ブログトップ

コンサルの独り言

kongojia.exblog.jp

マ-ケテイング・コンサルタントの独白です。

カテゴリ:フットボ-ル( 156 )


W杯出場が決まっているチ-ムのテストマッチ

数日前ベルギーはメキシコと3-3で引き分けている

破壊力満点のチ-ム

この試合 スタ-タは

        大迫

  原口   (杉本)   浅野

 (乾)         (久保)

     井手口   長澤

          (森岡)

        山口

長友             酒井宏樹

     槙野    吉田 (酒井高徳)

        川嶋

5日前のブラジル戦から、長谷部、久保を長澤・浅野に替えてきた

ベルギーは2002年のW杯本戦で、日本が2-2で引き分けた相手

あのころはまだ幕内程度のチ-ムだったが、いまや3役クラス、攻撃の破壊力はトップクラス。343というフォ-メ-ション、屈強な3人のCBと足の早い攻撃陣

ただし両サイドは空くので

そこが狙い目、前半は右サイドの浅野から何度もチャンスを作る

今日はビデオ判定はない

日本は高い位置でプレスをかけているので

ベルギーは思うようなサッカーが出来なかった

このチ-ム相手にボ-ルをもたせて、逆襲から速攻が得意なのだろうが

逆はあまり上手くない

日本の中盤の3人の出来はよかった、特に長澤のゲ-ムメイクはなかなか落ち着いていた

山口、井手口のボ-ル収奪能力はこのクラスでもたかいのだが

とった後のパスが下手、とった後、一瞬で攻撃につなげられなくてはならない

前半の後半ベルギーはパススピードを上げてきた

日本は押し込まれ、下がりすぎになる

しかし前半は0-0で終わる


後半開始両チ-ム交代なし

ベルギーは開始早々猛攻を仕掛けてくる

良く守っているが攻撃になっていない

16分森岡(ベヘレン)

22分久保(ヘント)

とベルギーリ-グで活躍する2人を入れる

そして27分シャドリに右サイドを破られ、ルカクがヘディングで決める

0-1

28分に杉本in

相変わらず交代が遅いハリルホッジ

32分に乾in

そして酒井宏樹が壊れ、酒井高徳が40分に入る

そのままベルギーに逃げ切られてしまう


このクラスに勝つか引き分けるには

ボランチ2人(井手口・山口)のパス能力が低くては難しい

やんわりとした横パスをなんども奪われ

反撃されすぎている

チ-ムとしては8割の完成度合いなのだが

肝心の中盤がかたまってはいない

もっと進化がいる

それにしてもスリッピ-なピッチでなんかいも滑るとは
スタッドの深い靴を履けよ井手口


[PR]
by kongojiamarron | 2017-11-15 06:45 | フットボ-ル | Comments(0)

日本1-3ブラジル

チッチ監督に替わって、南米予選は10勝2分けと強くなったブラジル

日本のスタ-タは

        大迫

       (杉本)

 原口          久保

(乾)         (浅野)

       井手口

       (遠藤)

  長谷部     山口

 (森岡)

