ブログトップ

コンサルの独り言

kongojia.exblog.jp

マ-ケテイング・コンサルタントの独白です。

<   2016年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧


所要があって、観始めたのは、前半二十七分
スコアは0-1
え、負けている
韓国の中盤は球際に強いし、集散が早い、しかも、ワンタッチ・ツ-タッチで回す
日本はリズムが作れない
守りにくいし攻め難い

日本のシステムは442で中盤は4人なのだが、両サイドがワイドに開くため
ボランチの遠藤・大島に負担がかかる
大島は守備で機能していない

当初のゲ-ムプランでは、前半はゼロゼロでというつもりだっただろうが
結局、一点ビハインドで終わる

ただ、韓国の中盤は飛ばしすぎ、ヨルダン戦でも同じように後半の後半ガス欠になると
おそらくだれもが思っていただろう
この時点で負けるとは僕も思っていなかった

後半立ち上がり二分
韓国が中盤右でダイレクトパスをつなぐと、右サイドを突破したイ・チャンミンが中央に折り返しのパスを出す。これをゴール前で受けたチン・ソンウが反転してゴール中央に蹴り込み、韓国が追加点を奪った
スコアは0-2

普通に考えれば、これから三点いれないと勝てない
九割は決まった、と考えるのが順当なところなのだろうが
後半十五分、大島アウト、浅野琢磨イン
Jリ-グ、チャンピオンのサンフレッチェのス-パサブ実績は申し分ないのだが
この大会、得点を挙げていない

韓国は中盤をコンパクトにするため
最終ラインをかなり高くして戦っていた
しかし魔の七十分が近づき
足が止まり始める
しかも浅野は裏に抜け出すのが得意な選手
久保とのツ-トップが機能しはじめた

後半22分、カウンターからエリア手前でボールを持った矢島が最終ラインの裏にスルーパス。エリア内右に抜けだした浅野が飛び出したGKの上を抜くループシュートを決め、日本が1点を返した。さらに直後の23分、左サイドを山中がドリブルで突破し、深い位置から左足クロスを供給する。するとフリーになっていた矢島がゴール左上にヘディングシュートを決め、あっという間に同点に追いついた

しかし、二得点に絡んだ、矢島は足を痛めベンチに交代を申し出る
日本は後半30分に矢島を下げて、切り札、豊川雄太を投入し、逆転ゴールを狙いにいく。迎えた36分、日本がカウンターからチャンスを掴む。一度は相手DFにカットされたが、こぼれ球を拾った中島が前線に浮き球のパスを入れる。するとDFと入れ替わった浅野がGKとの一対一を制し、ゴール右下に流し込んで逆転ゴールを決めた
浅野の二点は普段サンフレッチェでやっている、得点の採り方、あれが彼の特徴なのだ

韓国はFWを二枚替えし、パワ-プレ-に持ち込むが
時間が遅かったのと
足が止まっていた

優勝したが
彼らの力はまだ伸びる
リオではメダルを狙える
[PR]
by kongojiamarron | 2016-01-31 08:04 | フットボ-ル | Comments(0)
豚バラと大根
を煮含める

卵も煮る
d0202960_8401423.jpg


豚の脂肪が解けて
醤油味、八角に溶け込み
美味し

ことこと煮るのに時間がかかる
[PR]
by kongojiamarron | 2016-01-30 08:41 | グルメ | Comments(0)
甘利、経済ぶち壊し担当相が本日辞任した
金の話では
地検は痴犬になってしまったから
辞任すれば、おぶつゆうこ、と同じように逃げられると思っている

さて自民党は社会保障の改悪はしているのだが
改革はできない
それどころか年金基金を大量に株式に投資して損をだしている
d0202960_18344673.jpg


株価でしか人気のないアベ人気維持

バクチでもうけを増やしたい
という
二つの意味がある

しかし、このままでは我が国はもたなくなる
団塊世代の「無年金」問題だ
d0202960_18382982.jpg


年金基金のみでも生活はできない
つまり
生活保護者がまもなく爆発的に増えることになる
すでに増えているのだが

さて解決方法はこれしかない
「ベ-シックインカム」
d0202960_1841126.jpg


ただ役所は制度設計できないし
既得権死守のため、そうとう抵抗するだろう

移行にかかる経費は八百兆、現実的な数値だ
毎月の支給費は一人当たり八万程度
医療教育は無料化する

そのうえではたらくひとには所得税を一律五十%にすれば
成立する
ただ資本主義ではなくなる

先行きのない、シロアリが土台を食い荒らしている
年金制度と
どれだけ増えるか見通せない
生活保護制度は
止めなくてはならない


[PR]
by kongojiamarron | 2016-01-28 18:47 | 政治 | Comments(0)
来週は節分、立春
もう春はそこまで来ている

