ブログトップ

コンサルの独り言

kongojia.exblog.jp

マ-ケテイング・コンサルタントの独白です。

<   2015年 12月 ( 34 )   > この月の画像一覧

こころよりご冥福をお祈り申し上げます

1月
 5  吉行あぐり107
 20 斉藤仁54
2月
 14 シ-ナ61
 21 板東三津五郎59
 27 レオナ-ド・ニモイ83
3月
 8  塩月弥栄子96
 19 桂米朝89
4月
 13 ギュンタ-グラス87
 20 加藤邦彦74
 30 ベン・E・キング76
5月
 2  マイヤ・プリセツカヤ89
 14 B・Bキング89
 28 今いくよ67
    今井雅之54
6月
 7  クリストファ-・リ-93
 20 貴ノ浪43
7月
 21 川崎敬三82
 23 上田昭夫62
 31 加藤武86
8月
 17 柳原良平84
9月
 5  原節子95
 17 デッドマ-ル・クラマ-90
 19 塩川正十郎93
 22 岸朝子91
10月
 7  橘円蔵81
 12 熊倉一雄88
 31 佐木隆三78
11月
 2  加藤治子92
 10 ヘルム-ト・シュミット96
 20 北の湖敏満62
 22 金永三87
 30 水木しげる93
12月
 6  平良とみ87
 9  野坂明如85
 31 ナタリーコ-ル65
[PR]
by kongojiamarron | 2015-12-31 19:34 | 風景 | Comments(0)
大晦日は蕎麦と決まっている
美味しい蕎麦屋は書き入れ時

混んでしまってとても行く気にならない
というわけで
あそこなら絶対空いているという蕎麦屋へ
まずくはないのだが
親父がひとりでやっている
一人にしては客席がばかに広くて
品数も多すぎ
しかも
頼むとできないものもあり

最初はいたわさにビ-ルと酒を頼む
おしんこも
といったのだが、すっぱいからと断られ
おひたしに変更
d0202960_434774.jpg


客は僕以外は一人
ビ-ルにかつ丼、かけ蕎麦を食べている

酒とおひたしも来た
d0202960_465861.jpg

せわしない年末

今年も間もなく終わりだ
お酒の追加を頼み

もりを一枚たのむ
d0202960_485487.jpg


蕎麦はこんなもの
中の上程度の仕上がり
なのだが

まんぞくして、来年を迎える事としよう


そばきりのせわしきなかに年を越し  自作
[PR]
by kongojiamarron | 2015-12-31 14:30 | グルメ | Comments(0)
今年は暖冬らしい
現時点で開いているスキ-場は30%程度らしい
しかもお正月は暖かい予定らしい

写真は25年ほど前に作った
クロスカントリ-スキ-チ-ムのユニフォ-ム
当時はその周辺に
アルペンスキ-場は少なかった
d0202960_8392369.jpg

冬になるとお客さんが来なくなる
ペンションのオ-ナ-たちが始めた
成果は3年たって
固定客が増え
盛んになった

僕も12月~4月のシ-ズンには
月に3回は通った
金曜の夜に新幹線に乗り
土曜と日曜
楽しんで帰ってくる
板は預けっぱなし
毎週ワックスがけをした
荷物は宅配便で往復するから
会社帰りのビジネスス-ツででかけた

一人が多いから
当然相部屋
常連さん達同士仲良くなる
そしてチ-ムは結成された

12月1月は、休暇村のコ-スを滑る
3月から4月は野山に出かける

アルペンスタイルのスキ-に対しノルディックは平地を移動するのに優れている

磐梯山
雄国沼
吾妻山
エッジのついていない、細い板で、登り、滑り降りる

もちろん下手は転ぶ

檜原湖が高濃度汚染帯になり
裏磐梯にいけなくなって
ぼくの
クロスキ-は封印された、道具はすべて捨てたのに
このトレ-ナ-は残っていた
袖をとおすと
雪の匂いがかすかにする

