ブログトップ

コンサルの独り言

kongojia.exblog.jp

マ-ケテイング・コンサルタントの独白です。

<   2015年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

「格差社会」を作る事をずっとやってきた
アベノミスの結果がこれだ

事件はアベノミスの格差貧困社会製造の結果なのだ

被害者の少年は母子家庭
離婚して祖父祖母をたよったが
祖母が倒れてしまう
高齢者に優しくない社会は家族がみなくてはならない

母親は生活保護の申請に行く
しかし、自民党政権は生活保護支給者を排除する政策

子供達は貧困せいかつになり
ゲ-ムセンタ-で時間を過ごす
そしてそこで貧困グル-プと出会うことになる
遊びがねを作る為万引きを強要され、断って暴力を振るわれる

学校はしらんぷり、面倒くさくなるのがいやなのだ
周りの大人はだれも保護しようとはしない
そんな暇はないのだ

そして加害者の少年達
中卒で高校にはいっていない
就職はできない、うっくつした生活
未来の無い、少年達がより弱いモノを殺した
やりきれないはなしなのだ

この話は
日本国中に転がっている
子供達は
親にも行政にも守られていないのだ

それが2015年の日本の現実なのだろう
[PR]
by kongojiamarron | 2015-02-28 12:48 | 風景 | Comments(0)
d0202960_448022.jpg


この本は2007年に上程された
ノンフィクション作家の関岡氏と精神科医和田氏の共著である
おりしも
小泉竹中政権がジャバニ-ズスタンダ-ドを全否定して
アメリカ化を「改革」と標榜していた頃のはなしである

そしてそれは民主党により覆されるのだが
それもまた内部ク-デタ-によりひっくり返る
またもときた道をまっしぐらという状態が2015年現在なのだ

最貧国「アメリカ」にならないように、という大事な指摘なのだ

医療そして食料安全については、また別の機会にかくとして
ここでは「教育」について
この本の指摘から展開してみたい

2005年ユネスコとOECDが大學のグロ-バルスタンダ-ドをつくるべしという提案をしています
何気ないきじなのですが、この10年米国はこのことを画策し着々と進めています
しかし
米国の歴史浅いなんちゃって大學とは異なり
欧州の大學はそんな話にはのりません
なにせ高等教育は国のリ-ダを作る大事な機関だというのが徹底していますから

そこでこの話にのせられているのが日本なのです
ここしばらくの文科省のグロ-バルスタンダ-ド化はこの米国教育産業のトレ-スに乗っています
馬鹿な大學人の多い日本での展開を考えたのでしょう

アメリカのテスト業者ETSがTOEFLやTOEICを作っている
これで最近英検がスポイルされている理由がわかるでしょう
それどころかSAT(アメリカの学習能力適性テスト)までつくってます
ここまできてぴ~んときましたか

そうダイガクニュウシセンタ-の廃止と適性テストの実施はこの延長線上にあります
SAT自体は程度が低いテストです、なにせ貧民大国の教育しないテストですから

日本占領のママ統治をつづけている米国としては
教育体系自体を自国の貧民教育に近づける事が一番とおもっています
そして
そのことを従順に従っているのが文部科学省官僚なのです
[PR]
by kongojiamarron | 2015-02-27 05:16 | 国際情勢 | Comments(0)
自民党野田派が、フクイチの収束宣言をしたのが
2011年12月、3年もまえのことだ
しかし
放射能は垂れ流しのじょうたいであることが
判明した
d0202960_3472476.jpg


あれ、完全にブロックされているといってIOCを騙したのね
アベチャンは道徳教育が必要だ、おまけに政治資金の不正下村文科相も
d0202960_3484536.jpg


嘘つきは泥棒のはじまり
あ、もう税金泥棒になっている


この問題はチェック機関としてのマスコミがマスゴミとなってなにも言わないことにおおきな原因がある
おりしもモ-ニングに連載されている「フクイチ」の2巻目が発売された
作業員になった漫画家のルポである
d0202960_35699.jpg


