ブログトップ

コンサルの独り言

kongojia.exblog.jp

マ-ケテイング・コンサルタントの独白です。

大学に吹く、秋風

オ-プンキャンパスとAO入試の時期だ
大学は
マ-ケティングを教える人はいるのだが
マ-ケティング戦略を立てて実施する人はいない

...

だから稚拙な戦略をたてる
しかも稚拙なクズが集まってくる


昔某国立大学のMBAでマ-ケティングを教えている人に話を聞いた
実情は、企業で使い物にならない人が
学歴をもとに戻ってきただけ
これでは大学の戦略を構築するのは無理


この時期リクル-トス-ツをきてあるいている学生さん達をみると
詐欺にかかって、無駄な時間をすごしているとしか言いようがない


いまの大学の関心事は定員割れと優秀な学生を集める事
そして
外部資金・事業の導入

それほど難しいことではないのだが


私立大学には企画セクションがない
国立大学は文部科学省の天下り指定席
そして
教授会は機能していない

事務職員は企画能力はきたいされてないし権限もない

だれが改革をするのか
だれもしていない


おそらく今改革に着手しているのは700×5%=30-40校だ
なにもしなくても
生き残れるのは
100校ぐらい
なにをしても生き残れないのは
100校ぐらい

あとは生き残りの200校にはいれるかの500校なのだ


それにしても
何の知恵も無く
予備校に知恵を借りている大学は
まもなく潰れる
なぜならば改善の繰り返しで、本来の改革が出来なかったためだ
なにもしないほうがましだったのにね


[PR]
by kongojiamarron | 2017-09-21 04:27 | 教育 | Comments(0)