雪の中風を切って滑る板  自作
[PR]
by kongojiamarron | 2015-12-31 05:10 | 風景 | Comments(0)
日本は明治維新によって
英国系、国際金融資本に乗っ取られた
そして
それは満州事変まで続き
第二次大戦後、は米国に乗っ取られることとなった

現在我が国の実質支配者層は明治維新時と同じ萩藩系
現在、憲法の上に日米合同委員会があり
そこが日本国の方針を決めている
最高裁が憲法判断を砂川判決以降できないのは当然の事である

この百五十年の歴史は洗脳の歴史だった

きっかけは1842年のアヘン戦争
英国の、というより東インド会社の、清国への侵略だった
英国は、というより東インド会社は、清国への益権を確保した
つぎは日本

しかし、はるか日本まで兵隊を派遣して、
英国を消耗させるのは得策ではない
そこで、めをつけたのが、交易相手だった、薩摩と萩藩
しかも
そこの下層階級、朝鮮系部落民
薩摩も萩藩も下級武士というよりもっと下の階層なのだ
特定地域出身者が政権をずっと握っている

まずは、人物金を投入し、両藩を乗っ取らせた
武装集団をつくるため
武器も軍事顧問も派遣した
このあたりは、ロスチャイルド家が得意としていたところ

そして国盗りをする
ここで下級公家、岩倉・九条を巻き込む
天皇を取り換えることを考えたのだ
当時の孝明天皇は公武合体論者
徳川家は王政復古・大政奉還しても、政権に残れると考えていた
なにせ、人材は徳川幕府にいたのだから

しかし、転覆派はそう考えなかった
そっくり入れ替えをかんがえたのだ
孝明天皇の側室、岩倉具視の妹の家で、伊藤博文が槍で、
孝明天皇を突き殺す
子供の睦仁親王は、猿に手をひっかかせ
その傷後に毒薬を塗って殺した

代役の大室虎之佑は、英国軍艦でア-ネスト・サトウの手配で江戸入りして待機していた
睦仁親王の祖父、中山は、孫が殺され、入れ替わったのは知っていた
大室が明治天皇となる

もちろん側近は全員入れ替えされた
天皇の側近は西園寺実則が勤め、かれが詔勅をすべて書いた
明治天皇は人前に姿をさらすことはなかった
しかし入れ替わりの事実は多くの人が知っていた
なによりも、国際金融資本がその事実を押さえていた
京都から江戸に遷都せざるを得なかった

大室は奇兵隊の力士隊だったので身長は174の大男
当時の男たちの平均身長は155程度
孝明天皇とは似ても似つかない

薩長の下等下人達に対して、東インド会社は徹底教育を施した
そのために、まずは留学させる
武器も惜しげなく与える
手足だった、薩摩の赤報隊や萩藩の奇兵隊は、目的がたっせられると、虐殺させられた

維新の主役と称された人たちの暗殺率は計り知れないほど高い
大久保も伊藤も西郷も殺された
しかも
天皇が入れ替わっている
内大臣は大室を知っている、伊藤・土方・田中が勤めることとなる

しかし本当にこれをあやつっていたのは、現存するジャ-ディン・マッセソン、東インド会社だ
国際金融機関の我が国への支配は、戦争による支配
戦時当事者になると、自国のお金は、国際決済には使えなくなる
十九世紀当時は、戦争になると、メキシコ・ドルが決済紙幣になる
なぜなら銀がたくさんとれるからだ
世界は銀本位制

当時の日本には同量ぐらい銀があった
なぜか突然金本位制になり、日本の銀は収奪された
戦時、お金を貸し
中央銀行を押さえる、というのが彼らの手なのだ

明治維新以来、我が国は戦時経済のまま、国際資本の搾取が続く
日露戦争のため欧州に戦時国債を、高橋是清が売りに行くが
もちろん売れない
結局引き受けたのはロスチャイルド家だった
日露戦争に勝ったといっても、利益はロスチャイルド家にはいるだけ
日露戦争から第二次世界大戦まで、戦時国債の償還と準備費のため国家予算の六割が費やされている。

