ブログトップ

コンサルの独り言

kongojia.exblog.jp

マ-ケテイング・コンサルタントの独白です。

2017年 09月 15日 ( 2 )

皆様悪代官を許してはなりません

d0202960_20370607.jpg
d0202960_20370607.jpg
こいつを罷免させましょう

[PR]
by kongojiamarron | 2017-09-15 20:38 | Comments(0)
  1. 「アデラィン100年目の恋」
    を夜中に観ていた

    2015年の米国映画、小作品なので、見逃したら
    DVDを探さなくてはならないという類の映画だ


  2. ...

    あらすじは、1908年生まれの美女アデライン・ボウマンが
    惑星と交通事故の影響で29歳から歳をとらなくなってしまう

  3. この時点で107歳
    一度結婚したので、80歳を越える娘フレミングもいる

    クリスマスの日、若い男エリス・ジョーンズと出会い恋をする
    彼の自宅に招かれ、紹介された父親は40年前に
    恋した男、ウィリアム・ジョーンズだった
    そして、彼にアデラインであることを見破られてしまう


  4. この映画主演のブレイク・ライヴリーは

  5. 『ゴシップガール』のセリーナ・ヴァンダーウッドセン役でブレイクしたひと、

  6. 典型的美人
    ウィリアム・ジョーンズはハリソン・フォードがつとめ
    老女の娘フレミングはエレン・バースティンが演じる、


  7. エレンといえば
    1971年公開の『ラスト・ショー』でアカデミー賞とゴールデングローブ賞にノミネートされて注目され。1973年の『エクソシスト』では悪魔に取り憑かれた娘の母親役を演じ、アカデミー賞の主演女優賞とゴールデングローブ賞の主演女優賞にノミネートされる。翌1974年公開の『アリスの恋』でアカデミー主演女優賞を受賞。という3回結婚歴がある大女優、撮影当時82歳


  8. 歳をとらないから、恋は長続きしないし
    名前を次々と変えて、転々としなくてはならない
    愛する人は皆歳をとって、先に旅立ってしまう


  9. 最後はまた歳を取り始めるところで終わるのだが

    観て損はない、
    小品なのに、小物とか建物、時代背景もきっちり、作り込みがされている
    なにより当代のファッションリ-ダ-「ブレイク・ライヴリー」が美しい

画像に含まれている可能性があるもの:2人、テキスト

[PR]
by kongojiamarron | 2017-09-15 04:04 | エンタメ | Comments(0)