長友             酒井宏樹

    槙野    吉田

       川嶋

日本チ-ムのキャプテンはこの試合が100試合目の長友が勤める


前半3-0に終わったのは、ハリルの戦術間違い

プレスをかけるのがセンターサ-クル前からだったので

自由にパス回しされ、縦へのスピ-ドに振り回された

これに対して、ブラジルは前からプレスをかけてきた

前半10分ビデオアシスタントレフリ-により

吉田選手がファウルをとられ

PKネイマールが落ち着いて決める

0-1

高い位置でボ-ルをダッシュし、ワンタッチでつないでくるブラジルに手を焼く日本

前半16分2回目のPK

川嶋が、ネイマールのボ-ルを止めたのだが

その一分後CKからマルセロに決められる

0-2

前半は守備的にいこうとして

逆に

ブラジルにやり放題ということになった

技術のあるチ-ムが早いパスをワンタッチ・ツ-タッチで縦につないでくるとファウルしか止めようがない

0-3で前半は終わる

後半

井手口のパスミスが目立ち、交代するかとおもったが

後半一人目の交代は

浅野in久保outだった

そして後半はプレスの位置が変わった

前からのプレスをすることにより

ブラジルの攻撃、パスが乱れ始める

後半17分CKから槙野がヘディングで決め

1-3になる

杉本のオフサイドになったヘディングもあったが

後半は攻勢的だった

つまり攻撃は最大の防御なのだ

敗戦はハリルホッジの戦術ミス

スタ-タの組み合わせミス

W杯のグル-プリ-グではどのグループにはいっても

格上のシ-ドチ-ムがいる

互角に戦えなくては

決勝ト-ナメントへ勝ち上がれない


[PR]
by kongojiamarron | 2017-11-10 23:41 | フットボ-ル | Comments(0)


これから大陸間プレ-オフに望む、ニュ-ジランドは気合いが入っていた

それに比べ、我がチ-ムは、

考えのない

スタ-タではじまった

このあたりハリルの弱点である

       大迫

      (杉本)

  武藤        久保

 (乾)  香川   (浅野)

     (小林)

  山口     井手口

 (遠藤)   (倉田)

長友          酒井宏樹

   槙野   吉田

      川嶋

現時点でのハリルジャパンの当確組はGK川嶋とバックライン3人長友吉田酒井、そして大迫の5人だろう

ならばここが欠ける事もありえるのだから

テストマッチではテストが大事なのだから

川嶋・酒井・吉田・長友の替わりを試すべきなのだが


この日も交代はその前の選手達だった

これでは本大会予選通過は難しいと言える

前半は0-0で終わった


雨でしかも、攻撃が一本調子だったため

すべて惜しい、という結果だった

そのため後半早々の交代はなかった


後半開始早々、山口が右から切れ込みシュ-ト

ディフェンスのハンドで

大迫がPKを右足で左上に決める

1-0

しかしここからニュ-ジランドが攻勢に入る

後半14分、ロハスが右サイドを深く破りセンタリング

191cmのセンターフォワ-ド、ウッドがヘディングで決める

1-1


ここから、ハリルの迷走交代がはじまる

しみじみ交代下手な監督だと思う

テストマッチでも勝ちにこだわるのはいいのだが

交代の間隔が短すぎて

試合が作れていない


後半40分、酒井がセンタリング

倉田倒れ込みながら、頭で合わせ

2-1


なんと6人目の交代はインジュリ-タイム 1分

遠藤in山口outだった


試合にはやっと勝ったが、テストとしては失敗の試合だった

本大会グループリ-グ突破に黄色信号がついた


[PR]
by kongojiamarron | 2017-10-06 22:24 | フットボ-ル | Comments(0)


W杯予選最終戦

舞台はサウジアラビアのジッダ

現地時間20時30分温度は33度、湿度が70%もある

6万2000入る観客のうち5万7000をムハンマド王子が買い占め、国民に配った

スタ-タは

       岡崎

  原口  (杉本)   本田

            (浅野)

    井手口    柴崎

          (久保)

       山口

長友             酒井宏樹

    昌子    吉田

       川嶋

キャブテンは本田がつとめる、前半の前半は日本が前線のプレスから

ショ-トカウンタ-でチャンスを作る

しかし給水タイムを採らなくてはならないぐらい過酷な環境

日本は省エネサッカーに切り替える


今日の日本チ-ムには、柴崎がいるので、ゲイムメイクができている

ただ攻める意志が少なく見え始め前半は終わり

前半0-0

後半開始早々、日本は浅野、サウジアラビアはファハドという早い選手を入れてきた

最初に結果をだしたのはファハド、

後半18分右サイドでボ-ルをもち、

吉田をかわし、右足で右上に決める。

0-1


後半21分杉本を入れ岡崎が下がる

杉本の良さがなかなか出ない

チ-ムにマッチングしていない

このあたりは今後の課題となる


33分、久保が入り、柴崎が交代

このあたり、ハリルホッジのベンチワ-クのまずさが課題となる

井手口と山口のダブルボランチになり

久保がトップ下にはいり

4231の布陣になる

ここから攻勢にでるのだが

無得点の試合はない日本なのだが

全体で戦える体制にはなっていない

日本は最終予選の最初と最後の試合で負けた

「勝った試合より、負けた試合からは学ぶ事が多い」


[PR]
by kongojiamarron | 2017-09-06 04:30 | フットボ-ル | Comments(0)
夕刊紙「日刊ゲンダイ」はサッカー担当者に専門記者
がいないため
いつもとんちんかんな記事を計上している
それにしても
今日の記事は酷かった

