ブログトップ

コンサルの独り言

kongojia.exblog.jp

マ-ケテイング・コンサルタントの独白です。

<   2012年 07月 ( 40 )   > この月の画像一覧

国民の声が騒音にしか聞こえない
そういう首相が官邸に居て、毎週末20万人もの国民が
原発反対を叫んでいる

国民は野田君に政権を任せた意識はない
解散して民意を問うのが筋だろう

大飯原発が動き
国会事故調査委員会報告書がでた
しかし、この報告書を生かそうとする試みは
民主自民ともにない
なぜなら犯人だからだ

犯人達は電気料金を強引に上げた
債務超過の東電をすくうため、金融機関を救うため
天下り先を救うためだ

そして規制委員会人事ではだれもが驚くことがなされた
d0202960_718187.jpg

推進派の犯罪人達をならべたのだ
しかも
処理に当たって被爆被害を拡大させたご当人達が委員とは

今日の東京新聞の社説はこう述べている
d0202960_7222877.jpg

いくらマスゴミの走狗NHKがごまかしをやろうとも
国民は怒っている
国が国民の生命財産を守らないどころか脅かすのなら
国民は立ち上がらなくては成らないだろう
[PR]
by kongojiamarron | 2012-07-31 07:26 | 政治 | Comments(0)
昭和30年代に整備が始まった日野豊田地区は
駅前ショツピングセンタ-が取り壊しされ

ろくでもないイオンモ-ルが出店を決めた
もともと
その後ろは広大な団地だったがここも高層化して
あまった用地は、悪徳長谷工がマンション
大和ハウスが建て売りをしている

そしてその外側の工場群
ここはほとんどが撤退し廃墟となっている
富士電機は工場汚染地帯にマンション開発をした
東芝は工場をすべて壊した
日野自動車は茨城県に用地を買って移転を開始した
いま残っているのは帝人の研究所とコニカミノルタだけ

日本の物作りを支えた工業都市はあとかたもない
そのあとかたもない
地域の歴史もない場所で始まったのが
ひのよさこいまつりだ

日野市はごたぶんにもれず商工会自体が無能装置化しているので
プロデュ-ス能力無しのさっぱりしたまつりだ
人手もすくない
滅び行く商店主たちがボランティアにかり出され
新住民の子弟が舞うだけ
壮大なる無駄を重ねて12回目
これは
ほめた方がいいのか判断に迷う

その一部を紹介する、他地区から乗り込んできた腕に覚えのあるチ-ムは素晴らしいのだが
なにせ観客がいない
d0202960_6111624.jpg
d0202960_6123529.jpg
d0202960_6134482.jpg
d0202960_6144930.jpg
d0202960_617069.jpg
d0202960_6203330.jpg


地域興しが一過性のイベントで達成するはずもない
しかし、それ以外考えつかないという悲しさを
灼熱の下でおもったのだった
[PR]
by kongojiamarron | 2012-07-30 06:23 | 風景 | Comments(0)
3年続きでシラスの不漁で
鰻の高騰は止まるところをしらない

土用は昨日だったが、べつに夏に脂ののってない鰻をたべてもおいしくないだろうに

大伴家持の歌に
石麻呂に吾もの申す夏痩せに良しというものぞ鰻魚り食せ
痩す痩すも生けあらばあらむをはたやはた鰻を魚ると川にながるな

というのがある、江戸時代の平賀源内や太田蜀山人の夏鰻以前のはなしである

もう40年以上も前、利根川の鰻採りに同行した
それは巨大なもので、ぶつ切りにして、炭火で焼いて食べたのだが
皮が硬くて美味しい物では無かった

30代のころ飯倉の野田岩で鰻をたべるのだが
細身のものを背開きにして、蒸してある関東流の意味が15年ぶりにわかった

しかし50代の時中部地方の鰻を食べてまた意識がかわった
小ぶりのものを頭をつけたまま炭火焼きしてある
蒸さないから、うま味が凝縮されている
しかも天然物だ、これは旨い、東京では食べられない
江戸っ子は不味い鰻をず~~~~~っと我慢して食べてきたのだ

