ブログトップ

コンサルの独り言

kongojia.exblog.jp

マ-ケテイング・コンサルタントの独白です。

  1. 読み終えてしまうと
    やっぱり、村上春樹氏は
    こういう終わらせ方しか出来なかったのだろうと
    妙に納得してしまった
  2. d0202960_07434535.jpg
  3. 60を遙かに過ぎた作家が描く主人公
    多崎つくるは36歳、
    名古屋出身の独身、駅を作るエンジニア

  4. かれには高校時代仲のいい4人の男女がいた
    その四人の名前にはすべて色がついていた、
    赤松
    青海
    白根
    黒埜
    である
    5人は高校時代の仲良しグル-プだった
    一人だけ名古屋から東京の大学に進学した、多崎つくるは
    20歳の時、4人から絶交されてしまう

  5. 36歳の時にできた
    38歳のガ-ルフレンド沙羅はその4人に会って
    なにがあったのか聞くことが大事だといい
    4人の居場所を突き止め
    つくるに過去探しをするようにいう
    つくるは巡礼にでる
    というのが大筋なのだが

  6. 主人公に主体性はない
    16年もの月日は人間を変えてしまうには充分な年月なのだ
  7. マドンナだったシロは16年前にレイプされ
    妊娠し流産し、そして6年前に誰かに絞殺されて
    すでにこの世にはいない
    もうひとりの女性、クロははるかフィンランドにいる

  8. 男二人には、名古屋で会うことになる
    男二人はつくるをグル-プから排除したのは
    誤解による間違いだったと気がついている

  9. この作品の白眉はつくるがフィンランドまで、クロに会いに行くところだろう
    クロは昔、つくるが好きだった
    いまはフィンランド人と結婚し、子供が二人居る
  10. そのクロは沙羅を逃してはいけないという

  11. さて
    主人公は精神的に
    高校生からは一歩も前に進んでいないことに
    読者はきづかされる
  12. 沙羅に他の男の存在を聞いてしまい
    待たされたままエンディングとなる

  13. そうこの物語は
    巡礼はまだ終わってはいない
    次の一歩はこの先に存在している
  14. さすが偉大な習作作家らしい結末のつけかたである

[PR]
# by kongojiamarron | 2017-08-20 07:46 | エンタメ | Comments(0)

d0202960_07291527.jpg

うつせみや

はかなきよに

たびだちて...
   自作


[PR]
# by kongojiamarron | 2017-08-20 04:26 | 風景 | Comments(0)

企業のトップとお目にかかる事が多いのだが
95%はダメ人間、

ダメでないとお客さんにはならないのだが


ダメなのを自覚していればまだましな方
しかし、自覚はない場合がほとんどだから
企業は生き残れ無い...

d0202960_09542203.jpg
この本は、そんな事を書いた本

考えてみれば企業トップというのは実践で鍛えるしかない
教育体系はない


大きな会社なら、40-50代に子会社を任せ
結果を出させる、というのが一つの方法として確立されている

藤本氏の指摘は
直ぐに都合の良いメソッドを取り入れるトップの多いこと
年俸制・成果主義
360度評価
フラット組織
ボトムアップ

本質的な部分を理解せず
都合の良いところだけ取り入れる
そのための弊害の方が大きいですよ
という
この本の指摘は正しい


そんな会社
たくさんみてますからね

CEOとCOOの肩書きについては笑った
つい最近、その様な会社の人に会ったからだ

会社は組織、組織は人
人は人財
右左にスカウトできるほど、世の中はあまくない


さすがにスカウト人事を会社の中心といいはる
馬鹿トップはいなくなったが
組織改革と人財育成にお金を投下する企業はまだ少ない


日本がバブル崩壊した90年代以降
米国流経営手法が
都合の良いところだけ取り入れられ
混乱の20年だったが
そろそろ
目が覚め始めた感がある


遅れているのは
貴方の会社だけですよ


[PR]
# by kongojiamarron | 2017-08-19 04:52 | 組織改革 | Comments(0)

素敵なタイミングと絶妙なタイミング

組織改革にはすべてタイミングというものがある


ぱっと散ってしまう組織というのは
そのスタ-ト時期からわかる...
会社設立から発展するかどうかが
おおよそ見えてしまうものなのだ


30年間二〇〇社に近い会社を見ていれば
それはよくわかる
いってみれば、マラソンと同じなのだ
何の準備もトレ-ニングもしていないひとが
42.195kmは走れない
走りきる体力、走力をつけなくては
スタ-トラインには立てない
(立っちゃつている人もいるけど)

