ブログトップ

コンサルの独り言

kongojia.exblog.jp

マ-ケテイング・コンサルタントの独白です。

<   2015年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧

何も考えず出店したのに
売れて売れて、仕方ないからもう一店
そのみせも売れて

又一店
気がつけば
10店舗になりました

さあここからです
収益が目に見えて下がり始めるのは
一人のオ-ナ-が見られる限界は3-4店舗なのです
この人材不足の世の中に
10人の優秀な店長は揃いません

お店スタッフが集まらなくなり
お客様が来なくなり
売り上げが減ります
固定費で高いのは人件費と材料費ですから
ここを削減しはじめます

不味くなって、サ-ビスレベルも落ち込みますから
当然ますます売り上げが落ち込みます
そう
潰れるまでの負のスパイラルに入ったのです
こうなると
手が付けられません

ここしばらく
そんな話が立て続けに持ち込まれました
解決方法は簡単なのです
店舗の生産性を上げて
売り上げを伸ばせばいいだけなのです

そのためにどうすべきかが
わからない経営者は
それこそ山の様に居ます

さて
そんなことになるまえに
優秀なコンサルに相談しましょう
[PR]
by kongojiamarron | 2015-06-30 14:51 | マ-ケティング | Comments(0)


ぼくの夏の好物は
トウモロコシ
未だ母が生きていたころ
帰省すると
夏は必ずトウモロコシが用意されていた

d0202960_162426.jpg

トウキビ畑を持っていたから
畑で朝採りして
即茹でしたものだった
昔のトウモロコシは糖分がデンプン化するのが早かったから
もぎってから、茹でる迄の時間が勝負だった

品種改良されて
何時までも甘みが続く物が市場に出回っても
ぼくはあの昔の、甘みの少ない素朴さが好きだった

母が高齢になり
畑を手放し
夏にはトウキビを作らなくなった
そんな夏の日
帰省すると
山盛りのトウモロコシが待っていた

どうしたのこれ
ときくと
母親は隣から分けてもらったという

もう母親の茹でたトウモロコシは食べられないけれど
もう母親の作ったトウモロコシには会えないけれど
これは
懐かしい夏の味

ゆあがりにトウキビ一本むね満たし  自作

[PR]
by kongojiamarron | 2015-06-29 16:24 | グルメ | Comments(0)
東京新聞の特集に「築地」が出ていた
d0202960_9495389.jpg


大昔、築地にあった会社に勤めていた
住んでいたのが埼玉の志木だったので
有楽町線が直通で銀座一丁目に入って行った

途中で乗り換えて、日比谷線の築地駅に降りれば
会社の直ぐ近くに出られたのだが
そういえばあの日比谷線築地駅ではサリン事件が起きた
20年前、ぼくはもうそのころは築地には行ってなかった

毎朝は直通の有楽町線で銀座一丁目で降りる
そこから、会社まで歩いて行く
途中で朝ご飯を食べるのだ
お気に入りは築地場外「きつねや」

日産本社があったビルの目前にあったホテルでは「朝食会」もやった

だからぼくは昔の銀座を知っている
仕事は営業開発だったので
築地の事務所には午前中だけ顔をだして
後は出かけていた
自由な日々だったのだ
[PR]
by kongojiamarron | 2015-06-28 10:00 | 風景 | Comments(0)
ひさしぶりに
MEWE5Fの寿司屋にいった

値付けがらばら
メニュ-も価格も混乱している

まずはお刺身とお酒ビ-ルを頼む
d0202960_715110.jpg

この値段ならこんなものか

次に塩辛とキビナゴの唐揚げを頼む
d0202960_723228.jpg

塩辛はこんなものか

d0202960_7235693.jpg

きびなごは古い物をあげたもの
不味い

そして巻物を締めにした
d0202960_7261843.jpg

巻物は
さすがに回転寿司よりは数等、上等だ

ただ廻らない寿司屋なのだから
肴の工夫は必要だろう
[PR]
by kongojiamarron | 2015-06-27 07:27 | グルメ | Comments(0)
文部科学省という役所は基本的に要らない
教科書の検閲、という憲法違反を堂々とやり

義務教育を崩壊させ
それどころか
今度は右翼教育にも乗り出した
独立行政法人国立大学が入学式卒業式で
国歌国旗の義務はなにもない

なによりも国歌国旗法というのは国歌国旗を定めただけで義務はかかれていない
それどころか
運営金を逆手にとり
文系大學の改変まで求めてきた

独立行政法人になってから10年、国立大学の経営陣は無能でありつづけた
そして今回の存亡の危機にも座して死ぬつもりらしい
d0202960_15201240.jpg


意地をみせろ大學人

そしてもうひとつ国立霞ヶ関競技場の件だ
工事業者と文部科学省とその天下り先JCSが勝手に契約をした
だれがお金をだすのだ
資金の裏付けも何もない
d0202960_1524045.jpg


