ブログトップ

コンサルの独り言

kongojia.exblog.jp

マ-ケテイング・コンサルタントの独白です。

<   2015年 04月 ( 38 )   > この月の画像一覧

d0202960_20142559.jpg

「なにわOL道」はいまから18年前
バブルが崩壊して
日本の先行きが見えなくなった頃(今は真っ暗闇だが)
苑田知江女史によってかかれた


イラストはひさうちみきお
この絵はなかなか惹かれる

東京の子らとは友達になれへん、という文化論からはじまる

僕自身は
若い頃仕事で頻繁に大阪に行き
関西人と交流し
一番印象が強いのは
「ボケ」と「つっこみ」
日常会話の中で普通に出て来る

最近おもうのだが
ボケるには
良い突っ込みがなくては成立しない
それも
当意即妙
洗練されたコミュニケ-ションなのだ

それをデイトのときもやれ
というのが苑田氏のアドバイス
たぶん地方出身者の多い東京では成り立たない会話だろうが
土着の民が多いなにわなら
文化として身についてるから
成り立つに違いない

そういえば大阪市長はつっこみもないのに
一人でぼけている
高度な一人ぼけというのも「なにわOL道」で紹介されてはいるが
達人の域にはほど遠い
相手がタケナカヘイゾウ氏じゃね
[PR]
by kongojiamarron | 2015-04-30 20:14 | エンタメ | Comments(0)
こんな馬鹿を選んだのはだ~れ?

今朝のコラム、とてもよかったので、ブログ書くかわりに貼ります
d0202960_915349.jpg

[PR]
by kongojiamarron | 2015-04-29 09:16 | 国際情勢 | Comments(0)

春すぎて夏来にけらし白妙の
衣ほすてふ天の香具山     持統天皇

持統天皇のこのうたは今の時期にぴったりする
新古今和歌集では夏歌に入っているが


というわけで今日僕も季節物を入れ替えた
クリ-ニング屋さんが季節保管してくれていた夏物
背広2ジャケット8パンツ6を持って来てもらったのだ
写真の様に狭いスペ-スなので、年に二回入れ替えなくてはならない
d0202960_1195486.jpg

冬物は痛みやすいが夏物は何年たってもきれいだ
夏ものはこれから7月上旬までと
8月下旬から9月末までの3ヶ月ぐらいしか着ない
猛暑の一ヶ月はノ-ジャケで失礼させていただく

それに引き換え冬物は6ヶ月以上着るのだから
痛みやすい、所々にシミがあったりする
これはあの飲み屋
これはあの送別会
これはあの祝宴.....

おもひでに ひたるまもなき ころもがえ  自作
[PR]
by kongojiamarron | 2015-04-28 01:21 | 風景 | Comments(0)
愚痴をいうのはここだけ

今月は自称「改革者」お三方のお里がしれた
改革のリ-ダ-をいくら標榜しても
ニセモノはわかる
本物の改革コンサルタントを舐めるなよ

改革のリ-ダ-は
身を切る覚悟がいる
まずは身を切ってから改革がはじまるのだ
きれいごとの傍観者は改革者になれない
改革者気取りのニセモノなのだ

大學は改革流行
大學人で「改革」の言葉を言わない人はいない
しかし総論と概念だけ
具体策も
覚悟もない
大學は直ぐには潰れないから、甘く見ている

企業は潰れるからいいのだが
おこちゃま経営者が増えたので
最初にこの本を渡し、自己判断してもらう
d0202960_12362577.jpg


数字が読めないというのは致命的なのだ
経営者の資格が無い
そんなやつはいないと思っていたら
デザイナ-あがりの経営者にいた
もちろん
今は失速している
破綻まで秒読み

さて
貴方の組織は大丈夫ですか??
[PR]
by kongojiamarron | 2015-04-27 12:39 | 組織改革 | Comments(0)

コンサルタントへの依頼効果というのは
何時も繰り返しいうのですが
「人生は買えませんが、時間は買えます」
ということです


貴方、とてつもない無駄をしていませんか
A地点からB地点にいくため
普通道路を通れば6時間
高速料金を払って高速道路を通れば2時間
さて
どちらを選びますか
しかも一般道には艱難辛苦が待っているのです

ビジネスシ-ンでは時間というのが
とても大事な要素なのです
これは学校ではおしえてくれません

お金をはらってセ-ブした4時間をつかえなければ企業家としては失格なのです

僕は組織改革のコンサルですから
動作手順とかマニュアルがまず最初に整備される部分だと思ってます
組織は人の集合体ですから
勝手に行動すると
大量のロスが発生します
これを出来るだけ少なくして
他の高次な仕事に振り分けるのです

よくマニュアルが無い事を売り物にしている会社がありますが
そのことでクリエィティブな仕事が出来ているかといえば
逆に無駄な仕事に忙殺されているのが現状でしょう

起業することが目的では無く
自分の目標を実現させるのが目標ならば

僕たちの提言
「人生は買えませんが、時間は買えます」

とても大事だとわかるはずです
[PR]
by kongojiamarron | 2015-04-26 11:11 | マ-ケティング | Comments(0)
貴方の尊い心をここに

基金設立から2週間で8900万円を越えたという
d0202960_17304716.jpg


みなさんのご協力を辺野古基金に
[PR]
by kongojiamarron | 2015-04-25 17:31 | 風景 | Comments(0)
クラウス・コルドンの三部作最後は「ベルリン1945」
ベルリンに住んだ
ゲ-プハルト一家の物語である

