ブログトップ

コンサルの独り言

kongojia.exblog.jp

マ-ケテイング・コンサルタントの独白です。

カテゴリ:エンタメ( 158 )

13人のサクソフォ-ン奏者で構成された楽団の演奏会
d0202960_20065380.jpg
今年10周年を迎えた6回目の定期演奏会
始まる15分前には席に着いたのだが
そのときの観客は20人ぐらい
そして50人ぐらいになり始まった
d0202960_19553340.jpg
演奏曲目は4つなのだが、明らかに選曲ミス
アンコ-ル2曲の方がのびのびと演奏していた
曲目は以下の通り
d0202960_20070510.jpg
一曲目は緊張からか、歯切れが悪い
もあっとした吹き方で
ちっとも良さがでていない

二曲目ですこしはもりかえすのだが
見せ所の
三曲目でまたドツボになる
アルメニアンダンスの軽快さがない
とくに手拍子と足拍子が合ってないのだ

そして20分間の休息
最後はグリ-クの「ホルベアの時代から」
弦楽とビァノでは聞いたことがあっても
サクソフォ-ンではない
できばえは、まあまあ、前の3曲よりはこなれていた

観客50人の拍手でアンコ-ル2曲

アマチュアとしてはまあまあのレベルなのに
観客がほとんどいなかったのは
もったいなかった

[PR]
by kongojiamarron | 2017-09-18 20:26 | エンタメ | Comments(0)

秋に成ると梨木香歩が読みたくなる
このひと寡作なので、何回か読み返す事となる
涼しい木陰で、読むにはとてもいいのだ
ただ読むにはとても難物もある

d0202960_08464940.jpg

「家守奇譚」は2004年の作品
同じ頃書かれた「沼地のある森を抜けて」は吹雪の中央線で読んでいた
両方とも不思議の世界の話

この本の主人公は知りあいの高堂の父に頼まれて、家守をすることになる
28の章はすべて植物の名前が付けられている
亡くなったはずの高堂はちょくちょく顔をみせる
河童も龍も出て来る
不思議世界満開なのだ


しかし
この本を読みすすむほどに、僕はなんとなく懐かしいおもいにとらわれる
日本古来の怪しの世界にどっぷりとひたることが出来る

それはなぜかこの日本が失った
古き物たちの大事な息吹に聞こえるのだ

一読をお奨めしておこう


[PR]
by kongojiamarron | 2017-09-17 04:45 | エンタメ | Comments(0)
  1. 「アデラィン100年目の恋」
    を夜中に観ていた

    2015年の米国映画、小作品なので、見逃したら
    DVDを探さなくてはならないという類の映画だ


  2. ...

    あらすじは、1908年生まれの美女アデライン・ボウマンが
    惑星と交通事故の影響で29歳から歳をとらなくなってしまう

  3. この時点で107歳
    一度結婚したので、80歳を越える娘フレミングもいる

    クリスマスの日、若い男エリス・ジョーンズと出会い恋をする
    彼の自宅に招かれ、紹介された父親は40年前に
    恋した男、ウィリアム・ジョーンズだった
    そして、彼にアデラインであることを見破られてしまう


  4. この映画主演のブレイク・ライヴリーは

  5. 『ゴシップガール』のセリーナ・ヴァンダーウッドセン役でブレイクしたひと、

  6. 典型的美人
    ウィリアム・ジョーンズはハリソン・フォードがつとめ
    老女の娘フレミングはエレン・バースティンが演じる、


  7. エレンといえば
    1971年公開の『ラスト・ショー』でアカデミー賞とゴールデングローブ賞にノミネートされて注目され。1973年の『エクソシスト』では悪魔に取り憑かれた娘の母親役を演じ、アカデミー賞の主演女優賞とゴールデングローブ賞の主演女優賞にノミネートされる。翌1974年公開の『アリスの恋』でアカデミー主演女優賞を受賞。という3回結婚歴がある大女優、撮影当時82歳


  8. 歳をとらないから、恋は長続きしないし
    名前を次々と変えて、転々としなくてはならない
    愛する人は皆歳をとって、先に旅立ってしまう


  9. 最後はまた歳を取り始めるところで終わるのだが

    観て損はない、
    小品なのに、小物とか建物、時代背景もきっちり、作り込みがされている
    なにより当代のファッションリ-ダ-「ブレイク・ライヴリー」が美しい

画像に含まれている可能性があるもの:2人、テキスト

[PR]
by kongojiamarron | 2017-09-15 04:04 | エンタメ | Comments(0)

d0202960_16281467.jpg
ヨハンシュトラウス二世の物語、物語りだから
本当は3回結婚しているシュトラウスは
なぜか死ぬまで最初の奥さんと添い遂げる

...