美味しい鰻はいまも地方都市に生きている
首都圏で美味しい鰻は食べられない
ス-パ-の中国産は人間の食べるものではない

高コレステロ-ルを直して
あの中部都市まで行きたいものだ

みちのくの炭火の上に鰻匂う   自作
[PR]
by kongojiamarron | 2012-07-29 08:48 | グルメ | Comments(0)
細野環境相の頭は狂っているとしか思えない
5人の原子力規制委員候補が発表されたのだが
5人のうち3人は明らかに原発村での推進者
残り二人は中間派で
任期も
委員長が5年
推進派の中村氏と更田氏が3年
あとのお二人は2年となっている
d0202960_747452.jpg

ストレステストというインチキテストを終えた20基の原発を順次再開し
核燃料サイクルという、原子爆弾をつくる装置をなんとしても維持したいみたいだ

さすがに民主党のへなちょこ議員達も
この露骨な人事に怒った
d0202960_7505056.jpg


毎週金曜日の官邸前デモを「大きな音」といい
国会事故調査委員会報告書を無視し続ける野田佳彦くんに

横道衆議院議長は事故報告書を提出するとき
「原子力規制委員会が十分機能するまで拙速に物事を進めないよう」
という意見をかいた文書を付けた

とうぜんドジョウくんはぺろりと舌をだした
米国にノダセヨシコと二回も誤発表されたドジョウくん
打たれ強い
というより脳がないだけなのかもしれない
[PR]
by kongojiamarron | 2012-07-28 08:00 | 政治 | Comments(0)
中村佳代子氏のおかしさはいろんなところでいわれているが
規制しない委員長田中俊一氏よりさらに酷い

そのなかの一例武田先生の指摘を彼のメルマガから貼っておく


委員の候補として上がっている中村佳代子氏が福島で講演し「低線量被曝は問題ない」と発言したと報道されていることを国民として検討しなければならない。
彼女は日本アイソトープ協会に所属し、「低線量被曝(1年1ミリ)の規制」に深く関係している。アイソトープ協会は放射性物質を取り扱うビジネスをしているところで、規制値が厳しい方が取扱量が増えます.だから、今までも1年1ミリを厳しく守ってきた組織だ.
事故が起こらない前には低線量被曝を問題にして日本アイソトープ協会が扱う放射性物質の量を増やして商売をし、事故が起こると「低線量被曝など大丈夫」と豹変したとしたら、「ひ弱」どころか、専門家としての見識が疑われる。

さらに問題なのが「遵法精神」である。原子力の規制で重要なのは、
1)推進の立場で物を考えるのではなく、安全を第一とする、
2)規制と規制の精神を守る、
ということである。そして日本の規制の法規には「被曝はできるだけ減らすこと」と明記してある.原子力規制から言うと「低線量被曝」は避けるべきことなのだ。

もともと、原子力委員会に加えて原子力安全委員会を作ったのは、人間の脳の欠陥(自分が有利になるものが正しいと錯覚する)を補うためである。だから、原子力安全関係の委員は原子力を推進したら名誉を得たり、お金を得たりするのではなく、物理などを専門としているが、原子力には「やや批判的」な人材を登用しなければならない。
原子力を推進する側は理論的合理的に、批判的な人を説得できること、それで始めて原子力の安全が保たれる。その点では、昨日のブログで指摘したように、すでに現在の日本は「困難な問題を正面から議論する勇気と根気」を失っているように見える。「原子力の批判的な学者を使えば、原子力ができなくなる」(安全に自信と説得力がない)ということが原子力安全委員会を有名無実にした一つの原因でもある。
どんなに批判的な人でも、オープンで議論したら、理論的、合理的なものを反対するのは難しい。もしそれが学問的に判断できるものであればなおさらである。

中村さんが具体的に「違法行為(低線量被曝は気にする必要がない)」、「法規で退避を必要とするところに住んでいても良い」などということを教唆したかどうかは講演の詳細が不明だからわからないが、この際、国かご本人が講演の全記録を示し、「違法行為を教唆したり、法律の趣旨に反したりする意図がない」ことを公にしなければならないだろう。
国民は心の底から原子力の実施、福島方面の人の健康を心配しているし、それは事故を起こした日本人、日本の親の責務でもある.