どの位のペ-スでいくのか
エイドステ-ションには何を用意しておくのか
シュ-ズはサングラスは帽子は
と考えると、号砲がなるまえに
70%は勝負がついていることがわかる


組織改革もまたしかり
実際に着手する前の準備が出来ていないと
改革はできない
周到な準備が出来ていても100%成功しないのに
準備なしでは成功率は博打に近くなる


しかし
この世の中は
その準備という事が全くわかっていない経営者もどきが多い
相手するだけで疲れるタイプ
そのくせ
共通してプライドだけは高いと来ている
あの
それでうまくいけばいいんですけど
こういうひとは皮肉を言っても通じない


コンサルは素敵なタイミングで提案する
これは癌でいえば第一期、99%完治できる
しかも面倒はいらない
ただ、本人に自覚症状が無いため
ほとんどの場合、何の事かわからず拒否される


不幸なことだが、現実である

絶妙なタイミングというのは
癌で言えば2期と3期の間
手間暇はかかるが
本人に自覚症状はあるし、出来ないことは無い
ただ
ここを逃すと
実は手の打ちようがない段階にはいる


頼まれてもやらないほうがいいのだが
金のため時々、悪魔に魂を売ってしまう
この4期はこちらからは提案したり売り込みはない
患者さんの組織からただ依頼があるだけ
延命させるか
それとも.....
安楽死か

あまり面白くはない

コンサルに提案されているうちは
まだ治癒できる範囲だとおもって間違いないが

うるさくいわなくなったら

あとは知らない

別に怪談でもなんでもない


[PR]
# by kongojiamarron | 2017-08-18 04:55 | 組織改革 | Comments(0)

フイッツジェラルドの短編集は1981年
荒地出版社から3分冊で発売された
1920年代の作品である

d0202960_08391697.jpg

僕が彼を(太宰も)偉大な習作家と呼ぶのは...
設定が個人的経験からの膨らみしか認められないからだ
もちろん
人は自分の物語はかける


しかし
作家はその先を求められる
素材をさがし
その訴えるところに従って創作するのだ

本物になるためには
自分から対象をはなした人物の創造と
自分の思想を表さなくてはならない


こういうと現代文学が死滅した理由はとてもシンプルである
思想が無くては
生きられなかったのである
フィッツジェラルドはこののち
アメリカ文学の金字塔「偉大なるギャッツビ-」を表す
そこには
第一次大戦を通り過ぎて
漂流したアメリカ人の過去と現在が書かれる


1981年のこの作品訳者は東大系、英米文学者の方々だった
それが
村上春樹氏がフィッツジェラルドに興味をもち
翻訳本と、フイッツジェラルドの深訪記を表すと
かれは日本でも一躍著名人となった


いまや米国文学を語る上で
フィッツジェラルドをスル-できると考えている人はいないだろう


[PR]
# by kongojiamarron | 2017-08-17 04:49 | 国際情勢 | Comments(0)


去年までは
大学関係者の皆様から
お問い合わせ
相談が頻繁に有ったのだが

...

2017年の夏はピタッと止まった

大学改革というのは
組織改革なのだが


危機感を感じていても
大學という組織は推進主体が無い
そのうえ改革能力は皆無
頭の中で考えて(大學人は頭は大きいのです)
不安が増強されます
そして
いちおう解決を模索するのですが


この分野
やっている人が極端に少ない分野なのです

うるさいくらいの問い合わせのあと
周りをみれば何もしていないことに気がつき
大學人は判断停止状態におちいります


今までどおりでかわらずやっていける学校は100校前後
入試偏差値も高いし
2018年問題も調整で乗り切れる、らしい(と思っている)
しかし大部分の大學は、現時点で、どっちに転ぶのかはわからない

文部科学省はノ-アィデァのまま13年前に
国立大学を独立行政法人にした
そして、天下り先の温床にし
省益を伸ばし
足りない頭で、国立大学改革を推し進めてきた


副学長3名制度、運営費のカット
教授会の権限縮小
大學の専門学校・職業訓練校化
行き着く先は、高等教育の没落だ(もう没落している)