そして
東京新聞は
現場作業員のルポを愚直につとめている
d0202960_3564380.jpg


すべてを無かったことになどできない
いま
我が国は原発戦争のまっただ中にいる
死ぬか
生きるか
の瀬戸際だということを忘れてはならない
[PR]
by kongojiamarron | 2015-02-26 03:58 | 風景 | Comments(0)
異文化・異民族の交流についてです

縦軸に「変化する」「変化しない」
横軸に「受け入れる」「受け入れない」
をとると4つの象限に分けられます
d0202960_5301723.jpg


それぞれに彩り星印を付けて見た
左下、赤星、「受け入れない」「変化しない」
これを「排斥」と呼びます

左上、黄色星「受け入れない」「変化する」
これを「同化」と呼びます

右下、「受け入れる」「変化しない」
これを「棲み分け」と呼びます

変化もしない、受け入れもしない、というのはかつての攘夷思想でもあります。異民族・異文化とのまじわりを拒否する
この思想は一見一番強固なきがしますが
恐れからきていますから、もろいものです

現実の世界では「同化」か「棲み分け」という
選択が多いのです、そしてこのことを世に言う「共生」にしていますが
本来の意味で言う「共生」とは異なります

「同化」も「棲み分け」も人間を幸福にはしません
排斥にただいきたくない、ブレ-キングにすぎないからです

未来は
「変化し」「受け入れる」事なのです
それをこの先生は、すこしくたびれた「共生」という言葉の代わりに
「共笑」ともってきました

なんとすてきな言葉なのでしょう
ともに笑うこと
共を「楽」「学」「活」「産」とつけるのもいいのですが
「笑」に付ける
とてもすばらしい言葉だとおもいませんか

組織改革のコンサルとして、胸にず~んときました
[PR]
by kongojiamarron | 2015-02-25 05:30 | 国際情勢 | Comments(0)
安倍政権は小泉政権と同じ系列
つまり
米国の植民地政策で権力を維持している売国奴なのだ

政権についてまずしたのは
外人投資家への大量資金投下
株価いじというと聞こえはいいが
外人投資家におおよそ52兆円のお金を与えた

しかしそれだけではたりず
年金基金も投入し始めた

さてもう一つ宗主米国からいわれているのは
市場開放
医療保険とともに食料市場開放を厳命されている

だからまずは農協を消滅させ
TPPによる市場開放をしようとしている
TPPはタイムリミットがこの4月
ここにきて農林族上がりの西川前農相が抵抗を試みた
その結果
米国→民主→官邸
で解任されたのだ

公認はTPP開放の売国奴ハヤシ
いかにも
という人事なのだ
[PR]
by kongojiamarron | 2015-02-24 17:52 | 政治 | Comments(0)

昨日の東京新聞の社説
自治体がやっている、シルバ-大學のはなしだ
僕は
この手の記事をみるたび
認可された学校法人はなにをやっているのか

何時も思うのだ

d0202960_5235761.jpg

理由は3つ
・自治体の体系も無いなんちゃつて大學を大學と呼ばせていいのか
・生涯教育センタ-というお荷物プログラムで高齢者教育を避けていいのか
・学問を世に広める大學の役割を考えたことがあるのか

本当に学びたい高齢者を学内導入することを
考えたコトがないのだろう
18歳高卒者を4年間でトコロテン式に排泄することしか考えていない
馬鹿大學人が多いから
というのもある

65歳以上の進学率は20%程度だったろう
学問をしたくても、出来る環境にはなかった
学問は一生なのだから、この人達をとりこまない手はない

まずは導入プログラムを作る
聴講生→ 受講予備プログラム → 入学
別に4年で卒業する必要はない、原則8年にすればいい
卒業しなくてもいい
研究所を作って研究員にも、講師にもなれるようにしたらいい