以上武田先生からのメルマガ

反論を期待したい、反論できるならば
[PR]
by kongojiamarron | 2012-07-27 20:29 | 政治 | Comments(0)
大飯原発再稼働と同じ論理なのだ
安全性はなく、一部の利益のため国民は忍従しろという

オスプレイの事故率はかなり高い
つい先日軍事御用評論家の岡部くんが
CH46(いまの軍事ヘリ)の事故率が1.11
なのにたいし1.93と低いと言った

ばかかオスプレイの事故率は13.47と10倍も高い
これを隠蔽して配備するのだ
d0202960_751829.jpg


なぜなのかは明らかだ
クリントン国務長官が玄葉外相にいった
「米国内4000社の関与と2兆円の開発費」というところにヒントがある

つまりそれを日本で回収するつもりなのだ
米国軍需産業にとって日本はお財布がわり
危険なオスプレイも国内配備できなくとも日本に配備して
ゆくゆくは自衛隊にライセンス供与すれば充分もとがとれる
とかんがえている

先日参議院予算委員会で「国民の生活が第一」の森ゆう子議員が海外への度はずれた資金供与について追求していた

昨年の海外への資金供与は16.8兆円
これとは別に米国への為替介入が14.3兆円あるのがわかった
合計31.1兆円

過去米国への直接上納金は150兆円
小泉竹中政権の時は300-500兆円資産流出したといわれている

国賊の政治家は官僚の利益と米国の犬であれば保身できると考えている
吉田茂以来の犬の系譜なのだ
国難の時米国の一部利権者にお金を供与している余裕はないはずなのだ
一年で31.1兆円とは消費税でいうと12.44%分にあたりますが
ドジョウく~~~~~~ん
[PR]
by kongojiamarron | 2012-07-27 07:23 | 政治 | Comments(0)
d0202960_2444070.jpg

福島の事故調査報告書が4つ揃った

4つの報告書を比べてみれば
一番いいのが
「国会事故調査報告書」
これは法律的に強制権がある調査でよくできている90点
次は
「民間事故調」
困難な中いち早く調査を開始し、報告をしたのは評価できる
ただ、報告書としては突っ込みが足りない70点

「政府事故調査報告書」
畑村氏を起用したため、官僚の責任隠し報告書になってしまった
ヒアリングも非公開だったし、レベルは低い50点

「東電事故調査報告書」
まともな会社なら第三者に委託するだろうに
裁判対策のため、社内でいいわけ報告書をつくった-100点

さて報告書が4つ揃ったことで
検察は刑事告訴状を受理しなくてはならなくなった

ここは国民目線でウオッチすべきである
d0202960_2565388.jpg

現時点で
全国で提出された告訴状は20件

業務上過失致傷罪
という罪には充分問える

捜査は東京痴犬が担当するそうだ
この重大事故
責任の所在をあいまいにして幕引きしてはならない

起訴しなかったら検察の存在が問われる
[PR]
by kongojiamarron | 2012-07-26 03:03 | 政治 | Comments(0)
コンビニとファ-ストフ-ドがコ-ヒ-の販売に力を入れているのだそうだ
僕らの世代はコ-ヒ-文化に晒された世代で或る