このはなしは単に国立大学の話に止まらないのはいうまでもない

この夏のこの冷え冷えとした感じは
安楽死を選択した
という
感じがしてならない


まあ
馬鹿は死ななきゃなおらない
大學人の大量失業は自己が招いたことだから仕方ないが
学生はいいつらのかわというやつになる


[PR]
# by kongojiamarron | 2017-08-16 04:18 | 教育 | Comments(0)
  1. そもそも神社というものは
    不幸にして、この世を去った魂が
    その原因を作った人達を呪わぬように
    鎮魂のため祭るもの


  2. ...

    湯島神社は菅原道真
    神田明神は平将門
    明治神宮は明治天皇
    神社を作る行為そのものの裏に
    深い怨念が隠されている

  3. d0202960_17255735.jpg

    ならば、靖国神社は
    祭られている人達をみればわかる

    簡単な事なのだ

  4. 誰が怖れているのか


  5. 本質を間違えてはならない


[PR]
# by kongojiamarron | 2017-08-15 04:23 | 風景 | Comments(0)

ひぐらしや点せば白地灯の色に  兜太


蜩が鳴くのは明け方、そして日暮れ
日中の暑さが過ぎた頃である

d0202960_15282835.jpg

歳時記では初秋の季語なのだが
6月下旬の夏至を過ぎると
鳴き始める

アブラゼミとは違い上品な鳴き声だし
清涼感を感じるはかない声でもある
「源氏物語」にもでてくる

かなかなの透き通る羽根をみて  自作


[PR]
# by kongojiamarron | 2017-08-15 01:27 | 風景 | Comments(0)

天皇の生前退位の話を先月ブログに書いた


この国は明治維新からの「虚構」で運営されている国なのである
明治維新の大嘘は、大東亜戦争でリセットされたようにみえるのだが
それも大嘘の一つである


大東亜戦争は米国のオレンジ計画に基づき遂行された
終わらせ方もあんなめちゃくちゃの終わらせ方になっている
「敗戦」を「終戦」といいくるめ
戦争遂行者の裕仁氏の戦争責任は追及されず
現代史家はすべての臭いものに蓋をした


敗戦処理にあたり、裕仁資産は池田勇人によって秘匿された
そして、国内から集められた、貴金属、アジア諸国から集められた多くの貴金属は
田布施システム維持のための基金となった
その金額は国家予算に匹敵するほど膨大なものなのだ


現代史を語る上で「田布施システム」をかたらない史家はすべて偽物である
山口県熊毛郡田布施はのちに明治天皇になる、大室虎之祐の出身地、伊藤博文も、佐藤兄弟も、それから多くの権力の中枢に座った人間の出身地でもある

歴史は途中で途切れることはない、なんらかの形で、継続するものなのだ


明治の大嘘は司馬史観でリセットしようとしたが、
この嘘はまもなくばれた
一生懸命なのはNHKだけだ


今上天皇の最大の悩みは、父親が強化した、田布施システムを受け継ぎながら
贖罪の意識に、押しつぶされそうになっていたことにある
彼の贖罪の旅は、父親の罪のあがないなのである
そして田布施システムがこの国の二重権力を生み、昭和天皇の死後は、矛盾が拡大していく事となるのである


それを懸命におしとどめているのが、満州帝国時代にできた「電通」という広告代理店なのである。


さて、戦後は、裕仁氏にとって、おおきな賭であった
自分の号令一下動く、軍隊はなくなった
内乱・反乱・侵略から、天皇制を守ってくれるのは米国しかなかった


米国は、ペンタゴンの奥深くに「フルベッキ写真」の原盤を持っている
明治維新以来の日本国権力の成り立ちを、押さえているのだ

d0202960_06081329.jpg

さてここから敗戦後の話になる
「瀬島龍三」と「宅見勝」
という二人の「てんのうはん」の守り人である

「てんのうはん」とは、長州で、天皇のことをいう
萩藩の人々は、明治天皇が田布施出身であることをしっている
明治政府の幹部たちは、大室寅之佑が明治天皇になったことをしっている。


