ブログトップ

コンサルの独り言

kongojia.exblog.jp

マ-ケテイング・コンサルタントの独白です。

「20世紀のファウスト」上巻

d0202960_06395262.jpg

この本は、20世紀という世界をコントロ-ルした男の物語である

僕がなぜ、この本に興味をもったかというと

昭和天皇裕仁氏を戦犯で起訴しないことを決めたのがこの男ということからだ


時の米国大統領ル-ズベルトと独裁者スタ-リンに指示を出せたのは

なぜかということから始まる

ウィリアム・アヴェレル・ハリマン(英語: William AverellHarriman, 18911115 - 1986726日)はアメリカ合衆国の政治家、外交官、銀行家、実業家。

が主役のファウストになる、世界を実質的に支配した一人である


上巻は1904年、日露戦争から始まり、1945年第二次世界大戦までが書かれている

米国の支配階級は、阿片貿易と奴隷貿易で蓄財をし、鉄道事業にのりだし、そして金融界に進むというパターンが多い、もちろんバックにはユダヤ王ロスチャイルドがいるのだが

20世紀は戦争の時代だった、しかもそれは仕組まれた戦争だったのである

戦争はお金がかかる、そしてうらがえせば、戦争はもうかるのである


日露戦争のとき、日本には戦費がなかった

そこで高橋是清が戦時国債を売りに行くのである

それを引き受けたのが、ロスチャイルド家の指示をうけたJ・シフ

ユダヤ王ロスチャイルドがなぜ日本に荷担したのかは明白である

ロシア革命につなげるためであった

満州鉄道開発にはアヴェレル・ハリマンの父が手をあげた、実施には至らなかったが

どうも最初はユダヤ王国を満州に作ろうとしていたようだ


大英帝国のため、トルコから中国に阿片を運んでいた、ラッセル家は中国の広東に拠点をおき、その責任者がウォ-レン・デラノ・ジュニア、であるフランクリン・デラノ・ル-ズベルトは孫にあたる、デラノ家は阿片貿易で財をなしたのである


スタ-リンとヒットラ-には共通点がある

一つは二人ともユダヤ人であるということ

そして、ハリマンによって、戦争資金と石油を潤沢に供給してもらったこと

調べればわかることなのだ

ソビエト連邦はロスチャイルドによって作られている、革命にはお金が要る

レ-ニンはあきらかに援助を受けていた、スイスからロシアへ、封印列車でロシアに送り込んだドイツ参謀本部司令官ヘルプハントもユダヤ人だった

スタ-リンにいたっては、経済失策の穴埋めをハリマンにしてもらっている、ドル原判までもらったのだから


1915年NYに設立されたAICは共産主義を支援する組織として設立されたが、実態はニコライ2世が海外投資した数十億ドルの資金を収奪したのだ

ハリマンは革命後のソビエトにいき、マンガン鉱の経営にのりだし、米国商工会にソビエト融資をさせる、経済失策がつづいたスタ-リンにはお金がいくらあっても足りなかったのだ


ヒットラーが登場して、経済政策でドイツを立て直したとき、お金がどこから来たのかを考えたら良い。米国からの投資なのである、もうひとついえば戦争を続けるための石油である、これはオナシスによって運ばれた、戦争中も英米軍はオナシスの船を攻撃することは許されなかった。なにも驚くことは無い、日本軍の石油も南方諸島から赤十字船で提供されていたのだから。


フランクリン・デラノ・ル-ズベルトはユダヤ人であり、小児麻痺と借金をかかえているところを銀行家ピ-ボディに救われる、ロスチャイルドが米国に派遣した代理人である。

名門の出で、ハンサムで話術にたけ、しかも遊び人で指導者としての能力が無いユダヤ人

大統領にするには、もってこいの男だった


さて四人目はウィンストン・チャーチルである、かれの父マ-ルポロ公爵は米国鉄道王ヴァンタ-ビルト家のジェニ-と結婚した、持参金は250万ドルだったといわれる、そして生まれたのが、ウィンストン・チャーチル、母親はユダヤ人、その父親はNYタイムスの社主でロックフェラーとロスチャイルドに近い人間だった。生まれながらの首相候補だったのもうなづける


第二次世界大戦の大きな目的は

クリミア半島にユダヤ国家を作ることであった

そしてこのこころみは

ル-ズベルトが亡くならなかったら実現したことだったろう

そのためにスタ-リンはクリミア半島から多くの異民族を掃除している

クリミア半島は昔からユダヤ民族が住んでいた事を歴史は忘れている


第二次世界大戦は本来なら1943年に終わる予定だったのだが

戦争ビジネスのため2年間引き延ばされている

そして戦後の世界地図は1945年2月4日ヤルタ会談で決められている

チャーチルとスタ-リンに指示をだしたのは、ユダヤ王ロスチャイルド、これによりベルリンは東西に分けられることとなる

そのためにパットン将軍は暗殺されている、ベルリンの解放はソビエト軍がしなくてはならなかったからだ


ハリマンと同じようにソビエトをコントロ-ルしたのは、40年間外相を務めたクロムイコである

すべての計画が狂ったのは1945年4月27日フランクリン・デラノ・ル-ズベルトがなくなり、トル-マンが大統領になったことにある

しかし、支配者達は次の玉を用意していた、

フィリピンでマッカーサーの下で中佐をしていた凡庸な男である、

彼の名はアイゼンハワーという


下巻に続くのだ


[PR]
by kongojiamarron | 2017-03-11 06:41 | 国際情勢 | Comments(0)