明治天皇、大室虎之佑は糖尿病で、死亡する
虚像を作るため、神話化と、日の丸君が代教育は徹底された

大正天皇、は柳原愛子という側室の子
明治天皇は酒と女にあけくれたから
確認できるだけでも十五人の子供がいる

大正天皇は比較的まともだったのだが
子種がない
そこで、皇后になった貞明皇后に、男があてがわれ
四人の男子と、一人の女子が生まれた
みんな父親が違うので似てはいない
貞明皇后は九条家の出身者ではない
養女であって、中国系とも会津系とももくされる
クェ-カ-教徒だった

浩仁を摂政から天皇にするため
大正天皇は薬殺される
新皇后は薩摩閥が後押しして決まる

結婚を機会に、昭和天皇には右翼テロ、頭山満、が近づく
テロリスト国家が始まることとなる
昭和という時代は
テロリスト国家だった
皇室と右翼の国父、頭山密がくっついたのだ
資金はすべて三菱から出ていた

立憲国家でなく、専制国家となったのは、戦争経済を推進するためである
多くの政治家がテロにあい落命し
犯人はほとんどが特赦された

太平洋戦争に負けたことで
昭和天皇は明治維新の呪縛から逃れた
多くの軍人たちを犠牲にして、だ
とおもった
らしい

現実は、宗主国は英国系国際金融機関から米国にかわっただけだった
米国は明治維新の支配構造を研究していたのだと思う
同じことを仕掛けて支配をしただけなのだ
吉田茂の養父はジャ-ディン・マッセソン横浜支店長
白洲次郎はイラン系英国エ-ジェント
佐藤家は維新の志士たちと同じ村出身者
ずっとつながっている

その二重支配構造は
今に至るまで
変わっていない

明治維新を礼賛し、現代史を国民が学ばないため
「よらしむべし、しらしむべからず」の世界はまだまだ続いている


[PR]
by kongojiamarron | 2015-12-30 04:10 | 政治 | Comments(0)
「生牡蠣を二つね」

この間食べたのが程度が良かったので
期待して待っていると
前回より小ぶりで、しかもポン酢とあさつきがかけてある
えええ
違うよ、違う、生がいいのに
d0202960_13182213.jpg

と思いながら食べてみると、これはこれで美味

コンサルの仕事と同じだな
と深く反省した次第
みえないことを説明するのが大事

昔は知り合いの知り合いばかりがクライアントだったので
期待されていることも
アウトプットもシンプルだった

それがいまでは色んな分野の方からお声がかかる
雑食コンサルなのて
ほとんどの課題は解決可能
基本的に解決できないものはない
ただ前提として費用対効果というものがある
そして
効果の永続性

だから
難しいモノほど、むずかしい事ほど面白い
面白い結果をだせると
この牡蠣の板さんみたいに思っているのかもしれない

来年もよろしくお願いいたします






..
[PR]
by kongojiamarron | 2015-12-30 03:19 | マ-ケティング | Comments(0)
中野剛志氏の名著「TPP亡国論」
2011年の刊行だ
d0202960_9144868.jpg

確か買った物が何処かにあったはずなのだが見当たらない
BOOKOFFで108円で再購入
もう一度読み直すことにする

この人ひところはTVにでずっばりだったのに
いまでは消去されてしまった
時の政権にとっては不都合なひとなのだ

TPPについては、国会決議がまだいきているから
批准は出来ないはずなのだが
どういうわけか
マスゴミは10月5日「大筋合意」と打ち上げた
大筋合意でもそれから、3ヶ月、政府は全文を公開していない
それどころか検討のための臨時国会も開いていない
そのくせ
来年度予算にTPP対策費を計上するという
「明治政府以来の伝統、よらしむべし、しらしむべからず」の徹底みたいだ
まあ
それで上手く行っていたし、うまくいくと思っている