この秘密をまもるため田布施システムが作り出された
瀬島龍三は「守り人」としてその一生を終えた

2007年9月4日、瀬島龍三は95歳でなくなるが
「日本戦略研究フォ-ラム」という田布施システムを残す


また田布施システムは明治維新以来、「てんのうはん」の守り人として、ヤクザ組織を大事に育ててきた

1997年8月28日午後三時二十分、新神戸オリエンタルホテルで宅見勝は殺された


瀬島は大本営参謀として、裕仁氏の保身のため、オレンジ計画に沿った、戦争を立案遂行し
戦後、天皇の保身のため、シベリアに労働力としての兵を抑留させる
すべては「和」(天皇制維持)のため戦前から仕組まれていたことなのである
かれは帰国して、伊藤忠にはいり、武器商人となる
第二臨調では、「和」の最大の脅威、国鉄を解体させる

宅見勝は山口組の若頭として、バブルを演出し、最大の経済やくざとなった

この本は、田布施出身の現総理大臣、安倍晋三氏の第一次内閣で終わる


しかし
歴史は過去の積み重ね
そして
未来が見通せる

生前退位の話も歴史の延長線上にあるのだから


[PR]
# by kongojiamarron | 2017-08-14 06:07 | 政治 | Comments(0)
  1. ベ-シックインカムについてお勉強中
    国家百年の大計をかんがえるなら
    経済政策と連動して
    社会システムそのものも変更すべきというのが
    僕の考え

  2. d0202960_08451206.jpg

    ...

    明治維新いらいこの国は、戦争経済システムでやってきた
    つまり経済成長は、戦争特需でなりたっていた
    150年前、孝明天皇と睦仁親王が殺され
    大室虎之祐が睦仁を名乗り、明治天皇となったときから
    この国は戦争経済に組み込まれることとなる


  3. 72年前、敗戦したのち
    日本は、朝鮮戦争・ベトナム戦争特需で景気を浮揚させている
    つまり、西園寺八郎の息子、裕仁氏の支配下では
    依然として戦争ビジネスが経済政策だった
    ことに留意しなくてはならない


  4. さて昭和天皇がなくなり
    一見、田布施システムが消えたようにみえるが
    そののちも商社を中心とした戦争ビジネスは残っていた
    ただ、特需にはなっていない
    現政権のめざすところは
    戦争ビジネス・戦争国家にほかならない


  5. 明治時代、徴兵のため、生めよ増やせよ、で兵士を増やし
    その子供達は、国家が面倒をみられなくなり
    移民という名前で、棄民したり、娼婦として海外に売られた
    それは昭和天皇の大罪であるのだが
    現代史家はなぜかここは避けている


  6. 現在の経済政策は、この戦争ビジネスを継続できるよう
    「日本をとりもどす」といっているのだが
    何処にもどりたいのか、150年前に植民地になった、記念すべき時点にもどりたいみたいだ


  7. 現在資本主義が成り立たなくなっている理由は簡単なのだ
    資本主義は未開の市場がなくてはなりたたない
    未開の市場が、未開で無くなれば、投資と回収は不可能だからだ

    そして、禁じ手として、架空市場に手をだし、鉄槌を受けることとなる
    まあ当然だろう


  8. マルクス経済という、インチキ古典がある、あれは19世紀のおぞましい、大嘘だったのだが、資本主義者達が利用するにはとても便利なしろものだった。ただし実践には全く役に立たない。某政党が経済政策を語れない根本原因でもある


  9. ベ-シックインカムは、国民全員に一律に給付をするというものである
    ただし、現行の諸手当はすべて廃止となる
    過去、試算をしたことがある、移行は10年、精算には800兆円かかる
    ベ-シックインカム以外で、所得を得た場合は、所得税50%で成り立つ
    このときの給付額は10万/月/一人


  10. 良い点は、社会保障のため貯蓄をしなくてよくなる、すべて消費に回せる
    今までは、収入をきにして、出来なかった仕事もできるようになる
    ワ-キングプァ(日本の貧困の特異現象)がなくなる
    行政を縮小できる

    いいことばかりなのだが


  11. 既得権益者は猛反発するだろう
    いままで、貧困者をつくりだし、愚民化で儲けていた人達だ

    移行できるかどうかは
    そこにかかっているのだが


  12. まあだまされやすいからね


[PR]
# by kongojiamarron | 2017-08-13 08:48 | 政治 | Comments(0)