さて
当然お金の面も考えなくてはならない
ここは文科省と厚労省の出番となる
もちろん篤志家・企業の出番でもある

社会全体のト-タルコストを考えたら有用な投資であることは論をまたない
[PR]
by kongojiamarron | 2015-02-24 05:25 | 教育 | Comments(0)
今朝の東京新聞読者欄に次の投稿があった
いくら臭い物に蓋をしようとも
見るべき大衆は気がついている
d0202960_932617.jpg


こんなばかげた決着を許しているのは
ひたすらマスゴミのせいである
そして
その醜聞をもみ消しているのが
川淵-電通ライン

日本サッカ-協会は広告代理店の金儲け機関と化している
それを推進してきたのが川淵最高顧問
かって貧乏だった協会は
スポンサ-料でまわり、潤うようになった
それが
行き着くところまで行けば
実力無きザックジャパンの敗退
アギ-レの進退問題
につながる

馬鹿なバスケット協会は
その川淵最高顧問を呼んだ
バスケットリ-グを統一し、大もうけ体質にしてほしいという願いらしい
d0202960_912393.jpg


スポ-ツ界は純粋で馬鹿が多い
よって
ずるがしこい奴にやられやすい

日本サッカ-協会はこのままですむとおもうなよ
[PR]
by kongojiamarron | 2015-02-23 09:15 | フットボ-ル | Comments(0)
組織や会社を運営していくうえで
コンサルタントの役割はとても大事なのだ

その大事さ加減がわからないとマネ-ジメントは出来ない
若い頃
調査分析、報告提案をして
オ-ナ-経営者から
高額でボ-ドに誘われる事が何回かあった

当時の僕もお相手も勘違いしているのだが
客観的に外部からぶれない提言をしている人間がボ-ドにはいってしまうと
その一番大切な長所
客観的指摘が出来なくなる
辛辣さも無くなる
d0202960_12503473.jpg

一方
経営者は主体で組織を引っ張っていかなくてはならない
そのときは強引でいい
しかし反面それを客観的にみられる人が必要なのだ
社内に作るのは難しい
ましてや一人の人格では出来ないし、無理がある

コンサルタントが機能を発揮するのだ

さいきんきになるのは
逆に、経営者が客体化してしまうケ-ス
おいおい客観的にみて評論してはいけないよ

頭が良くて先が見えてしまう人でそういう人がとても多い
デニ-ズにいた役員
Sにいた部長さん
教育機関にいる教授
考えると沢山いる

あの
その部分は貴方にはいらない部分です
経営者として、貴方がすべき事では無いのです

最近も某WEB関係のCEO
某アパレルCEOがそうだった
まもなく
劣化組織となる

さて組織を引っ張る人は
客体と主体をよ~~~~くかんがえましょう

[PR]
by kongojiamarron | 2015-02-22 08:56 | 組織改革 | Comments(2)
就活にうかれている学生のバブル傾向が目立つ
という調査結果が今朝の東京新聞に載った

d0202960_15491357.jpg

現在の大学三年生から就職活動解禁は3月からになった
そこで
情報の少なさから
景気のあおりに浮かれているというのが現状だろう

就職環境のメリットとしては
団塊世代のリタイヤで人手が少なくなったというのもある

しかし人事担当者が無能だというのもある

だからこの結果は
大學就職部の稚拙さがでた結果と読む
まだ
採用バブルではない
[PR]
by kongojiamarron | 2015-02-21 15:54 | 風景 | Comments(0)
4年前フクイチから排出された放射能は
関東圏にいまも濃く滞積している
東京新聞が発表した
d0202960_14331629.jpg


淡水魚はこのよどんだ中で
濃縮汚染されている

ギンブナ
コイ
ウナギ
モツゴ
アメリカナマズ
などは要注意なのだ
[PR]
by kongojiamarron | 2015-02-20 14:37 | 風景 | Comments(0)