W杯予選修了後
ハリルホッジを解任し
アギ-レを本大会の監督にする
というよた記事
d0202960_18125617.jpg
きのう負けるか、引き分けを見越して書いた
よた記事であることはまちがいない

情報源が
元ワ-ルドサッカ-グラフィック編集長中山淳氏
某サッカー関係者
という

しかしそれだけで、裏面に更迭と大書するのはいかがなものか
記事をかいた、馬鹿記者は記名にしろ
サッカー知らずのサッカー担当者、情けない

[PR]
by kongojiamarron | 2017-09-01 18:22 | フットボ-ル | Comments(0)


この試合、日本がかったのはいいが、今後については

かなり考えさせられる試合だった

つまり終わりよければとはいえない


いちおう、終わりは、本大会のグル-プ突破なのだから

現時点での日本代表ではとうてい難しいだろう

長谷部キャプテンがいうように

本大会への選手登録が確約されているわけではない

この試合スタ-タは

       大迫

      (岡崎)

  乾        浅野

 (原口)     (久保)

   山口蛍  井手口

     長谷部

長友           酒井宏樹

   昌子  吉田

     川嶋

本田と香川は出番がなかった


オ-ストラリアは、361というシフト

バックラインを3人にし、中盤を厚くする布陣なのだが

欠点は3バックの両サイドが空いてしまうこと

6人と厚い中盤で優位にも立てなかった、

あれほどキャプテン長谷部がミスしていたのに


しかも日本には試合を作る選手は起用されていなかったのに

自滅した

日本の両ウィングに押されて

オ-ストラリアはサイド攻撃に乗り切れなかった


それに

試合の入り方をみていたら、ガチガチになっていた

あれではアウェイでは勝てない

かならずしも日本が強かったわけではない


浅野の一点が入ったのは前半41分、そのまえにオ-ストラリアが点を入れるチャンスはあった、ポストに嫌われず入っていたら。すくなくも前半0-0で終わっていれば

結果は全く違ったろう


後半は追うオ-ストラリアが焦って交代をするのだが

攻撃の選手に全く力が無い、個人で打開できる選手がいないのだ

本大会で日本が当たる相手は、個人で打開出来るFWがいないというのはありえない

これから本大会用の選手選考と監督を考えるのが

JFAの仕事であることは間違いない

もはや世代交代はまったなしなのだ

浮かれている場合では無い


[PR]
by kongojiamarron | 2017-08-31 23:33 | フットボ-ル | Comments(0)
  1. 2019年にラグビーフットボールのW杯が
    我が国で行われる
    一昨日の東京新聞をみて
    日本ラグビーフットボール協会はW杯を辞退した方がいい
    と強くおもった
  2. d0202960_08365617.jpg
  3. 兵隊育成教練の延長線上でかんがえているから
    こんな馬鹿な発想となる
    「髪型とか服装のガイドラインをつくるのだそうだ」
    この思想的背景をしりたいものだ

  4. こんな提案をする理事がいる協会は
    W杯を開く事は出来ない
    速やかに辞退するか、理事を解任か辞任すべきだろう
  5. 協会のお馬鹿理事がいることで
    競技団体じたいも
    お馬鹿だと思われてしまうよ
  6. 「思われてしまう?」

[PR]
by kongojiamarron | 2017-07-08 05:34 | フットボ-ル | Comments(0)


先発は

        大迫

  久保    原口    本田

       (倉田)

     遠藤    井手口

          (今野)

長友   昌子   吉田   酒井宏樹

              (酒井豪徳)

