
教育研修
を絡めると
組織改革のコンサルの仕事ということになる


名刺の肩書きがわけがわからなくなるのは
組織が上手く機能していない証拠でもある

そして
この分野
対処的療法が多すぎる

僕は30歳の時、労組の書記長をしていたので
会社の総務課長と
この分野を勉強させてもらい
賃金テ-ブルを作り直した
その精神は今もその会社に生きている


[PR]
by kongojiamarron | 2016-09-23 04:33 | 組織改革 | Comments(0)
1950年代に米国で家庭物TVドラマが流行ったが
あれは裏をかえせば米国の家庭の崩壊時期を表している

ファミリ-という概念が我が国で大きく変化しはじめたの
1970年代から...
団塊世代が子供を作り始めたころからだ
そして新しい家族という概念は1997年頃
形作られたと推測される
したがって60代の貴方と30代の息子娘さんとは
家族概念への認識上の大きなギャツプが存在している
d0202960_04591591.jpg
未だに古い家族マ-ケティングをしている会社があるが
まあしかたない、お勉強も調査投資もしていないのだから
そういう会社はあるとき突然破段階がくる
そして対処出来なくなる
といえ場ここ数年でおかしくなった何社かをおもい浮かべられるだろう

我が国の不況原因の1つにこれがある
家庭は20年近く前に形態をかえた
もちろん家族構成と世代構成があるから
すべてが一度に変わったわけでは無い

しかしすでに枠にはまった家族一同という概念はなくなっ
サザエさんやちびまるこちゃんのような3世代同居は
まれなケ-スとなった
親と同居しているのはパラサイト族だけになった

少子高齢化を今までの社会システムを前提に解決するというのは
とても、とても、無理がある
マ-ケットの構造を理解するというごくごく基本が出来ていないだけなのだ
もちろん大部分の事業家諸君もなのだ

貴女のことですよ

[PR]
by kongojiamarron | 2016-09-22 04:59 | マ-ケティング | Comments(0)
今ではだれも見向きもしない
「エリアマ-ケティング」という考え方がある
しかし
温故知新
この手法手段考え方がこれからの日本を救う...
d0202960_08140175.jpg
もともとは企業の販社対策から始まる
大元の米国では
エリアマ-ケットが完全に独立していたので
個々の地域特性に合わせてマ-ケテイングしていかざるをえなかった
にほんでは個々の市場は完全に独立と言うより
重なっている
しかし地域特性は違う

かつてエリアマ-ケティングが日本で流行った頃
系列店を持つ
「家電メ-カ-」
「化粧品メ-カ-」は熱心に取り組んでいた

しかし、量販店が地域のチャネルを一変させ
エリアマ-ケティングの主役は流通小売りに移行した
そのころ僕はレストランチェ-ンでもこの手法がつかえないかと模索していた
当時の社長は親会社の小売りからきたひとで
指標化の調査システム化の予算を捻出してくれた
これは凄いことだった
なにせ既存店の再活性化がプログラム化出来る様になったのだから

その後、僕は独立して、3チェ-ンでこのプログラムをつかった
残念な事に、業界では定着しなかった
定着しない理由は簡単なのだ、システム化と調査指標を個別に考えるには
初期投資がかなり要るためだ
コンサルタントとして付き合っていても提案で終わった会社は多々ある

多店舗化して
衰退期に入っているチェ-ンを見るたび
このプログラムは有効だと思うのだが

さて
現在は
このプログラムを変形させ
地域活性化用に使い始めた
問題は
費用がかけられないので
一般指標しかつかえないこと
有効であることは間違いない

日本国内で10カ所を目標に
300カ所がかわれば
地域経済は一変する

不確定要素はTPPと原発
間に合わないかもしれない
いつやるのか
「今でしょう」

[PR]
by kongojiamarron | 2016-09-21 08:15 | マ-ケティング | Comments(0)