今までの競技場が1000億円以下なのに2500億円だという
あたまおかしいんじゃないの
d0202960_15261583.jpg

400mの二本のア-チを実現させる、時間と費用と技術は我が国にはない
もちろん世界中にもない

建築屋ならだれでもわかることだ
これにこしつすれば2019年3月にできあがるというのは絵空事になる

さてこの二つを考えても
文部科学笑は解体すべきである
[PR]
by kongojiamarron | 2015-06-25 15:30 | 教育 | Comments(0)

テニスとマネ-ジメントの話を

大昔30代から40代までテニスをしていました
冬場クロカンを始めたので、夏場対策として始めました
10年間やったので、初心者から上級者になりました
いろいろ学ぶ事があった10年間でした


この競技、上達しないとちっとも面白くありません
面白くなるのは中級以降なのですが
その先、上級者になるのには発想の転換がいります
もうひとつ
優秀なコ-チにつかないと、上達しません
それに下手なうちにゲ-ムし始めると、下手なまま経緯してしまいます。

初心者はフォアハンドで、ナチョラルスピンを教えられます
相手のボ-ルがコ-トにバウンドして、落ち際をしたから上に
振り出す、そうすると、ボ-ルに下からの回転がかかつて、ボ-ルはネットを越えて、下に落ちて、コ-ト内に収まります
しかしこれでは強いボ-ルが打てません
強いボ-ルを打つには、ボ-ルがコ-トではねた瞬間に打たねばならないのです。そこまで足を運ばなくてはならないし、手打ちでは上手く行きません。

バックハンド、力のない初心者は両手打ちを奨められます
両手打ちは後ろ手がラケットを引きますので、ティクバックを充分にとりやすいのですが、早いボ-ルを打ったり、スライスやスピン、フラットを打ち分けるには向いていません。中級になるまでに、片手打ちにしなくては上級になれないのです

ボレ-も最初に教わった打ち方と
途中で考え方を変えなくてはならないテクニックです
初心者は飛んできたボ-ルにたいして
体を斜めにして、ラケットを引き、当てます、と教わるのですが
それはフラフラ遅いボ-ルだから対応できるので
近距離で早いボ-ルには全く役に立ちません
オ-プンスタンスで片方の肩を引くだけで
瞬時に面を作って対応が出来なくてはならなくなります

ということで初心者初級者は一年程度で通過したのに
初中級、中級、中上級を通過するには6年かかりました
対策は
全米のコ-チライセンスを持っているコ-チにしばらくプライベ-トレッスンを受けたことです
仕事が忙しい時期でしたが
この一年間のレッスンで無事上級に上がれました
コ-チングのプロのレッスンはとても素晴らしいものでした

上級者になって2年で、ラケットを置く事になるのですが
それは、それ以上の世界は、他の要素が必要だと思いしらされたからです、体力(もう40過ぎてました)能力...etc

さてテニスをしていた10年間で
学んだことは組織改革のコンサルに生きています
「基本は大事にして、応用変化出来なくては次のステ-ジにあがれない」
「コ-チのレベルで上達は決まる、コンサルの能力で企業発展はきまる」
[PR]
by kongojiamarron | 2015-06-24 18:43 | マ-ケティング | Comments(0)
なぜかこの時期になると
キンレンカを思い出す
d0202960_14163488.jpg


昔住んでいた家に咲いていた
花も葉も食べられる
少し辛味があって、大人の味だ

梨木香歩の「西の魔女が死んだ」
の冒頭には、英国人の祖母が、主人公のまいに、サンドイッチをつくるので
裏の畑から
レタスとキンレンカを採って来るように言う
d0202960_1426231.jpg


パンにバタ-を塗り
レタス
キンレンカ
ハム
を挟む

しかしまいは、食べるときキンレンカの葉を抜く
このぴりっとした、辛味が好きじゃ無かったらしい

キンレンカはもちろんサラダにも使える

思いでのなかに咲きたるキンレンカ  自作
[PR]
by kongojiamarron | 2015-06-23 14:33 | 風景 | Comments(0)

起業したら、個人事業主は別として
上場しなくては
昔昔、某社が東証2部から1部になる時
その会社のマ-ケテイング担当マネ-ジャ-だった僕は
ほぼ一年間上場準備を手伝わされたことがあります


あのこれ経営企画室の仕事なんですけど
最初は資料を整えて出せばいいぐらいにしか考えてなかったのですが、幹事証券会社の担当と話しているうちに
なにを必要としているのかがわかりはじめてきたのです
残念ながら経営企画室のぼんくら室長は最後まで理解出来なかったみたいですが

なにが必要かというと
3年間の増収増益(あたりまえです
監査会計体制(あたりまえです
組織としての決済(これは出来てなかったので、手直ししました
そして
これからの事業見通し(人様からお金を集めるのですから、当たり前のことですが、一番大事だと、幹事証券会社の担当さんはいいましたし、僕もそう思いました)