毎年NHKが生中継する「ウィ-ンフィルのニュ-イャコンサ-ト」
は二世の曲を中心に
父親の一世、弟のヨ-ゼフの曲が演奏される


この映画では
「芸術家の生涯」
「ウィ-ンの森の物語」
「美しき青きドナウ」
のエピソ-ドが語られながら演奏される


作った順番は史実とはちがうが

かれが生きた時代は1825-1899というオ-ストラリア帝国にとっては末期
世紀末ウィ-ンという爛熟文化・文明のまっただなかだった
オ-ストリアは大ドイツ帝国の中心
愛国者だったシュトラウスは
第二の国歌をつくったのだ


我が国にも欲しかったシュトラウス
陳腐な国歌を聞く度
そうおもう


[PR]
by kongojiamarron | 2017-09-05 04:26 | エンタメ | Comments(0)

「奈津の蔵」は「夏子の酒」が終わって7年後
1998年に連載が開始された
2000年までの二年間
掲載されたものが4冊の単行本に残っている

d0202960_06330514.jpg

...

主人公は佐伯奈津、夏子の祖母だ
物語は明治末期から太平洋戦争が終わるまで
18歳で佐伯酒蔵に嫁いできた奈津
そこには未だ電気もひかれてはいなかった

女が蔵にはいると酒が腐るとされていた時代なのだ
「月の露」も品評会では16社中16位

太平洋戦争で蔵は作り手がいなくなり
女だけで酒を造る
そういう時代があったのだ


夏子は最初と最後にでてくる
結婚していて子供もさずかる
相手はでてこない

歴史をしることで
前に進める


[PR]
by kongojiamarron | 2017-09-02 04:32 | エンタメ | Comments(0)

昨日の夜は
府中シンフォニックウィンドアンサンブル
第29回の定期演奏会を聴きに行った

d0202960_07391372.jpg
いつもいく2000人収容の大ホ-ルではなく
500人収容のウィ-ンホ-ル...

d0202960_07392320.jpg


それでも入りは7割程度
おそらくほとんどの人達が楽団員の関係者
初めて聴く吹奏楽団なので期待してなかった


それは中高の稚拙な吹奏楽を飽きるほどきいたからだ
この楽団も第五中学校OBから発展してきた
イントロから2曲目のゴジラまでは
力が入りすぎて聴かせるというには疑問符がついた

前半はポップス
後半はクラッシック
という二本立て

d0202960_07393325.jpg


一曲毎に解説が、うっとおしく、はいり、
指揮者は、おお、学校の先生タイプの指揮者
しかし、曲がすすむうちに
楽団員の堅さがとれてきた


イェスタディワンスモアの前に
親子の楽団員の紹介があった
なんと5組も親子で参加している

前半は可も無し不可も無し
アマチュアとしては、レベルは高い


そして後半だ
前半のティシャツ・ジ-ンズから一転して
正装で現れた楽団員は
「ロ-マの謝肉祭」を聴かせてくれた
これは素晴らしいできばえだった
ストリングスでしか聴いたことのない
ベルリオーズの世界を現出させてくれた

最後はカリンニコフ
これは少し力足らずだったが
全体を通して
満足、満足
アンコ-ルは2曲もきかせてくれた

聴衆の帰り道がはずんでいた

d0202960_07394193.jpg

残念なのは聴衆が仲間内だけで少なかったこと


[PR]
by kongojiamarron | 2017-08-21 07:41 | エンタメ | Comments(0)
  1. 読み終えてしまうと
    やっぱり、村上春樹氏は
    こういう終わらせ方しか出来なかったのだろうと
    妙に納得してしまった
  2. d0202960_07434535.jpg
  3. 60を遙かに過ぎた作家が描く主人公
    多崎つくるは36歳、
    名古屋出身の独身、駅を作るエンジニア

  4. かれには高校時代仲のいい4人の男女がいた
    その四人の名前にはすべて色がついていた、
    赤松
    青海
    白根
    黒埜
    である
    5人は高校時代の仲良しグル-プだった
    一人だけ名古屋から東京の大学に進学した、多崎つくるは
    20歳の時、4人から絶交されてしまう

  5. 36歳の時にできた
    38歳のガ-ルフレンド沙羅はその4人に会って
    なにがあったのか聞くことが大事だといい
    4人の居場所を突き止め
    つくるに過去探しをするようにいう
    つくるは巡礼にでる
    というのが大筋なのだが

  6. 主人公に主体性はない
    16年もの月日は人間を変えてしまうには充分な年月なのだ
  7. マドンナだったシロは16年前にレイプされ
    妊娠し流産し、そして6年前に誰かに絞殺されて
    すでにこの世にはいない
    もうひとりの女性、クロははるかフィンランドにいる

  8. 男二人には、名古屋で会うことになる
    男二人はつくるをグル-プから排除したのは
    誤解による間違いだったと気がついている

  9. この作品の白眉はつくるがフィンランドまで、クロに会いに行くところだろう
    クロは昔、つくるが好きだった
    いまはフィンランド人と結婚し、子供が二人居る
  10. そのクロは沙羅を逃してはいけないという