1919年のドイツ革命から1945年のベルリン崩壊までナチとの対決は続いている
d0202960_16361533.jpg


1945年2月、ベルリンは瓦礫の山だった
しかしそのなかにも250万人の市民が住んでいた

5月にベルリンは連合軍に占領されるのだが
東と西に分かれる
東はスタ-リニズムに支配される

1945はエンディングではないことを知っている
それは新たな苦難のはじまりだった
1989年11月
ベルリンの壁が崩壊するまでは
[PR]
by kongojiamarron | 2015-04-25 16:47 | エンタメ | Comments(0)
エディデュ-ティン(1909-1951)
の伝記をもとに脚色を加えて作ったのがこの作品
本当とはかなり違うというのは
息子のピ-タ-ディユゥティン(1937~)が書いている

映画としては良く出来ている
最初は1927年のセントラルパ-クカジノから始まる
リンドバ-グが単独で大西洋横断をした頃だ
d0202960_20391587.jpg

セントラルパ-クカジノには当時のニュ-ヨ-ク市長
ジミ-ウォ-カ-(1926-1932在任)もやってくる

この映画一人のピアニストの人生を描いている
成功して美しい奥さんをもらい
子供と引き換えに失うのが前半
後半は自分と子供のはなしになる

前半のヒロインはキムノバック23歳
後半はビクトリアショ-21歳
主人公のタイロンパワ-は当時42歳だった
前半は少し無理のある若作りだった
タイロンパワ-は44歳で亡くなっている
ビクトリアショ-は53歳で亡くなり
キムノバックのみ82歳で存命なのだ

この映画タイロンパワ-の指使いは見事なのだが
実際に弾いているのはカ-メンキャバレロ(1913-1989)
かれはこの映画のヒットで食うに困らなくなった

全編の主役はセントラルパ-ク、カジノは1956年にはもうなかった

音楽もファッションもしゃれた映画なのだ
しかも
人生をすべて見せてくれる

ぼくはこの映画、最初に日曜洋画劇場で見
銀座の東宝シネマでリバイバルを見
DVDを買った

永遠の名作である
[PR]
by kongojiamarron | 2015-04-24 20:54 | エンタメ | Comments(0)
大学改革の重要項目として
社会貢献・地域連帯というのがあります

写真は野州市の教育貧困家庭支援の仕組みですが
大學はこのことに無関心であってはいけません
d0202960_7253083.jpg

地域の教育貧困家庭支援に乗り出すのです
学習塾にいけない小中生の基礎学習支援をする事
とても大事です
大學は象牙の塔ではありません

教える事は学ぶ事なのです
教員も職員も学生も
子供達を教える事に取り組みましょう

これは無償のこういでなくてはなりません
しかし大學にとって貴重な財産となることでしょう
[PR]
by kongojiamarron | 2015-04-24 07:25 | 教育 | Comments(0)

クラウス・コルドンの小説「ベルリン1919」
はベルリンに住む貧しい一家の目をとおして
ドイツ革命「スパルタクス団の蜂起」について書かれている
d0202960_11531075.jpg

ご存じのようにスパルタクスはロ-マ時代の剣闘士
ロ-マ市民階級の圧政に苦しみ蜂起し、鎮圧された


そういえば「ドイツ革命」という本をもっていたな
と1972年に出たこの本を発見、この本がでたころは
ベルリンは東西に分かれ、壁も存在していた
d0202960_11533683.jpg

ドイツ革命は1918年11月にはじまり1919年1月に終わる
もともとドイツは都市国家、帝国になったのは1871年
国家という概念はなかった、ここは日本も他の諸国も19世紀は同じ
国粋主義者の皆様は嘘をいってはいけない

さて、ドイツ帝国は1888年ウイルヘルム二世が皇帝に就任するが
1918年11月9日ドイツ帝国は第一次世界大戦に敗れる
ウィルヘルム二世は10日オランダに亡命
3日にキ-ル港で水兵の反乱があったためだ

ここから無秩序状態になっていく
1919年1月5日ベルリンでスパルタクス団が武装蜂起する
ここで鎮圧に登場するのが「ドイツ義勇軍」
かれらは退役軍人で、社会には不適合、おおくは共産主義に反感をもっていた、彼らはドイツ社会民主党メンバーで国防大臣グスタフ・ノスケから多大な支援を受け、ノスケは彼らをドイツ革命の鎮圧や1919年1月15日のカール・リープクネヒトおよびローザ・ルクセンブルクの処刑を含むスパルタクス団の壊滅、1919年のバイエルン・レーテ共和国打倒などに利用した。

この義勇軍からナチに入党した軍人はとても多かった

1919年1月15日カ-ルリ-プクネヒトとロ-ザルクセンブルグが惨殺されドイツ革命は終わる。貧乏人の自由主義の敗北である。
ワイマ-ル共和国憲法が制定されエ-ベルトが大統領となる

6月28日に調印されたベルサイユ条約は
多額の賠償金をドイツに課すものだった。ハイパ-インフレの登場である
ここから未来を約束した「国家社会主義ドイツ労働者党」が勢力を拡大していくことになる、ヒットラ-がこの党(ナチ)の党首になったのは1921年7月29日の事だった。

歴史にもし、があってはならないのだが
あのときスパルタクス団が勝利していたらどうなっていただろう
しかし民衆は彼らを見殺しにした。銀行家企業家退役軍人は抹殺に動いた

1833年のフランスでも同じ事がおきている
学生の一斉蜂起に民衆は蜂起せず、虐殺されることになる
「レ・ミゼラブル」の世界である

歴史を学ぶということは未来を予測するという事なのだ
過去を多面的に見据えれば未来はみえる

「温故知新」まさにそのとおりなのだ
[PR]
by kongojiamarron | 2015-04-22 11:53 | 国際情勢 | Comments(0)