ブログトップ

コンサルの独り言

kongojia.exblog.jp

マ-ケテイング・コンサルタントの独白です。

A.H.マズロー

1970年6月10日カルフォルニァの
スタンフォ-ド記念会堂でマスロ-の葬儀が行われた
享年62歳

20世紀の偉人の一人である...
彼のノ-トには良いアメリカと悪いアメリカが書かれていた
という


残念ながら21世紀のアメリカは
愛国者マスロ-の期待に反して悪い道を転がりつつある

彼の著書を何冊かもっているのだが
すべて死後に出版されたもの

d0202960_05002313.jpg
この「創造的人間」は原書が1964年に刊行され
邦訳は1972年
僕の手元にある物は1996年の新装版


マズロ-といえば欲求の5段階が有名だが
かれは欲求を5つの段階に分けたかったわけではない
すべての人間が高次の自己実現の高見に達する事を
期待していたのは間違いない


人間は何のために生きるのか
日常の些末な事象に縛られつづけていい物なのか
この本では
宗教的「至高体験」について書かれている
ピ-クエクスペリアンスというものである
なにも
ヤコブベ-メの専売特許でもないし
コリンウィルソンの独りよがりでも無い


私たちは一見すると合理的世界に住んでいると
思い込みたい
なぜなら説明できない
不合理の世界は不安だからである


しかし
実際は説明できる部分の方が極端に少ない
ウィツトゲンシュタインも後期の哲学で
言語で説明できない物の重要性を何度も強調している

至高体験とは、世界の意味を感じる事
この本の意味は
21世紀になり
ますます重要性を増している


[PR]
by kongojiamarron | 2017-07-12 03:57 | 教育 | Comments(0)