行きつけのホルモン屋さんで
これを頼み
d0202960_8185119.jpg


炭火に載せる
炭がぱちぱちと跳ねる
しずかな
夜半
じっとみつめると
d0202960_8272916.jpg

生のソ-セ-ジが焼き上がり
春の匂いを醸し出す
[PR]
by kongojiamarron | 2016-01-26 08:28 | グルメ | Comments(0)
明治維新で日本を植民地化するのに
日本国民を分析した
ジャ-ディンマッセソンの手先が
「この国の民は、よらしむべし、しらしむべからず、そして政治的判断能力は無い」
といった言葉はとても重要である

いらい150年間
日本国国民は政治教育はされてこなかった
洗脳はず~~~~っとされてきたのだが
まずは
その下地があることを忘れてはならない

次に革新の皆様だが
これが選挙下手
なぜ下手になるかといえば、烏合の衆だからだ
不平不満が多々ありすぎて
同質の仲間内では通用するのだが
そこから広げようとすると
とんでもないことになる
つまり、広がらないのだ
洗脳されて、政治に無関心な市民は、まずは投票にいかない
つぎにいったとしても、争点がわからないから
現職に盲従する

だからこういうことになる
しごくあたりまえなのだ

候補者もうえから目線の人しか選べない
運動員も意識がからまわりして
上から目線になる

飼い慣らすには
良い国民なのだ
なにせ一揆はあっても「革命」は経験無い国民なのだから
ア-ネスト・サトウとラリ-・パ-クスの言うとおり

しかし
反知性派のネットウヨを笑えないよな
頭のレベルが同じだもの
[PR]
by kongojiamarron | 2016-01-25 10:18 | 政治 | Comments(0)

リオ五輪最終予選に出ている
23歳以下の代表チ-ムの快進撃が続いている

サッカーの世界では、年齢別のカテゴリーがある
大きくは二十歳以下のユ-ス
オリンピックの二十三歳以下
年齢制限のない、フル代表
に分けられる

もちろん十代でフル代表になっている選手も各国にはいる
二十三歳以下の選手は、世界基準でいえば
フル代表チ-ムの中軸として活躍してもいいのだが
わが歴代の代表監督は
協会の選考能力が低いため
トルシェを最後として、その意識がとても薄い

前任者のザックにはいろんなところで批判してきたのだが
とどのつまりは2014年本戦グル-プリ-グでの惨敗をもたらし
協会は批判を避けるため
犯罪者と疑われる監督を早々と、後釜につけた

ザックはクラブの監督しかしたことはない
クラブと代表ではそもそもチ-ムづくりの考え方が違う
前者は限られた選手を組み合わせ
長いシ-ズンを乗り切らなくてはならない
だからザックは固定化をその発想の中心に据えた
チ-ムは安定しても、伸びしろは無い

後者の代表はトルシェ
代表を固定して考えなかった
チ-ムコンセプトはある程度固定されていたが
選ばれた選手は代替わりでその役割を果たした
2002年の時
主軸と考えていた、名波・高原は怪我で選べない
CBの森岡は第一戦でリタイヤしてしまった
それでもベスト16にはいった
トルコ戦で1-0で負けなければ、接戦だったのだからベストエイトにもなれたのに
彼の欠点は試合で勘が著しく低かった・もっともすごかったら超一流監督になっていただろう

さて話を手倉森監督の23歳以下の代表チ-ムにもどそう
かれの優れている点は
チ-ムマネジメントに優れている点だ
いままで四試合こなしているが
選抜した二十三人のうち二十二人を起用している
ひとり使っていないのは第三GKのみ
d0202960_9114683.jpg

その秘密が今日の東京新聞に載っていた
想定はしていたが
まことに見事だといわざるをえない

早川コ-チ秘密兵器である
[PR]
by kongojiamarron | 2016-01-24 09:13 | フットボ-ル | Comments(0)
作家の大野芳氏は明治維新ものを多々書いてはいるが
何時も思うことは一つ
踏み込みが一つたりない
d0202960_8214885.jpg

想像力が足りない
維新政府の大嘘に、おかしいと思いながら
まんまと載せられて
嘘の強化をするはめになっているのだ
この本もそういう本なのだが

しかし重要な点がある
大野氏が否定した部分をつなぎ合わせ
そしてこの国が歩んだ軌跡を世界情勢と照らしあわせれば
恐るべきことが見えてきた
なにも知らない人が読むのはお勧めしないが
一定程度資料を読み込んでいるひとにとっては、役に立つ本である
ただ
大野氏の結論とは異なるが

彼の視点に欠けているのは
・外国資本の関与
・日本の経済状態のトレンド
・明治維新政府のプロパガンダの総量

これを合わせて検討すれば
結論は全く異なる
つまり歴史バカの陥る間違いに気づいたはずなのだが
歴史バカほどコントロールされやすい
なぜなら多くの正反情報をちりばめておけばいいのだから
些末なことで判断停止状態に持ち込まれてしまう

