ブログトップ

コンサルの独り言

kongojia.exblog.jp

マ-ケテイング・コンサルタントの独白です。

<   2016年 07月 ( 43 )   > この月の画像一覧

まあ、なんとなく、そんなきがしてたけど
右翼のおばさん選んでどうするんだよ

慎太郎の時以上に「君が代・日の丸裁判」が頻発するよ

都議会自民党とは対立するんだろうね
ということは議会運営はできない
オリンピックの無駄遣いは止まらない

それより
政治資金のきなくさいはなしが
燃え上ったら
また辞任になるよ

トリがかてなかったのは
週刊誌のスキャンダル、宇都宮の足引っ張り
岡田の辞任、と三重苦だったからね
おまけに
これにムサシが絡んでるし

都民は馬鹿の塊だという事がはんめい


[PR]
by kongojiamarron | 2016-07-31 22:27 | 政治 | Comments(2)

我が国はいまだに、米国の占領統治下にあります
占領統治の事実は日米合同委員会により
隠されていますが
幸いなことに米国では公文書の公開が義務付けられてますから
三十年たつと
都合の悪い事も公開されます

先の大戦が裕仁の地位保全のため仕組まれた戦争であることはまちがいありません
そして、実は戦後も、彼の日本国支配は続いていたのです
d0202960_612178.jpg

日米合同委員会での取り決めはすべて密約になります
そのなかの根幹をなすものは
「基地権密約」
「指揮権密約」
です、これは、占領が終わる前に、安保条約という形で残すことになります

本来なら占領終了後九十日以内に占領軍は撤退しなくてはならないのですが
サンフランシスコ講和条約以来、米国軍はそのまま64年間居座ってます
このときの米国の安全保障の根幹は
日本を守る事ではありません
日本の軍事行動を阻止するための駐留だったのです

そして、昭和天皇の意図は、自己保身です、つまり天皇制を守ってほしい、そのために占領軍にあらゆる互恵を与え、駐留を継続してほしい。という意思だったのです
彼が一番恐れていたのは、共産主義勢力による、天皇体制転覆だったのですから
これは、戦前からかわりませんでした
自分の出自がばれることも、恐れていました

日本に警察予備隊を作ったのはフランク・コワルスキ-大佐ですが
もともとの計画は、朝鮮戦争で空き家になった、米軍基地の警護で
日本国民を守るというものではありません
今の装備もすでに、米軍仕様というか、その指揮下仕様になっています

しかし指揮権下にはいるのは、あくまでも国内に限られていました
それが去年、萩藩系列の首相によって、地域の縛りがなくなっただけなのです

今考えてみれば
「砂川裁判」というのは、日本国憲法というのが、お飾りだという事を示したのです

朝鮮戦争時、我が国は、後方の兵站として、米国軍を積極支援しています
そのために、亡くなった日本人海員もいるのは、宮崎駿監督の「コクリコ坂」でも描かれているとおりです。

米国はダレスの姦計により、国連軍の指揮権を得ます、これがすべての無法の始まりでした
人のいいマッカーサーの国連軍構想は、しょせん絵に描いた餅だったわけです
国連軍構想があっての、九条二項なのですが
国連憲章の四十三項で、米国はまんまと、偽国連軍の地位を手に入れます
皮肉なことに、朝鮮戦争の国連軍司令官はマッカーサーだったのですから

さて、最高権力者にして西園寺八郎の息子、裕仁氏がなくなって、二十七年がたちました
その間、国際情勢は激変したのです
なによりも戦争国家、米国の衰退はもはや避けられません
レイガノミックス以来、中産階級の没落は、社会システムの維持すら困難になっています
いきおい
日米合同委員会にもとめるのは、軍事負担に傾斜していったのはまちがいないでしょう
しかし
この委員会の存在自体、米国国務省はいいとはおもっていません
なぜなら健全な組織ではないまま、今に至ってしまっているからです

我が国でも明治維新の嘘
そして
昭和天皇の嘘が
明らかになりつつあります

今上天皇がなんども自分は日本国憲法下の天皇だと繰り返すのは
「万世一系」の大嘘を身に染みてわかっているからだとおもいます
生前退位もその延長線上にあります

歴史を学ばない国民ほど「愚民」化、しやすい
フィリピンもドイツも、基地問題は自分たちで解決しました
解決できない民には、滅亡の道しか残されていないのです
[PR]
by kongojiamarron | 2016-07-31 06:12 | 政治 | Comments(0)
本屋さんで立ち読みしていて
買ってしまうのはたまにある
筆者は今野浩先生
筑波大の助教授
東京工業大学の教授から学長まで勤め上げ
その後中央大学教授
そして東京工業大学名誉教授としての75歳
d0202960_3233683.jpg