結局、マ-ケティング担当なのに、経営企画室のしりぬぐいに、3ヶ月、大変な目にあいました
ただ、それは財産になっています

その後
上場基準は緩くなり
ナスダックとかなんちゃらのゆるゆるが出来て
ネットバブル企業の話になります

30年前は上場企業というのは信頼の証しだったわけですが
1990年以降はどうもそうでなくなったようです

つい最近、ノムラ証券のあこぎな上場が話題になりました
一覧表を貼り付けておきます
d0202960_7241434.jpg

最近も時々
上場を夢見て、ベンチャ-の方々が相談にこられますが
99%その資格はありません

夢をみるのは大切ですが
実現するのはまた別の話です
[PR]
by kongojiamarron | 2015-06-21 07:24 | 組織改革 | Comments(0)

昨日は雨だったので「雨読」
元外務官僚の孫崎氏著「日米開戦の正体」を読む
d0202960_17474165.jpg

この本は1941年7月2日の御前会議から
12月8日の真珠湾攻撃まで
159日間、いったいなぜ愚挙が決行されてしまったのかについて書いた本

日本において歴史は年号暗記科目となっているが
欧米では歴史学が重視されている、これは孫崎氏がずっと主張していることであるが
歴史というのは過去のはなしではない
在る情況で、人がどう動き、どうなるかという、貴重なラボなのである
だから未来の予測をするうえでは欠かせない学問なのだ
そして為政者が一番恐れる学問でもある

「なぜ今真珠湾攻撃を学びたいとおもったか、それは真珠湾攻撃が日本の歴史上最大の愚挙だからです」と孫崎氏は言っています

指導者が嘘と詭弁で政策を推進する、という事は今も生きていると言います
1.指導者が嘘や詭弁の説明をする
2.この嘘や詭弁で、本来は国民が望まない方向に政策を誘導する
3.マスコミは検証せず、嘘詭弁の拡散に務める
4.国民はこの嘘や詭弁を信じ(信じるふりをし)政策を容認する
まさに安倍政権

そして
「主義主張よりも、勢力の最強なものと一体になることを重視する」
それが日本の指導者層・官僚の特性でもあります
吉田茂は英米派として軍部と対峙していたわけではありません、田中義一首相のとき満州での軍使用を指示していました。
のちに外務次官となって親米派の代表とみなされた牛場信彦も戦中は枢軸国派のごりごりでした。

僕は組織改革のコンサルですから
まず大事にしたいのは
嘘の皮を剥ぎ取ることなのです
そして
その組織の行方がどうなるかについて
見きわめる
修正はファンドメンタルからしなくてはならないのが本筋です
表面がピカピカでも
中味が腐っている事はよくあるのです

「日米開戦の正体」祥伝社 孫崎享著
買うべし
読むべし

































.
[PR]
by kongojiamarron | 2015-06-20 17:48 | 政治 | Comments(0)
1965年の米国・イタリア合作映画
d0202960_17172317.jpg

原作は1957年にパステルナ-クが書いた同名の小説
1958年ノ-ベル文学賞になるが
ソビエト連邦はパステルナ-クが授賞式にでれば、再入国は保証しないといい
パステルナ-クは辞退するしかなかった

物語の背景はロシア革命
医師のジバゴとラ-ラの愛の物語
ジバゴをオマ-シャリフ
ラ-ラはジュり-・クリスティン
奥さんのト-ニャはジュラルディン・チャップリン(チャップリンの娘)

パステルナ-ク自身、奥さんがいながら愛人がいた
もちろんジュリ-クリスティほど美人では無いが

ソビエト連邦が原作を発禁にしたため、イタリアで発刊され、それが米国に伝わった
ロケはスペインで行われ、真夏に真冬を現出させた

監督は巨匠デビット・リ-ン
「アラビアのロレンス」「ライアンの娘」等等大作を撮らせたら右に出る物は無い
音楽はモ-リスジャ-ル
全編に流れる「ラ-ラのテ-マ」は見終わったとき、おもわず口ずさんでいる
1965年のオスカ-は5部門を獲得するのだが
この年は「サウンドオブミュ-ジック」が作品賞と監督賞という主要部門を押さえ5部門になる
ラ-ラを演じたジュリ-クリスティは同年「ダ-リング」で主演女優賞をとり一躍トップスタ-になった

脚色賞 - ロバート・ボルト
撮影賞(カラー) - フレデリック・A・ヤング
作曲賞 - モーリス・ジャール
美術監督・装置賞(カラー) - ジョン・ボックス、テリー・マーシュ、ダリオ・シモニ
衣裳デザイン賞(カラー) - フィリス・ダルトン

美術賞・デザイン賞をとったこの映画は
主人公の妻ト-ニャのピンクのドレスに思わず息をのまされる
そして若いラ-ラの真っ赤なドレス
見どころ満載である

さいわいにして
DVDには130分の解説編がついている
本編200分を見終わってもさらに楽しめるのだ
[PR]
by kongojiamarron | 2015-06-19 17:40 | エンタメ | Comments(0)