町には焙煎屋さんがあり
喫茶店も本格的に煎れる人達がお店を開いていた
しかし
昨今は町で美味しいコ-ヒ-をのもうとしたら
とても難しくなった

まずは焙煎屋さんがなくなり
個人のコ-ヒ-屋さんもなくなった

コンビニやファ-ストフ-ドがコ-ヒ-を出していても
泥水みたいだ
d0202960_1447029.jpg


抽出液をたっぷりまぶした粉がつかわれている
味音痴たちが深入りのコ-ヒ-を支持したからだ

浅煎りにすると豆の味が露骨にわかる
これを深く焙煎すると、くず豆を混ぜてもわからない
香りがたっているわけではない

深入りが売り物のスタバが増えて特に酷くなった

味のわからない若者剥けに
コ-ヒ-が宣材になることを実証したのは無料配布したマクドナルドだった
ちえがないから
それに
みな倣うとは
呆れている

それにしてもマックのバリスタの煎れたものなんか飲めるか

思っているのだが

美味しい本物のコ-ヒ-が飲みたい
[PR]
by kongojiamarron | 2012-07-25 15:01 | グルメ | Comments(0)
というと馬鹿なオ-ナ-は趣味の店を作りたがる
従業員を育てようとしないから
だんだんお店は暗くなる

店長も負担が替わらないまま10年たっちゃうと
店が支えきれなくなる

特に一桁のお店は要注意なのだ

お客様にとって楽しい店は
従業員にとつても楽しい店で無くてはならない
というと
仲良しクラブを作りたがるのが多い
おいおいそうじゃないよ
まずは
キャリァプラン
未熟練のひとを育てる
そのためにマニユアルとかシステムがある
そのお店に勤めていれば、日々精進できる環境を整えるのは
経営者の役割だ

もうひとつ大事なことが或る
レストランは安売りをしてはいけない
食材を提供する、エサ小屋が増えた

だからコンビニと価格競争になるのだ
チェ-ンレストランの衰退はそこにある
エサ小屋はジョイフルにかてない、サイゼリアにもかてない
コンビニにも勝てない

高品質のメニュ-を提供するだけではだめなのだ

レストランはライフスタイル提供業種なのをわすれてはならない

最近の停滞は低価格に逃げていればすむという
縮小均衡型、そして首締め型なのだ

従業員満足度が高ければ顧客満足度はおのずから高くなる
収益はあとからついてくるものなのだ

わかるかな
わからねえのか....
[PR]
by kongojiamarron | 2012-07-25 10:26 | マ-ケティング | Comments(0)
昨日政府事故調査委員会の報告書がでた

これがお手盛り報告書であるのはあたりまえ
地震でおきたのではなく
津波にしたのは、東電を生き残らせるため
金融機関に損失をあたえないためである

国会事故調にくらべればそれは劣る
d0202960_712660.jpg

国会事故調査委員会報告書は調査権もあり権限も或る権威があるものだ
畑村氏がうやむやにしようとした政府事故調査報告書とは厚みがちがう

さてそんなとき
原子力規制委員会の初代委員長に田中俊一氏がないていした
この男原発村の住人で助役をやっていた男で或る
よくもまあこんな人事をしたものだ
それをマスゴミは目くらまししようとしている
d0202960_719564.jpg


日本原子力研究所をキャリァの始めで副所長になり
原子力機構(もんじゅを推進した)
そののち
原子力学会会長
内閣府原子力委員長代理を歴任した

いまは
(財)高度情報科学技術研究機構(旧原子力デ-タセンタ-)顧
NPO放射線安全フォ-ラムの副理事長を務める

かんぜんな推進派
しかも5人しかいない委員には
これも原発村の
更田豊志氏
中村佳代子氏がないていしているとしたら

政府のもくろむところは
再稼働と原発サイクルの維持、核武装なのだろう

官僚も野田佳彦氏もその権力は国民からの委託で或る
このことを勘違いしてはならない
東京新聞ディスクの今日のコラムを貼っておく
d0202960_745926.jpg

[PR]
by kongojiamarron | 2012-07-24 07:47 | 政治 | Comments(0)