日本の理工系学部の衰退を目の当たりにしてきた
被害者でもあり戦犯でもある

結局
東京工業大学は改革されずそのまま
衰退が始まりつつある

大学の経営は研究者が順送りで学部長副学長学長を務める
しかし
ああ残念ながら
経営の専門家はいない
独立行政法人(昔の国立大学)の副学長・事務局長・企画部長
あたりの経営改革の中核を担うポストは役人の天下り指定席になっている
国の補助金命の世界なのである

内容はとても面白い
面白いエピソ-ド
なのに
悲しくなる
この国はいったいどうなってしまうのか
考えさせられる一冊である
こうしているまにも
大学の教育界の崩壊は進展している
だれにもとめられない
それが我が国の現状なのだ

タ-ンオ-バ-は無い
[PR]
by kongojiamarron | 2016-07-31 03:21 | 教育 | Comments(0)
われわれ日本人は現代史を学ばない
日清戦争から日韓併合(本来は占領)の経緯もしらない
なにせ公文書まで偽造されたのだから
そして
司馬遼太郎の「坂の上の雲」による日本軍の美化
これが歴史だと思わされている

日清戦争を開くため、日本軍が王宮に突入し
清朝あての宣戦布告文を李朝の王様にかかせようとしたこと
1894年の東学党の乱が抗日の蜂起で有り
5万人の韓国人が虐殺されたこと
そして極めつけは親ロシア派と見られていた閔妃王妃殺害
これには伊藤博文も関与していたこと

すべてが覆いかくされていたのです
d0202960_533119.jpg

なぜ日本の為政者たちは現代史を封印して
司馬遼太郎に美文を書かせているのか
よ~~~くわかるはなしなのです


孫崎氏の名著「日米開戦の正体」から、とても大事なグラフを発見

1942年1月6日、真珠湾攻撃から一ヶ月後
ル-ズベルト大統領は一般教書で
「日本がアジア制服の陰謀を企てたのは、半世紀前にさかのぼる」
ということを述べます
孫崎氏はこれをうけて、真珠湾へのみちは日露戦争にあるという指摘をしています
日露戦争と真珠湾攻撃の距離はわずか36年しかありません

日露戦争は必ずしも日本の勝利ではない、というのは歴史的にみれば明かです
日本への英国、米国の後押しと、ロシア国内(革命)の事情による手打ち
だったはずなのですが、国内的には大勝したと、宣伝せざるをえず
そのことが、二つの爆弾を抱えることとなります
ひとつは、南満州鉄道
もうひとつは借金

「私は日露戦争が真珠湾攻撃につながっていった大きい理由は経済問題とそれに起因する社会不安と思っています」孫崎氏
d0202960_565495.jpg

日露戦争の戦費は通常予算の8倍で、その80%が外債、したがってここから国家予算の30%を国債償還にあてざるをえなくなります。あわせて満州への軍事進出をはじめたため、国家予算の30%が軍事費。
写真のグラフが表すように、国家予算の60%が民政以外につかわれ
増税・物価高騰をもたらすこととなります

この状態、どこかでみてませんか
そう、第一次世界大戦に敗戦し、ハイパ-インフレを起こした
ドイツ共和国です

民政の不満というのは強い軍隊への期待に転化されやすいのです
ドイツでは義勇軍(第一次世界大戦の敗残兵)がナチの中核化していきます
日本では食えない農家の次男三男が軍隊に入ります
そして
大嘘「王道楽土」で国民を引っ張っていくことととなるのです
[PR]
by kongojiamarron | 2016-07-30 04:32 | 国際情勢 | Comments(0)
最初にこの映画を観たのは
1970年
昔の日比谷スカラ座
タカラヅカ劇場を建て直す前は4階か5階にあった
いらい、20回は観ている
ただ近年は劇場公開がないので
DVDになるのだが
d0202960_6171563.jpg

初見はなんの基礎知識もなく観た
この本に書かれているとおり
計算され尽くした映画なのだ
スタ-トからラストまで観る人をザルツブルグに引き込む

後でわかったのだが
映画「菩提樹」はトラップファミリ-が米国に渡って
バスツァ-する映画だった
これを中学生の時に観ている

実際のトラップファミリ-は大所帯
歌う歌も、リチャ-ドロジャ-スとオスカ-ハ-マスタイン二世の曲では無く
宗教歌が中心で、のちに民謡も取り入れるようになったという
アルバムを僕は持っている