中野氏の提言は簡単なのだ
「TPPの参加は論外、日本の平均関税率は2.6%アメリカより低く、農産物に限っても、平均関税率は12%はけっして高いと言えず、穀物自給率はわずかしかないほど、すでに開国しています。TPPに参加しても、日本の実質的な輸出先は米国しかなく、米国の実質的輸出先は日本しかありません。アジアの成長を取り込むというのは不可能です。」

それではなぜ
TPPについて、時の政権はむちゃぶりしているのか
「宗主国への貢ぎ物外交」
なのだ
ただこの場合の、あいてが米国国民ではなく
米国の支配層、コングロマリットであるという事なのだ

歴史をお勉強しないで、明治維新礼賛TVばかり観ていると、この話はわかんねえだろうな....
再読しよう
[PR]
by kongojiamarron | 2015-12-29 03:13 | 国際情勢 | Comments(0)

印刷した年賀はがきを持ってきて
昨日は名簿整理
今年は幸いなことに
喪中の方はいらっしゃらない

そう、もう両親が亡くなる時期ではなく
自分が
という時期なのだ
その前の小休止時期か

年賀状の裏面に凝るのは止めた
その代わり宛名は自筆で、
下手でも書く
枚数が少なくなったから
なんとかこなせる

昔、一番多いときは三百枚、宛名を手書きしていた
さすがにある年、プリントしたのだが
それは評判がよろしくなかった

去年までは万年筆で書いていたのだが
万年筆は
上手なひとはより上手にみえるのだが
下手なやつは、徹底的に下手に見える
というわけで
ボ-ルペンで書くことにした
少し太めのサファリで
書く
明日には出せそうだ

FACEBOOK友の皆様には
これから全く別物を作成する予定だ

お楽しみに
だれも楽しみにしてないか

年賀状干支めぐりてなき人も  自作
[PR]
by kongojiamarron | 2015-12-28 02:05 | 風景 | Comments(2)
焼いたレバ-はぼそぼそしておいしいものではない
ひところ問題になった刺しは
焼かないからねっとりして
触感がいい

しかし提供したら違法なのだ
d0202960_8523449.jpg


ここのホルモン屋さんにいく
「塩」を頼む

新鮮ですから、あぶるだけ、で食べてください
といわれ
食べる
ううん、美味い

場所は言えない
[PR]
by kongojiamarron | 2015-12-27 04:43 | グルメ | Comments(0)
歴史検証を為政者がやるというときは
「ねつ造する」という意味と同義語である

昨日の東京新聞の社説を貼る
d0202960_1654338.jpg


明治維新以来
反知性主義の国民のおかげでうまくいっているので

ネットウヨの力も借りて
なんとかできると考えているみたいだ
[PR]
by kongojiamarron | 2015-12-26 03:02 | 政治 | Comments(0)
原子力発電所を無理やり再開し

再生可能エネルギーをつぶし
省エネもつぶし
エネルギー関係の可能性の高い新規事業をつぶしてまで
なぜ
原子力発電所再開に固執するのか

昨日の東京新聞「こちら特報部」
でドイツ事情が書かれていた
d0202960_1638183.jpg


ここで大事なポイントは
「核爆弾保有国」ではない


日本は実は潜在的核保有国なのだ
このリストを見てほしい
核爆弾保有国のプルトニュウム保有量
d0202960_16415192.jpg

プルトニュウムから核爆弾は簡単に製造できる
このリストでは民生用と軍事用にわかれているが
日本のプルトニュウム保有量は
民生といいながら
突出して多い

もともとは中曽根と正力が、我が国の核武装を想定して
原発の推進をしてきたのだから
当然といえば当然か
[PR]
by kongojiamarron | 2015-12-25 03:30 | 組織改革 | Comments(0)