  11. さて
    主人公は精神的に
    高校生からは一歩も前に進んでいないことに
    読者はきづかされる
  12. 沙羅に他の男の存在を聞いてしまい
    待たされたままエンディングとなる

  13. そうこの物語は
    巡礼はまだ終わってはいない
    次の一歩はこの先に存在している
  14. さすが偉大な習作作家らしい結末のつけかたである

[PR]
by kongojiamarron | 2017-08-20 07:46 | エンタメ | Comments(0)
毎年八月のお楽しみは
小暮先生主宰のシャンソンクラブ生徒さんの発表会
d0202960_23050712.jpg
d0202960_23051645.jpg
今回も27人の生徒さん達が
その美声を発揮された

その中でもこの7人の方々は聴かせてくれた
音程が外れてないのは当然だが
歌詞の解釈が出来ている
つまり
聴かせるのだ
d0202960_23043442.jpg
d0202960_23042044.jpg
d0202960_23040450.jpg
d0202960_22564351.jpg
d0202960_22553889.jpg
d0202960_22552527.jpg
d0202960_22551399.jpg
毎年、この発表会をきき
入会して
ステ-ジに立ちたいとはおもうのだが

さて、最後は小暮先生
d0202960_22550182.jpg
毎年の夏のお楽しみ


[PR]
by kongojiamarron | 2017-08-10 23:21 | エンタメ | Comments(0)

最初にこの映画を観たのは
1970年
昔の日比谷スカラ座
タカラヅカ劇場を建て直す前は4階か5階にあった
いらい、20回は観ている...


ただ近年は劇場公開がないので
DVDになるのだが

初見はなんの基礎知識もなく観た

d0202960_08290273.jpg
この本に書かれているとおり
計算され尽くした映画なのだ
スタ-トからラストまで観る人をザルツブルグに引き込む

後でわかったのだが
映画「菩提樹」はトラップファミリ-が米国に渡って
バスツァ-する映画だった
これを中学生の時に観ている


実際のトラップファミリ-は大所帯
歌う歌も、リチャ-ドロジャ-スとオスカ-ハ-マスタイン二世の曲では無く
宗教歌が中心で、のちに民謡も取り入れるようになったという
アルバムを僕は持っている

一家が、バ-モント州ストウにロッジを開いたのは有名な話で
NHKが10年以上前に取材している
もちろんマリアもトラップ大佐も敷地内に眠っていて
出てきたのは高齢の末っ子(この人は米国で生まれた)


映画の背景は
ドイツのオ-ストリア併合
どちらもドイツ語文化圏、無血合併
ヒットラ-もオ-ストリア出身、時間を前にもどせば
オ-ストリア帝国の方が格上だったのだが

1965年公開のこの映画
舞台ミュ-ジカルを映画にしたのだが
抜擢されたのがジュリ-アンドリュ-ス


修道女ソフィア役で当代の美声マニ-ニクソンが出ている
1965年のオスカ-はデビットリ-ンの「ドクトルジバゴ」と一騎打ちになる
主要部門はサウンドオブミュ-ジックが獲得した
監督は社会派ロバ-トワイズ
ウエストサイドスト-リ-も撮っている

この映画を観て
ザルツブルグに行った人は多いとおもう
映画でみた場所がそのままに現出するのだから


この本を書いた筆者みたいに
さすがに
サンウンドオブミュ-ジック命とはいかないが
僕が、生涯観た映画のベスト10の一本には
明らかに入る


大きなハコで再上映してくれないかな....


[PR]
by kongojiamarron | 2017-08-02 05:32 | エンタメ | Comments(0)
夏の終わりになると、必ず観たくなる映画がある
だからDVDを買ってしまい、八月に観ることにしている

「アメリカン・グラフィティ」(1973年)

d0202960_02042209.jpg
封切りの時、有楽町のスバル座でみた
封切りの時はあまり話題にならなかった映画でもある

監督はまだ二十代だった、ジョ-ジ・ル-カス

時間は1962年、八月の終わり


「1962年の夏、あなたはどこにいましたか(Where were you in '62?)」
高校生達の卒業の一晩でもある
米国という国が、絶頂期であった時期でもある
それから十年後はベトナム戦争の泥沼がまっていたのだから


このはかない
きらめく、映画には
全編、当時の流行曲が流れる
今ではオ-ルティズと呼ばれているが
当時は全く異なる
DJウルフマン・ジャツクが本人役ででていて、ご機嫌な41曲を流している


この映画にでていた若手達は、多くが有名な俳優になっている
最後の方で、ジョンとレ-スをする敵役ファルファは、当時大工だったハリソン・フォ-ドだ

この映画
オ-プニングはメルのドライブイン
最後は
主要登場人物のその後がコメントされる
それは
アメリカ人の胸を打って悲しい


[PR]
by kongojiamarron | 2017-07-30 02:00 | エンタメ | Comments(0)