一家が、バ-モント州ストウにロッジを開いたのは有名な話で
NHKが10年以上前に取材している
もちろんマリアもトラップ大佐も敷地内に眠っていて
出てきたのは高齢の末っ子(この人は米国で生まれた)

映画の背景は
ドイツのオ-ストリア併合
どちらもドイツ語文化圏、無血合併
ヒットラ-もオ-ストリア出身、時間を前にもどせば
オ-ストリア帝国の方が格上だったのだが

1965年公開のこの映画
舞台ミュ-ジカルを映画にしたのだが
抜擢されたのがジュリ-アンドリュ-ス
修道女ソフィア役で当代の美声マニ-ニクソンが出ている
1965年のオスカ-はデビットリ-ンの「ドクトルジバゴ」と一騎打ちになる
主要部門はサウンドオブミュ-ジックが獲得した
監督は社会派ロバ-トワイズ
ウエストサイドスト-リ-も撮っている

この映画を観て
ザルツブルグに行った人は多いとおもう
映画でみた場所がそのままに現出するのだから

この本を書いた筆者みたいに
さすがに
サンウンドオブミュ-ジック命とはいかないが
僕が、生涯観た映画のベスト10の一本には
明らかに入る

大きなハコで再上映してくれないかな....
[PR]
by kongojiamarron | 2016-07-29 06:16 | エンタメ | Comments(0)

人にすすめられて、昨日から持ち歩いている本

明日か明後日には読了のよていです
読了したら、改めて、ブログに書くことにしますが
ここまででわかったこと、を書き留めます
d0202960_7184482.jpg

筆者は
「日本はなぜ、基地と原発を止められないのか」の著者
日本の戦後史
つまり現在に至るまで、何がおきているのかについて述べています

全国民必読の書でもあります

「この国はいまだに占領状態」なのです

我が国では、最高法規の憲法は機能していません
それは、日米間の密約と
日米合同委員会という、最高決定機関がすべてを決めているからです
その統治システムがいつから
かというそもそも、からはじまります
1945-1952の占領時代の交渉からはじまります

米国は公文書の公開を原則三十年でおこなってますから
それを丹念に拾えば
密約の実態が明らかになるというわけです

この国の首都圏の航空管轄権は米国にあるという事実を皆様はご存知ですか
これを横田空域といいます
首都圏の上空7000mまで、米国軍が管理しています
だから羽田や成田の離着陸が海岸方向への急上昇、急降下を強いられるのです

そして制空権が米国にありますから、米国から横田基地への出入国は自由です
そのうえ、六本木、赤坂にまで、米国は基地をもっています

戦後外交で、吉田・岸がしたことは、こういうことなのです
そのなかには「統一指揮権密約」もありました
つまり
「戦争になったら、日本軍は米国の指揮権下にはいる」というものです
去年の戦争法案は、その地域的しばりをなくして、戦争が必要と米軍司令部が判断したら、自衛隊はどこでも米軍の指揮下にはいって戦えるようになった、というわけです
地域を決めるのは米軍司令部ですから
首相も国防大臣も、地域についての質問に答えられなかったわけです

米国と我が国の重要事項が
なぜ日米合同委員会で決められているのか
実は米国国務省もこの体制に疑問をもち
何度となく解消をもとめているのですが
そのたびに、日本側からの拒否にあっているというのです

後半そのなぜなぜにこたえられているか
これから読み進みます
現代史を勉強している僕にしてみれば
この話のなぜなぜはある程度、推察できます

そして、近年なぜほころびが、目立つようになってしまったかもです
つづきは
読了してからということで
[PR]
by kongojiamarron | 2016-07-28 07:20 | 政治 | Comments(0)
組織改革は人作りから

あらゆる機会を捉えて言うのだが
まあ
組織と言うことを考えてもいない人達だから
理解するには時間がかかる
理解しないまま一生を終わる

企業の場合、組織改革は簡単
内部で人を探すことから始め
足りない機能はスカウトしていく
結果は直ぐに出る
まあ出なければ潰れるだけなのだが

大学の場合、口だけ先生が多いから、ここをうまく切り抜けなくてはならない。職員は二級人民だから、ここを鍛えるのに時間がかかる
その手の大学は企画室担当は外から持って来るのが一番良いのだが
拒否反応が強いのでOBスカウトということになる
ただ大学は脳みそのない教授会が一番のネックになる