       川嶋

イラクが政情不安定なため、第三国のイラン・テヘランの8000人収容のスタジアム

試合開始時37.4度、湿度20%、標高は1200mという過酷な条件

この温度なら、給水タイムを30分毎に3分とらなくてはならない

しかもかなり強風、イラクサイドが風上になる


前半8分、本田の右コ-ナ-キックから、大迫がバックヘッドで決める

1-0


日本は右サイドからのクロスにしばしば、ヒヤリとさせられる

酒井と本田の連携ディフェンスは良くない

給水タイムで生き返った、かなり過酷なコンディショニングだとわかる


中国の審判は原口へのタックル、大迫をFKエリアで引っ張るの2回を続けてみのがす

前半は1-0で終わった



後半はイラクの攻勢で始まる

井手口脳しんとうで、今野投入、20歳から34歳への交代だ

このあたりから

中盤が開き始める

原口アウト、倉田イン


久保と酒井が動けなくなり

ハミルに蹴り込まれた

1-1

酒井宏樹アウト、酒井豪徳イン

3人交代したので、もう交代はできない

イラクは最後の10分ぐらいで足が止まる

      

この試合日本の中盤試合をつくれる選手がいなかった

ハリルホッジの編成ミスである


[PR]
by kongojiamarron | 2017-06-13 23:23 | フットボ-ル | Comments(0)

タイは善戦していたように見えたのに

なぜ敗戦したのか

5日前のサウジ戦も終了10分前までは0-1だったのに

終了間際オウンゴールとロスタイムの一点で0-3になった

その前のオ-ストラリア戦は2-2

いまのところ

このグル-プで一勝もしていない最下位である


昨日の日本戦

シュ-ト数は日本の12本に対する14本

コ-ナ-数は日本の3本に対して6本

ということから攻めていたのだ

なんで負けたのか

ザルディフェンスだったからだ

とくに真ん中が酷い

ひどすぎる


あれでは勝利はない

香川の一点目

三人のディフェンスが一人に振り回された

対人的に弱すぎる

それは二点目の岡崎のヘッドもだ

競っていない

三点目の久保のシュ-トもあの距離で前を開けては

練習みたいなもの、思い通りの場所に蹴り込める


四点目も吉田と競ってない

身長で負けていても

ジャンプの瞬間体を当てて、バランスを崩させればいいのだ


CBを補強すれば

これからのタイは

そうとういいところまでいける

恐るべきタイ代表

たんに自滅しているだけなのだから


[PR]
by kongojiamarron | 2017-03-29 09:43 | フットボ-ル | Comments(0)


先発は

        

岡崎

  原口   香川   久保

 (宇佐美)(清武)  (本田)

   酒井高徳  山口

長友           酒井宏樹

    森重   吉田

     川嶋

5日前のUAE戦で活躍した、大迫と今野が怪我で離脱し

代わりは、岡崎と酒井高徳が起用された

この試合点差ほどに、日本がタイを圧倒しているようにはみえなかった


タイはラインを下げず攻撃的にやってきた

右サイドの久保が前半8分香川

前半19分岡崎

と2点を演出した

しかしここから前半終わりまで

押されていた


押されていた原因はラインが引きすぎていたのと

中盤の3人の動きが悪かったこと

ゲ-ムメイクをだれもしていない

したがってミスが目立った

後半早めに交代するかとおもったが

ベンチワ-クの下手なハリルホッジは動かない

押されたままだ


しかし後半11分、久保が中に切れ込んで左足を振り抜く

3-0

ここまで2アシストして、3点すべてに絡んだ

後半19分

本田in原口out本田はそのまま左サイドにはいる

本田が入ったことで、前線でボ-ルが収まる様になった


今日の編成では今野と大迫というボ-ルを収めるひとがいなかったので

勝っていながら、タイに攻め込まれ続けた

原口はこの二試合、攻撃面での貢献はあまりなかった

そしてやっと香川を替えた

後半27分に清武が入った

本物のゲ-ムメイカ-だ


前線のふたりがボ-ルを持てるので試合の様子がかわった

後半37分

清武のCKから吉田がヘディングで決める

これで

4-0


しかし、その2分後、長友がPKを与えてしまう

宇佐美が久保に替わって入ったばかりなのに

後半39分

川嶋がPKを止める


そのまま試合は終了

ハリルホッジのベンチワ-クのまずさだけ目立った


[PR]
by kongojiamarron | 2017-03-28 22:20 | フットボ-ル | Comments(0)