歴史は為政者が常に自己都合に合うように書き換えがなされている
しかし
いくら細密に書き換えても、痕跡は残る
半藤とか保坂の様に、官則してしまうのもいるが

さてこの本の中で大事なところは
熊沢天皇、つまり玉はいろんなところに隠されていた
大室虎之佑は連れ子で大室家に入っている

ますます明治天皇入れ替え説が真実味をもって実感させられた

[PR]
by kongojiamarron | 2016-01-23 08:40 | 風景 | Comments(0)
雪の季節になると新潟のお酒は、より一層うまみを増す

ような気がしてならない

八海山の純米吟醸を前にして
しばし、昔を思い出した
いままでに「八海山」に行こうと三回誘われている
d0202960_891518.jpg

なのに一度も登ったことは無い
一回目は単なるトレッキングのお誘い
お土産に「八海山本醸造」をもらった
当時は地酒ブ-ムで、都内で買うとかなり高価なものだった

二回目と三回目はテレマークのお誘い
リフトは使わず、ひたすら雪山を登り
日本海に向かって
滑り降りる

二回目のお誘い時は技術的に無理ということでお断りした
おそらく重い雪、そしてパックされた硬い所もある
ジャンプタ-ンができないと、難しいだろうと断った
テレマークの用具は、近年アルペン用具に近くなっているが
もともとはクロスカントリーのテクニックなので
踵は固定されていない
平地の滑走は得意なのだが
急峻な下りはテクニックがいるのだ

三回目は行きたかった
たぶん日程が合わなかったのだとおもう
四回目はない
なにせ用具はスカルパの革靴しか残ってないのだから

それに雪山を登って降りる体力も無い

いい酒だよな「八海山」
米どころで、水もいい
日本酒としては無敵なのもわかる
[PR]
by kongojiamarron | 2016-01-23 03:10 | 風景 | Comments(0)
今回のスマップ騒動は、いったん収まったようにみえるが
大きな問題を露呈させてしまった
つまり、フジテレビが自己崩壊のありさまを見せてしまったのだ

テレビ局は
スポンサー様のお金でなりたっている
スポンサーは視聴者の購買行動でなりたっている
テレビドラマで各局の後塵を拝しているフジテレビは致命的な間違いを犯した

そのことにまだ気づいていないのは悲劇というより喜劇
テレビ局としての好感度にダメ-ジを与えてしまったのだ
昨日の朝も、各番組で役に立たない言い訳を繰り返すことになってしまった
挽回は相当難しい

一般大衆は垂れ流しのタレントを受容するということはなくなった
それは一方通行ではなく
大衆の意思が働くような環境が現出しているのだ
だから古い体質の芸能事務所運営はこの先成り立たなくなってくる

当該事務所が、最終的に
四人に、おとがめなしにせざるを得なかったのは
すでに
かれらが考えている
ビジネスモデルが崩壊していることをしめしている

大衆は残酷なものなのだ
今回の騒動でみんながわかったのは
ジャニーズ事務所というのがブラックであることを知ってしまった
キムタクが「くりゅうこうへい」とは全く逆の人間であることが白日のもとに晒された


d0202960_9501767.jpg


なによりも
経営陣が陳謝していないことが致命傷になる
これは
いくら
高齢姉弟、娘
マッチ
が経営陣
だからといって許されないだろう

社会的常識はネットで拡散される
いくらテレビでごまかそうとしても
罪は隠せない
うずは深く大きく広がりつつある
[PR]
by kongojiamarron | 2016-01-22 01:30 | 組織改革 | Comments(0)

12月は11人の経営者の方とおめにかかり
いろんな話をさせていただいたのだが
最近
とても気になっていることがある

それは総じて教養が無いことである
日本のリ-ダたち
特に政界官界
全体が教養欠如なのは
ご存じのとおりであるが
経営者の劣化は
ここ20年間ねんねん酷くなる一方みたいだ

日常的な仕事の話しかできないのでは
経営者として大局をみることはできない
まずは古典を読むこと
そして歴史を学ぶことが大事なのだ
両方とも手に取るべき書物は山の様にある
先達が少ないのは
まあ仕方ないのだが

経営を考えながら
四書五経を読む
中期計画を策定しながら
現代史の構造について考えてみる
という事ができなくては
経営者たるものになれはしない

日本の大学教育は
明治期に官吏促成栽培が主になり
それが直ることなく
140年も続いてしまった

確かに大学教育は大事なのだが
本物の教養を身につけるには
本当は邪魔なのかもしれない

歴史は偉大なラボラトリ-なのだ
過去を学んで
解釈咀嚼できないものに
はたして
未来が見通せるのだろうか

ことしは古典を読み返し
教養ある経営者の方々にお目にかかりたいものだ
ないものねだりになりませぬよう
[PR]
by kongojiamarron | 2016-01-21 02:40 | 組織改革 | Comments(0)