地域活性化の場合
写真を貼り付けたのだが
人材はいない
しかもコンサルもいない(なぜならもうからないからだ)
d0202960_573096.jpg

いきおい
狐さん狸さんの世界の話になる
しかも
活性化に熱心なのはジジババ
啓蒙する教えるといっても、なかなか難しい
こここそ10年先を見通して人作りから始めなくてはならない
しっかりとした土台作りが出来なくては
あっというまに水泡と帰す

各分野で
空回りを続けているのはなぜなのか
それは
色んな過去のケ-ススタディが生かされてないため
そもそも
何処かでやったこと
そのままが生きるはずはないではないか

大事なことは
ケ-ススタディというのはその外観をまねする事でなく
その中味を移植し生かす試みなのだが

ああ
馬鹿は多い
[PR]
by kongojiamarron | 2016-07-28 05:03 | 組織改革 | Comments(0)
「診断」にもレベルがあります
触診しなくても、見ただけでわかります
しかし、これではお金にはなりませんから
問診をして、まずは検査することをすすめます
このあたり、組織診断のコンサルタントは町のドクタ-と一緒です
d0202960_546242.jpg

個人の肉体は必然的に消滅するのを前提に看ますが
組織も同じです
まずは組織として永続させたいのかどうかという
根本的な問いかけから始めなくてはならないのです

しかし、中小零細の社長さんは
ここで二つのタイプに分かれます
具合が悪いのは、気合いで直せる、と思い込んでるタイプ
笑うでしょうけど、けっこう多いんです
9割がそうです
まあお金にならないので、こういう人達はほっておきます
偶然生き残るのが5%の世界に入っていきます

ようやっと診断するきになった場合のタイプにも問題が生じます
つまり、早くお薬を、と言い始めます
組織改革の治療は、現在動いている組織の改革ですから
治療計画が一番大事なのです
一定の時間をかけて、直していく
体質改善ですから、組織全部が腐っている場合は少ないのですが
おうおうにして
組織の強みと思われている所が癌化している場合が多いのです

組織診断はプロの仕事
治療計画もプロの仕事
なのです
[PR]
by kongojiamarron | 2016-07-27 05:43 | 組織改革 | Comments(0)
コンサルタントという仕事柄、
毎日、人にはたくさん会う
クライアントの場合もあるし
一緒にお仕事をしてもらう人も多々いる

初見の場合
見た目が10割なのは
世間的常識でしょ
だってその人となりを評価するって
長いお付き合いでもなかな難しい

ましてや
僕みたいな人間観察のプロでも
内容の見込み違いは、結構多い
会って(見た目)
はなしてみると
結果は直ぐにわかってしまうのだが
その前に見た目はとても大事なのだ

お取引先については、見るのは二つだけ
腕時計と靴を見ればいい
それで
その人のヒストリ-が瞬時にわかる

「王様の仕立て屋」というのはナポリの日本人仕立て屋
そのひとを見抜いて
究極の仕立てをしてくれる
別に値踏みしてる、わけでは無いが
とてもよくわかるはなしだ

人の内容で評価するというのは
普通人にはそもそも無理なのだから
あきらめたほうがいい
(といっておく)

選挙の候補者なんか
絶対に無理、外見99%
某政党の上っ滑り演説は、知り合い受けはいいけれど
初対面(票は初対面から採る)の人にとってはひいてしまう

対面コミュニュケ-ションも
バ-バル(言葉を使う)
ノンバ-バル(言葉以外)
では、相手に伝わるないようは7%vs93%
と言葉の内容とは伝わりにくいものなのです

対面でのコミュニケ-ションでは「話し方」「ボディランゲ-ジ」
というのがとても大事になるのであります

というわけで
世間で幅広く売ろうとしている貴女
高学歴だけでは売れませんぜ
[PR]
by kongojiamarron | 2016-07-26 07:03 | マ-ケティング | Comments(0)
東京都民は馬鹿の集まりと言われないようにね
なぜ
都知事選やっているのか
考えていないね

お金の問題だよ
二度ある事は三度あるってか
d0202960_20465996.jpg

使途不明の政治資金問題がからんでいる
[PR]
by kongojiamarron | 2016-07-25 20:48 | 政治 | Comments(0)